岡田健史は創成館高校の野球部キャッチャーだった!演劇部時代の画像も


 

2018年10月スタートのドラマ「中学聖日記」は、漫画家・かわかみじゅんこさんのドラマが原作となった「禁断の恋」を描くドラマです。

 

主演は、有村架純さんで中学生教師を演じます。

その有村さんに恋心を抱くのが、5年間、九州の道端でスカウトされ続けたと言われている新人の岡田健史(おかだ・けんし)さんです。彼は、CM経験なども一切なく、今回のドラマで鮮烈のドラマデビューとなります。

 

なお、今回のドラマのオーディションは資料だけで500人を超えており、1年がかりのオーディションだったとか。

そんな今話題の岡田健史さんが通っていた高校はどこなのか?
気になっている方が多いようですが、通っていた高校は創成館高校です。

実際に、卒業式などでは創成館高校のホームページに岡田さんの写真が掲載されており、
演劇部時代の写真もネット上で紹介されています。

岡田さんは、創成館高校時代には野球部でしたが引退後は演劇部にスカウトされて演劇をスタートさせます。

 

今回は、謎の多い岡田健史(おかだ・けんし)さんの幼少期の画像や、高校時代の事などを中心にご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

岡田健史の本名・出身高校など

岡田 健史出典:spicepower

岡田健史(おかだ・けんし)
本名:水上恒司
生年月日 :1999年5月12日
出身地 :福岡県
血液型 :O型
身長 :180cm
趣味 :筋トレ
特技 :野球

岡田健史さんは、8歳の頃から野球を始めており、小学生の頃は「福岡ライナーズ」というクラブに所属していたそうです。
当時小学5年生だった時の岡田さんが現在も、福岡ライナーズに掲載されていました。

本名の、水上恒司という名前で写真が掲載されています。
幼少期の頃から端正なお顔立ちをされてたので、この当時から美少年と言われていたのではないでしょうか?

水上出典:福岡ライナーズ

中学校1年生の冬に、学校から帰っているところをスカウトされましたが、当時は野球一筋だったため「何を言ってるんだろう。」と気にもとめなかったそうです。

中学時代の画像は残念ながらありませんでしたが、岡田さん自身が語っていた

中学校時代のモテエピソードとしては、学生服のボタン全てがなくなったそうです。

当時から、かなりモテていたことがわかるエピソードです。

その後、高校は、甲子園出場経験もある長崎県の創成館高等学校に入学しました。

岡田さんは福岡出身ですから、高校卒業を機に長崎県へ住む事になり、野球部ではキャッチャーとして活躍されました。

ちなみに、高校入学時からママさんたちの間では「イケメン」と話題だったとか。

当時、実際に岡田さんを知っている方のツイッターが残っていましたので、以下にご紹介します。

こんなイケメンが高校球児にいたら、さぞ、目立ったでしょう。

残念ながら、甲子園に出場することはありませんでしたが、野球部の引退後に演劇部にスカウトされて県大会に出場。

その際に、特攻隊員を演じて野球から演劇に気持ちが入ったそうです。

以下が、演劇部時代の岡田さん。
岡田 健史出典:facenagasaki.jp

野球部だったせいか、ほぼ、坊主頭ですが、やはり端正なお顔立ちは人一倍目立っています。

演劇に目覚めた岡田さんですが、芸能界に入る事にご両親は大反対!
実際には、ご両親と大げんかしたそうですが、結果的に俳優を志望し桐谷美玲・高杉真宙などが所属する、スウィートパワーと契約し芸能界入りを果たしました。

 

ちなみに、創成館高校では、岡田さんが卒業生代表答辞を読んでいる姿が掲載されています。
高校時代から学校でも人気者で目立っていたのが分かりますね。

岡田 健史出典:創成館高等学校

(参考文献:スポーツ報知

イケメンすぎる高校球児

8歳の頃から野球を始めて野球一筋だった岡田健史さん。中学1年生の時にスカウトされ、高校では「イケメンすぎる高校球児」として目立っていたようです。

ただし、岡田さんは小さい頃から野球一筋の少年で、実際にスカウトされても
ピンとこなかったのでしょう。
その後も、野球で有名な創成館高校に入学しキャッチャーとして活躍しました。

しかし、その後、演劇部にスカウトされたのは運命だったのでしょうか?

あれだけ野球一筋だった岡田さんが、役を演じる事で俳優に目覚めた結果、今回のドラマデビューとなりました。

 

すでに、岡田さんが中学1年生の時にスカウトされてから芸能界入りするのは決められた運命の道だったのかもしれませんね。

実際に岡田さんは23歳ですがドラマ・中学聖日記では、中学生役を演じます。
ドラマ上の役は大人っぽい男の子のイメージなのでしょうか?有村さんとの恋愛模様が気になりますね。

これからどんどんと、テレビで岡田さんを見る事も増えると思いますが、

今後のご活躍を期待しています。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る