あなたは、男友達に片想いしていて、両思いに発展させたいと考えてはいませんか?

エムコ
男友達とは仲良しですが、両思いに発展させる方法がわかりません。
恋愛部部長エイミー
片想いを両思いに発展させるのは、友達であれば難しい事ではありません。
以下の方法を参考に、あなたの恋愛を発展させましょう。

ad by google

片想いから両思いに発展させる3つの方法

男にとって約8割が恋愛対象

女性にとっては、良いか悪いかは別として、

男性にとって、
約8割の女性が恋愛対象と言われています。

女性の場合は、
逆に、約8割の男性が恋愛対象外です。

男性は、子孫を残すために、たくさんの女性と交わる必要があります。

女性は、1度に1人の男性の子供しか残せないので、
より優秀な男性を選ぶために、このような男女の違いがあるようです。

もし、あなたが男友達と仲が良いのであれば、
男性は、少なくともあなたの事を、人として好きなはずです。

彼が、頭では、あなたの事を

「ただの友達だ。」

と思っていても、
ちょっとしたきっかけがあれば、
あなたを女性として意識したり、ドキドキして、
恋に発展させる事はさほど難しくないのです。

男性は、惚れっぽい生き物です。
あなたが彼の友達であれば、恋愛に発展させる可能性は十分にあります。

1.「女」を意識させる

あなたが、いつも男っぽい服装をしていたり、
男っぽい仕草をしているのであれば、

「女性らしさ」をアピールしましょう。

何度も言いますが、男性は単純で惚れっぽい生き物です。

スカートや、ロングスカート、良い匂い、可愛い笑顔など、
わかりやすい女性らしさを見たとき、
一瞬で恋に落ちることも少なくありません。

いきなり、男友達に告白することはできないかと思います。

しかし、
ちょっと勇気を出して、
女性らしい服装や、メイクにチャレンジする。
ちょっと彼に甘えてみる。などであれば、
出来る気がしませんか?

あなたと彼の恋を発展させるためにも、少し勇気を出してみましょう。

2.頼る・甘える

男性は、自分の事を「凄い」と思わせてくれて男としての
自信を満たしてくれる女性を好きになります。

生真面目な女性は、男性に頼るのは相手に対して迷惑だと考えてしまいます。

ですが、男性は女性に頼られたいと思っていますし、
甘えて欲しいと考えています。

それが恋愛対象の女性でなくても、女性に頼りにされると
男としてのプライドが満たされるのです。

女性に頼られる事で、自分は凄い男だと自信が持てるようになり、
そのような自信を持たせてくれる女性に好意を抱くようになります。

あなたは、彼の友達であれば、頼る・甘えるチャンスはたくさんあるはずです。

何もぶりっ子する必要はないのです。

あなたのキャラのまま、少しづつでいいので彼に頼ってみましょう。

いつも恋愛が上手くいかない・甘えられない女性は

以下の無料診断を受けてみましょう。

20歳以上限定ですが、あなたの恋愛傾向を数値化して具体的に分析してくれます。

恋愛傾向チェック

3.笑顔と感謝が大切

男性を頼る事が効果的だとお伝えしました。

ですが、ただ頼るだけでは効果を発揮しません。

男性は、「女性を幸せにしたい」とも考えています。

それはやはり結論からすると

女性が幸せ=俺は彼女を幸せにできる凄い男

だと思えるからです。

男性を頼って、あなたを助けてくれた時には、
満面の笑顔で「ありがとう!」と感謝を伝えましょう。

あなたの笑顔と感謝は男性にとっては「報酬」ですから、
「ああ!また、彼女の笑顔をみたい!」

と思い、また色々とあなたに頼られたいと思うようになり、
あなたに何かしてあげたいと感じるようになります。

感謝するときは、大げさなくらいで十分です。

では、次に男友達が女友達を好きになる4つの瞬間についてみていきましょう。

男友達が女友達を好きになる4つの瞬間

1.ギャップを感じる

これは、学生時代に、同級生として仲良くしていて、
大人になって再会した場合によくあるパターンです。
人は、社会に出ると、仮面を付けて人間関係を続けるもの。
そんなとき、同窓会などで、昔の仲間に会う。
すると、素の自分を出せて、しかもそんな自分をよく理解してくれている
女友達に会うと、ほっとするものです。
さらに、昔とは違って、女性らしくなっている。
しかも、気遣いのできる女性になっていると、男性は、昔の女性のイメージと、
今の女性のイメージにギャップを感じ、ドキッとしてしまいます。
普通に合コンで会った女性がするような、気遣いでも、
同窓生だと、「昔と違う」と思って、ギャップを感じるものなのです。
素の自分が出せてホッとする存在に、
昔と違う「女性らしい」ギャップを見せられたとき、恋に落ちる可能性が高いです。

2.昔好きだった

男性は女性よりも初恋の思い出を美化しがちです。
そのため、昔、好きだった女性に再会すると、
その恋が、燃え上がりがちです。
再会したときに、
「俺昔お前のこと好きだったんだよね」
というセリフを男性が口に出すときは、
「あわよくば、付き合いたい」
という心の表れです。
もし、あなたにその気があれば、再会をきっかけにデートしてみては?

3.気づけば好きになっていた

これは、再会ではなく、いつも会っている仲間や、友達の場合です。
友達として、接していたけれど、ふとした瞬間に男性が、女性らしさを感じた時。
また、友達が失恋して、「俺が守ってやりたい。」と思うなど、
気づいたら好きになっていたパターンです。
また、友達だけど、女性側から「思わせぶりな態度」をとられて、
いつの間にか気になっていた。ということも少なくありません。
もともと、友達でいること自体、「嫌い」ではないという証拠。
そのため、ふとした瞬間に、友情が恋心に変わることも多いのです。

4.外見が魅力的になっていた

その時は、友達としてしか見られなかった女友達。
しかし、ぽっちゃりしていた女性が、痩せてすごく綺麗になっていた。
地味だった女の子が、お洒落に目覚めて、
びっくりするぐらい魅力的になっていた。
など、今までのイメージが、ガラッと変わって魅力的になっていた場合です。
特に、男性は、外見重視の生き物です。
手っ取り早く、男友達に「女」を意識させるには、外見を魅力的にすることが
1番といっても過言ではありません。

男友達への片想いを発展させるまとめ

男友達と仲が良いのであれば、頼る・甘える・女性を意識させる事で、
簡単に恋愛に発展することも少なくありません。

今の関係を変えるのは勇気がいりますが、
大好きな彼と付き合いたいと思うのであれば、「きっかけ」をあなたから
つくってあげましょう。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです