最近、彼氏からの連絡がない。
女の影がちらついている。
そんな時、不安になって、彼氏を責め立てたことがある女性は
少なくないのではないでしょうか?
そんな時、彼から、

「俺のことが信じられないの?」

と言われたことはありませんか?
男性は、女性に責められた時に
「俺のことが信じられないの?」
というセリフを口に出す場合があります。
しかし、このセリフを口に出す男性は要注意です。

ad by google

このセリフを使う男性は、ほぼクロ。

俺のこと信じられないの
そもそも、「俺のことが信じられないの?」という言葉は、
とても高圧的かつ、女性の同情心をついた言葉です。
どんなに、責め立てていた女性も、
好きな人に「信じられないの?」と言われると、
黙ってしまいがちです。
しかし、まんまと騙されてはいけません。
彼の言っていることが真実だとしたら、
「俺のことが、信じられないのか?」
というセリフはそうそう出ません。
「俺の言うことが、信じられないのか?」
という言葉の裏には、
「頼むから信じろ」
「とにかく俺の言うこと聞いてよ」

という高圧的な願望が隠されています。
会話の中で、あなたよりも優位に立ちたいという意思の表れです。
もっと、深く考えると、
「俺の言うこと信じなければ、お前は最低な女」
「これ以上、そのことで追求するなと」
という男性の一方的な本音が隠れています。


脳の構造上、男性は女性に比べて会話の能力が劣っています。
男性は、「口で女性には勝てない」と本能的に知っています。
そのため、言い訳すると、ボロが出て、ウソがばれてしまうので、
早く会話を終わらせたいのです。
そのため、威圧的な
「俺の言うことが、信じられないのか?」
というセリフを放つのです。
彼は、あなたに、「自分の言葉が信じられないこと」
を嘆いているのではありません。

あなたを納得させられる言い訳が思いつかないのです。
無実の場合、彼からこの言葉が出ることは、ほとんどありません。
あなたの周りの人を見渡してみてください。
ウソをつかない男女が、
「私(俺)のこと信じて!(信じられないの?)」
というセリフを使った場面を見たことがありますか?
冷静に考えれば、「俺のこと信じて。」という男女は、
「なんだか、胡散臭い・・・」と思うはずです。
映画でも、ドラマでも、決まって
「信じてお願い!」「信じられないの?」
という人物は、主人公らを裏切るのがお決まりですよね。
本当に無実で、あなたが必要以上に問い詰めた場合は、
おそらく「お前、いい加減にしろよ!」という言葉で済むはず。
「俺の言うことが、信じられないのか?」という言葉の裏には、
「頼むからこれ以上聞くな。嘘がバレる。」という
男性の本音が見え隠れしています。

「俺のこと信じられないの?」に隠された男の本音まとめ

女性に、浮気を疑われたり、攻め立てられて男性が、
「俺のこと信じられないの?」というセリフを放つ場合、
ほとんどがクロでしょう。
あなたの、不安は的中しているといっても過言ではありません。
そもそも無実であれば、
「俺のこと信じられないの?」というセリフは言わないものです。
「俺のこと信じられないの?」という言葉には、
「それ以上、問いただすな。」「言い訳したら、ウソがばれる。」
「だから、この件は、もう終わりにしてくれ」

という男性の本音が見え隠れしています。
「俺のこと信じられないの?」
この言葉を使う男性には気を付けたいものです。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです