男友達を好きになってしまったけど、女として見られていない。
女として意識させたい。

と考えている女性は多いものです。

エムコ
今さら、恋愛に発展させようと思うと恥ずかしくて行動できません。
恋愛部部長エイミー
確かにそうですね。
ですが、
友達から恋愛関係に発展させるにはやはり、「きっかけ」が必要です。
男友達を女として意識させたい!という方は、
その方法についてこれから見ていきましょう。

ad by google

男性は約8割が恋愛対象

あなたが、「いいな」と思う男性は、とても少ないと思います。

女性が、素敵だなと思える男性は男性が10人いた場合、
約2割だと言われています。

これが男性になると、
なんと恋愛対象となる女性の割合は約8割です。

多少の差はあれ、無意識的に、「アリ」だと判断している
女性10人の中の8人ということになります。

あなたが、よほどガサツで、全く女性を感じないような
女性であれば、別ですが、

あなたが、男友達と、仲良くしているのであれば、
十分、あなたは恋愛対象内です。

これから、ちょっとした事で女を意識させれば、
友情が恋に変わることは珍しくありません。

こちらの記事もどうぞ!

男性が女性に対してドキッとする5つの瞬間とは?

女を意識させる簡単な方法とは?

外見編

男性は、女性と比べて単純なので、
「分かりやすい女性らしさ」
に弱いです。

例えば、

ひらひらのスカート、ロングヘア、笑顔、いい匂いなどです。

男性に、女性を意識させたいのであれば、
分かりやすく女性をアピールできる、
服装であれば、ワンピースやスカート、浴衣。
仕草であれば、ちょっと甘えてみるなどでしょうか。

以下の記事も是非、ご参考ください。

モテる女が持つ14の特徴とは?|外見と性格別にまとめました

内面編

もし、あなたが男同士のように男性に対して接してきたのであれば、
少し勇気が必要かもしれません。

しかし、友達の境界を超えて、恋愛に発展させたいなら、
少し勇気を出してみましょう。

男性を頼ってみたり、甘えてみる。
ボディータッチ、至近距離に寄ってみる。
笑顔で、目をじっと見つめてみるなどです。

今まで、友達として接してきていれば、
女性らしさを出すのは少し恥ずかしいかもしれません。

しかし、ちょっとした勇気があれば、
それだけ彼と恋が始まる可能性も高まります。

告白するわけではないと思えば、
できる気がしませんか?

もしいつもあなたが片想いばかりの恋なら

以下の無料診断を受けてみましょう。

20歳以上限定ですが、あなたの恋愛傾向を数値化して具体的に分析してくれます。

恋愛傾向チェック

匂い編

男性は、女性の「匂い」に敏感です。

男性は、基本的に女性は「清潔である」と、
女性の事を少し神秘的に考えているところがあります。

しかし、
そんな清潔であるはずの女性が、「臭かった」時、
男性の100年の恋も冷めてしまいます。

それだけ、男性にとって女性の匂いは重要です。

逆に、
「いい匂い」をさせるだけで
簡単に男性を、ドキッとさせることができます。

特に、匂いは感情を司る脳の部位が近いので、


記憶に残りやすく、

その匂いを嗅ぐと、その時の感情などが強く思い出されます。
ある香水の匂いを嗅いで元彼の事を思い出したことはありませんか?
それだけ、匂いは、あなたを彼に強く印象付ける
強力な武器になります。

具体的に、
男性の好きな匂いに石鹸の匂いがありますが、
もっと男性の本能を刺激する香りがあります。

それは、大人のおもちゃなどを開発する、
その手のプロが開発した「リビドーロゼ」という香水です。


リビドーロゼには、

インドネシアのカップルが結婚初夜にベッドに敷き詰める花
「イランイラン」が配合されています。

イランイランは、男性の本能を刺激すると言われています。

また、同じく男性の性衝動を刺激すると言われている
「オスモフェリン」も配合。

管理人も愛用していますが、
リビドーロゼをつけている時は、男性の距離が近い気がします。

なにより、匂いがキツくなくいい匂いがして、
「女としての意識」が高くなります。

普通の香水よりもコスパがいいので、
男友達を、女として意識させる為に1度、試してみてはいかがでしょうか?

リビドーロゼの詳細はこちら→

男友達を意識させるまとめ

男性の恋愛対象は約7〜8割と女性の3倍以上も、恋愛対象になる異性が多いです。

そのため、あなたが既に男友達と仲が良いのであれば、

女性を意識させたり、好意アピールする事で関係が発展する可能性もあります。

今まで、友達として接してきた期間が長いとお互いに恥ずかしいかもしれません。

ですが、恋人に発展させるには、やはり何かしらの「きっかけ」が必要なのです。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです