太田三砂貴の祖先・太田光夫は旭日章を受賞|OLYMPIQ Societyに所属


アインシュタインに匹敵するIQ188の持ち主である
天才・太田三砂貴(おおた みさき)さん。

太田さんは、世界人口の内、上位2%のIQを持つ人だけが入会できるという
国際グループ「MENSA(メンサ)」にも所属しています。

面さでは、メンバー同士との知的交流の場所を提供されており、
世界レベルによる交流が育まれています。

しかし、現在はメンサよりもさらに上の
OLYMPIQ Societyに所属しているそうです。

スポンサーリンク

太田三砂貴の天才ぶり

太田三砂貴さんのIQ188というのは、日本の歴史上で最高です。
太田さんは、16歳の時に、MENSA(メンサ)でIQテストを受けてIQ188だとわかりました。

IQ180で2000万人に1人いるかどうかというレベルです。

ちなみにアインシュタインはIQテストは受けていませんが、IQ160〜190だと言われています。

4歳の時には、ゲーム「バイオハザード」を全クリアしました。
なお、当時から世の中の美しい形にはある一定の比率があるということに気づいていたと言います。

これは、「黄金比」と呼ばれるもので、
レオナルド・ダ・ヴィンチの描いたウィトルウィウス的人体図にも「黄金比」が隠されています。

一方で、比率が悪い四角形は生理的に受け付けないとも。

このような比率に敏感だと、人間に対してもすごく面食いなのかな?とも思ってしまいます。

小学生時代には、時間の概念が理解できませんでしたが、「相対性理論」の解説を受けて
時間の概念をようやく理解し感動したそうです。

16歳で独学で交響曲を作曲

太田さんは、ピアノは習ったことはありませんが、ピアノが弾けるだけではなく
16歳の時に初めて交響曲を作曲。現在も、インスタやブログにて作曲した曲を掲載しています。

なお、武蔵野音楽大学・野崎勇喜夫教授は、太田さんの楽曲について「モーツアルトとバッハの印象を強く感じた」と話しています。

絵画の才能も

また、太田さんには絵画の才能もあり、
専門家の永井龍太郎さんが鑑定したところ30万円という値段がつきました。

(引用元:1番だけが知っている)

太田三砂貴の悲しい現実

太田三砂貴さんはIQ188ですので、もちろん大学進学を望みました。
しかし、両親は「手に職をつけて欲しい。と大学進学に反対」。

そのため、プログラミングの専門学校「HAL」に進学するも、
独学でプログラミングをマスターしてしまい1年中退しています。

その後、大手のIT企業に就職できたものの、最終学歴が高卒ということでコールセンターにまわされてしまいます。

学歴社会の日本に嫌気がさし、3ヶ月で英語をマスターしてアメリカに行くも、
またしても学歴で採用されませんでした。

えむえむはアメリカに留学していましたが、
アメリカは実力主義ではありますが、日本以上に学歴社会であると実感しています。

そして現在は無職ですが、
24歳となりようやく地方国立大学を目指す受験生となっています。

太田三砂貴の祖先とは?

太田三砂貴さんのお父さんはトラック運転手で、
高校時代は、かなりやんちゃをしていて、なぜ、息子が天才に生まれたのか分からないと言っています。

太田三砂貴さんは、埼玉県出身の1994年生まれです。
太田さんのルーツは北海道の函館にあり、実は祖先は国から旭日章を授与されるほどの天才でした。

彼は、太田光夫さんと言われており、詩集などを出しており、

三砂貴さんは光夫さんの詩集をみた時に、「同じ感性をしている」と感じたそうです。

太田光夫さんは祖父の兄に当たるそうで、
当時、音楽に興味を持つ時代ではない頃にレコードに興味を持っていたそう。

残念ながら、太田光夫さんは既に亡くなっていましたが、奥さんは92歳で存命されていました。

光夫さんは、結核に倒れ、短歌を始めますが、その後、
臨床検査技師に1年で合格病原菌の研究に従事し、多くの人を救ったとして
宮中に呼ばれ旭日章を受賞しています。

光男さんは78歳で亡くなっています。

なお、光男さんが「天才だ」と語っていた英男(ヨシノブ)さんというお兄さんがおり、
24歳で戦死したそうです。

英男(ヨシノブ)さんの写真は、三砂貴さんと瓜二つでした。

なお、光男さんら以外にも、親族にはオーケストラの管楽器奏者、エッセイ者など
才能溢れる親族が多かったことが分かりました。

なお三砂貴くんの父親も高校卒業後、たまたま花屋で働いており、
あっさりとフラワーデザイナーで函館1位をとったそう。

太田三砂貴まとめ

アインシュタインは天才と言われていますが、世間と馴染めませんでした。
太田三砂貴さんも、おそらく、私たちとは見ている世界が違うのでしょう。

現在、学歴があるということは、ある意味では会社で使いやすい人材である
という証明にもなるのかもしれません。

天才だから、学歴は必要ないとは言えないのが残念な社会でなりません。
ただ、学歴があれば、彼の頭脳が正当に評価される時がくるでしょう。

今後の太田さんの将来に注目が集まります。

https://misakiohta.weebly.com/


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る