大阪府松原市南新町の路上で70歳の女性が、金づちで頭を殴られて重傷を負った事件。

犯人は大阪府内の中学3年生の男子生徒15歳で、「以前から人を殺してみたかった。相手に恨みがあったわけではない」と容疑を認めています。

大阪金づち事件・中学生の名前と学校の場所はどこ?

では、この大阪府松原市で起こった大阪金づち事件の中学男子生徒の名前や、学校の場所などについて詳しく見ていきましょう。

ad by google

犯人の男子中学生の名前とは?

犯人の男子中学生は未成年ということもあり、名前は明らかになっていません。
しかし、中学生との父親から警察に連絡があり、写真を確認して「息子だと思う」と話していたことから、警察が任意で少年に話を聞いていたと言います。

中学生徒は、去年の夏頃から不登校になり、父親の話によると「精神疾患で、通院している」とのこと。
もしかすると、精神疾患ということもあり、無罪になる可能性もあります。

大阪金づち事件が起こった場所は?

大阪府松原市 金づちhttps://www.fnn.jp/posts/2020012811545404KTV

大阪金づち事件が起こった場所は、大阪府松原市南新町1丁目の路上です。
詳しい場所は特定されていませんが、大阪府松原市南新町1丁目の地図を掲載しておきます。

大阪金づち事件の犯人の男子生徒が通う中学はどこ?

男子生徒が大阪府松原市の中学校に通っているとは発表されていませんが、事件の起きた大阪府松原市南新町の近郊には、
16以上もの中学校が存在しています。

男子生徒が、ふらっと犯行に及んだのであれば、遠方の中学校ではなく大阪府松原市南新町の近郊の中学校に通っていると予想されます。

大阪金づち事件ネットでの声

まとめ:大阪金づち事件・犯人中学生の名前と学校の場所はどこ?

当初、金づちで女性を殴った男性は逃走。20代と見られていました。
しかし、蓋を開けてみれば、犯人は15歳の男性。

このような事件が起きたことは残念ですが、殴られた女性が無事で何よりです。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです