丘みつ子・若い頃は拒食症に苦しむ|夫は元パイロットの森田演


 

女優の丘みつ子さんと言えば、最近は神奈川県の小田原市に3000万円の物件を
購入したことが話題となっています。

以前は、敷地面積905坪もある箱根の家に住んでいましたが、

万が一、
丘みつ子さんが夫よりも先に死んでしまったら、男の人には無理だという理由から、
小田原にある80年の蔵つき古民家を購入しました。

丘みつ子さんは、陶芸家という事もあり、ご自身の作品を飾るギャラリーつきの
古民家へとリフォーム中だとか。

その一部始終は、爆報フライデーでも放送されています。

ad by google

丘みつ子の若い頃

丘みつ子さんは、1948年1月19日生まれの東京都北区出身です。
海水浴場で行われた「ミス人魚コンテスト」で優勝しモデルデビュー。

1968年に高倉健・千葉真一などを生み出したオーディション「東映ニューフェイス」に最高点で合格したものの、
その日のうちに日活に入社。

沖雅也(おき まさや)とコンビで売り出され、主演のデビュー作は沖雅也と共演の「ある少女の告白 禁断の果実」。
残念ながら、共演した沖雅也さんは31歳で自殺して亡くなっています。

若い頃に拒食症に

デビューしてすぐに映画では主演を務め人気を博した丘みつ子さんでした。
20代も半ばになった頃、
仕事もどんどん増えていく中、覚えなければいけない台本の量が多すぎることからプレッシャーで苦しみ拒食症に。
人と会うのも苦痛だったと言います。

そのストレスを解消しようと、今度はお酒を飲み歩くという不摂生な生活に。

しかし27歳の時に転機が訪れました。

不安定な女優としてやっていくことに不安を感じ

「女優以外の世界で何かを身に付けられれば、人として厚みが増すのでは」

と思ったそう。

もともと多趣味だった丘さんは、「もう一度、趣味をやろう」と決意。

マラソンやトライアスロンにも手を出していきました。

32歳の時に陶芸に出会う

お隣さんに住んでいたのが、陶芸好きのご隠居さんで、誘われて陶芸を始めました。

陶芸は女優の職業と同じで表現力がとても重要なところから、どんどんと陶芸にはまっていきました。

陶芸に出会ってからは、自分を取り戻せた気がすると語っています。

(引用元:女性自身

夫の森田演との馴れ初めとは?

丘みつ子さんは33歳頃、
1981年に元パイロットで保育園も営んでいた森田演(もりた・ひろし)さんと結婚しています。

丘さんと森田演さんは、趣味のテニスがきっかけで出会ったのだとか。

当時、丘さんは全く結婚を意識していませんでしたが、
ご自身がゴシップネタになったことがきっかけで結婚することに。

当時の芸能界と言えば、異性のお付き合いなどは重大ニュースでした。

そんな時に、

「丘みつ子のゴシップを1週間のシリーズで載せる。250万円出すなら数日猶予してもいいが、どうだ」

と脅されたと言います。

丘さんは、悪いことはしていないので脅しにはのらず、結局は2人の関係は記事になりました。

しかし、1週間のシリーズは3日で打ち切りになることに。

ですが、家の前の電柱柱にカメラマンが登って盗撮しようとしているのを見て、

今の現状を解決したいとの思いから
「いいわよ、結婚すりゃいいんでしょ」と考え結婚しました。

結婚後も別々の生活

夫は、保育園を営んでいましたが、労働争議で大変なことに。
ようやく落ち着いた頃には、昔の飛行機仲間から、アメリカでチャーター会社をやらないかと誘われ、
夫の演さんはアメリカへ。

丘さんは女優業の傍、最初の半年ほどは何度もアメリカに行ってお手伝いをしたと言います。

その頃、丘さんは女優・マラソン・トライアスロンなどに打ち込んでおり、忙しい日々を送っていたといいます。

(引用元:AERA)

丘みつ子まとめ

丘みつ子さんは、トントン拍子に芸能界にデビューし、あっという間に人気が出ました。
しかし、20歳そこそこの丘さんには、それが逆にプレッシャーとなり拒食症に。

それからも、お酒を飲み歩くなど健康とは言えない日々を送っていました。
ただし、20代であれば、そんな時期は誰でもあるのかもしれません。

彼女の人生の転機は27歳の頃。

「このままではいけない」

と思い立ち、趣味を再開することに。

マラソン・トライアスロンなど、今までの不摂生とは真逆の生活を送るようになります。
その後、陶芸と出会い、趣味のテニスで現在の夫・演さんとも出会うことに。

現在は、小田原で夫と一緒に第二の人生を楽しんでいます。


スポンサードリンク


関連記事


スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る