大塚海渡(おおつか かいと)騎手の父親は、調教師である勢司和浩(せいし かずひろ)さんの厩舎で調教助手をしており、名前は大塚哲郎さんと言います。

そこで今回は、大塚海渡(おおつか かいと)騎手の父親・大塚哲郎さんさんについて調べてみました。




【顔画像】大塚海渡の父親・哲郎さんの経歴

大塚海渡の父親・哲郎さんの顔画像はこちら

大塚海渡さんの父親・哲郎さんは、勢司和浩(せいし かずひろ)さんの厩舎開業当初からのスタッフで、勢司さんの右腕的な存在の調教助手とのことです。

勢司さんは2000年に厩舎を開業されていますので、哲郎さんは少なくとも20年以上のキャリアがあるベテランです。
ちなみに息子さんの大塚海渡さんが生まれたのも丁度、2000年なので、息子さんが生まれたほぼ同時期より勢司さんの厩舎にて調教助手をスタートさせていたことになります。

ad by google

息子・大塚海渡に影響を与える

大塚海渡さんは過去にインタビューで、乗馬をはじめたきっかけとして以下のようにコメントしています。父親が調教助手をしていて当時トレセンの社宅に住んでいて、ボクのひとつ上の友達が乗馬をはじめたことがきっかけです。
(引用元:中山馬主協会

お父様が調教助手をしており、環境的に騎手が身近に感じられていたことと、友人が乗馬をはじめたことがきっかけで乗馬をはじめ中学に入ったころから騎手を目指すようになったなど、お父様の職業が息子さんに多大な影響を与えていたことは言うまでもありません。

哲郎さんは木村哲也調教師の先輩

大塚海渡騎手の所属厩舎の木村哲也調教師は、木村さんが勢司和浩厩舎で調教助手・厩務員をしていたころの先輩だったようです。木村さんは「私がペーペーの頃にとてもお世話になった」と語っています。

当時、大塚海渡騎手は小さかったのでほとんど木村さんの記憶はないそうですが、木村さんの息子さんとは美浦の乗馬苑のスポーツ少年団で一緒に乗馬をしていたようです。

木村さんの息子さんは大塚海渡騎手の3歳年下とのことですので、現在、17歳くらいだと思われます。
参考:weekly.netkeiba.com

息子・大塚海渡の経歴

大塚海渡(おおつか かいと)
生年月日:2000年10月25日(20歳)
身長:162.8cm
体重:46.8kg
血液型:O型

大塚海渡さんは、中学卒業後、2016年に「競馬学校騎手課程」に入学し、2019年2月に卒業しています。
同年3月には、木村哲也厩舎より騎手デビュー。

大塚さんの父親と木村さんの縁があったことにより、木村哲也さんの厩舎よりデビューという運びとなったようです。
デビューから25戦目で初勝利。

しかし、2020年1月5日の「中山第7レース」にて落馬し、脳挫傷のため休養に入っています。
詳しくは以下の記事を御覧ください。

【顔画像】木村哲也調教師の経歴(大学)や家族には嫁と子供(息子)が!

大塚海渡さんのTwitter

大塚海渡さんの公式Twitterと思われるアカウントが存在しており、実際に大塚さんが上記のようなツイートをされていますのでご本人とアカウントだと思われます。

大塚海渡さんの復帰についての世間の声

大塚海渡さんの最近の状況が分からず心配されていたファンも多く「復帰できそうでよかった」という声が多数見られた一方で、「もしかして、騎手辞めるつもりなの?」という心配の声もあがっていました。

現在、大塚さんは筋トレや乗馬などを再開し、復帰を目指して頑張っていらっしゃるようです。

まだ、20歳。1日も早い復帰を望むばかり

大塚さんのTwitterによると、落馬によって高次脳機能障害などもあったようですが、ほぼ改善。
しかし、現在は「慢性硬膜下血腫」と戦っているとのことです。

まだ、復帰までには時間がかかりそうですがまだ20歳。回復と1日も早い復帰をお祈りしています。

関連記事

【顔画像】木村哲也調教師の経歴(大学)や家族には嫁と子供(息子)が!


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです