Official髭男dismのボーカルを務める藤原聡さんは、髭男でメジャーデビューする前に地元・島根の島根銀行で2年間営業マンを務めていました。

そこで今回は、藤原聡さんの銀行員時代のエピソードや、父親などの家族について。

そして、髭男のメンバーについて良くわかるエピソードなどをご紹介していきます。




髭男・藤原聡は大学卒業後、島根銀行でサラリーマン

藤原聡さんは鳥取県米子市出身で、大学も地元の島根大学法文学部法経学科に進学し卒業します。
ちなみに島根大学法文学部の偏差値は「50.0~52.5」くらいです。

大学時代に同じ軽音部に所属していた楢崎誠、松浦匡希、そして他校で仲が良かった小笹大輔3人とともに2012年6月7日、Official髭男dismを結成します。

そのままアルバイトをしながらデビューするのかと思いきや、藤原さんは大学卒業後、「島根銀行」に就職します。

インタビューで藤原さんは、以下のように語っています。

地元で働きながら音楽を趣味でやろうと思ってて。ライブもできますし。
だから、普通に就活しました。東京に行きたいとか、音楽レーベルに務めるとか、そういう気持ちもなかったです。
(引用元:BuzzFeed

当時は、音楽を趣味として考えていたんですね。

ad by google

島根銀行で2年間営業マンをしながら音楽活動

島根銀行に就職するも内定が出て3ヶ月後あたりから音楽業界から声がかかり始めたと言います。
とは言え、銀行に就職し、音楽活動も並行して行うようになります。

当時、定時に退社できていたこともあり、19時スタートのライブにも間に合っていたのだとか。

また、日曜日に東京でライブがあるときには、土曜日に夜行バスに乗って会場入りし、トップで歌ってその日のうちにまた夜行バスに乗って帰宅するというなんともハードスケジュールな日々を送っていたそうです。

結局のところ銀行は退職することになるのですが、銀行の同僚や上司に恵まれていました。
最終出勤日に上司が藤原さんに手紙をくれたそうで、以下のような内容が書いてあったのだとか。

「本当はもっといろんなことを教えていこうと思っていたけれど、きみの音楽が素晴らしいことも知っていた。これからどんなに辛いことがあっても、耐え抜く心と素直さをすごく大事にしていけば大丈夫だよ」みたいなことを書いてくれていて。
(引用元:BuzzFeed

参考文献:BuzzFeed/wikipedia

藤原聡の父親は教師?

藤原聡 父とネットで検索すると「教師」と出てきますが、藤原聡さんの父親の職業は公開されていません。

唯一、インタビューでご両親について語っているのは、「両親の影響もあって幼稚園のころからクラシックピアノをやっていた」ということだけです。

なぜ、教師だと噂されているのかはある大手掲示板に「藤原聡さんの父親が小学校の教師」だと記載されているからではないでしょうか?

それ以外のソースはないので、あくまで「噂」だとお考えください。

とはいえ、ツイッターではご家族のことをたまに呟いています。

藤原さんのツイートを見てみると家族構成は、父・母・藤原さん・妹のようです。

妹さんは、2014年時点で、センター試験を終えたということですので、2020年現在は24歳くらいでしょうか。
既に社会人ですね。

以下の記事も役に立ちます。

髭男で教員免許を持つのは楢崎誠

この投稿をInstagramで見る

 

楢﨑 誠(@macoskitchen)がシェアした投稿

髭男で音楽の教員免許を持っているのは、メンバー最年長の楢崎誠(ならざき まこと)さんです。
楢崎誠さんのお父様はジャズミュージシャンということもあり、幼少期から音楽のある家庭で育ちました。

その影響でしょうか。高校時代には吹奏楽部に所属。

島根大学に進学し、音楽の教員免許を持っており、嘱託職員として「島根県警察音楽隊」にてサックスを演奏していた過去があります。

インタビューで楢崎さんは、以下のように語っています。

警察の組織の中に『音楽隊』という隊があって、一般の方も面接のような形で入れるんですよ。だから、警察官ではなかったんですけど。
警察の音楽隊と事務仕事、半々でやっていましたね
(引用元:Skyrocket Company

 

髭男・小笹大輔は東大を目指せるほどの頭脳


髭男で最年少メンバーは、小笹大輔(おざさ だいすけ)さんです。
小笹さんだけは、島根大学に進学していたのではなく、松江工業高等専門学校電子情報システム工学専攻に通っていました。

ちなみに、松江工業高等専門学校の偏差値は「60」と島根県内でもトップレベルの学校です。
卒業研究は、「カオス理論」だったそうで、以前、A-Studio内で、「小笹大輔さんは東大に行けるほどの頭脳を持っていた」と明かされていました。

松浦匡希

松浦匡希(まつうら まさき)さんは、剣道経験者でその腕前はなかなかのもの。
音楽を始めたきっかけも、この剣道がきっかけなのだとか。

「僕の場合、楽器を始めたきっかけが独特なんですが。中学の時、僕は剣道ばっかりやっていたのですが、剣道やってるから手首強そうだよね、っていう理由でバンドに誘われたんですよ。その友達は家が塗装屋さんだったので、その友達の家にある塗料の缶を叩いていました。なので、初めて叩いたのはそのペイント缶なんですよ(笑)。(引用元:マイナビニュース

中学2年生のときには、米子市総体で準優勝を果たしており、剣道部部長を務めていました。
松浦さんも島根大学を卒業しています。

 

 

ヒゲダンの結成秘話やメンバーの詳しい情報については以下の記事もどうぞ!

Official髭男dismは全員既婚者

髭男のメンバーは既に全員既婚者です。

1番結婚が早かったのは、頭脳明晰の小笹大輔さんです。それをきっかけに、ずらずらとみなさん結婚されました。

小笹大輔:2019年7月30日一般女性と結婚
藤原聡:2019年11月22日一般女性と結婚
松浦匡希:2019年12月18日一般女性と結婚
楢崎誠:2020年2月16日E-girlsの元メンバー山本紗也加と結婚

楢崎誠さん以外は一般女性と結婚しています。

「Official髭男dism」の由来

Official髭男dismというバンド名の由来についてですが、名付け親は楢﨑さん。

楢﨑さんや藤原さんはインタビューで以下のように答えています。

楢﨑:はい! 僕がバンド名を付けました。 「髭が似合うような年齢になっても、音楽をワクワクとした気持ちで作っていきたい」 という願いが込められているんですが、実は、名前を付けた当初はそこまでの意味はなかったんですよ。

藤原:とにかくインパクト大だったから、これにしようってなったんだよね。
(引用元:LINEみんなの使い方ガイド

ちなみに「Official」については特に意味はないそうです。

髭男dismだけだと、なんかちょっと違うなって思って。Officialをつけた方が僕の中では美しいなって思っただけなんです。
(引用元:LINEみんなの使い方ガイド

Official髭男dismの人気は止まることを知らない

Official髭男dismといえば、数多くのドラマの主題歌にも起用され、その人気は止まることを知りません。
わたしもヒゲダンの曲は良く聞くのですが、正直最初は特になにも思わなかったのです。

しかし、聴けばきくほど味が出るといいますか、ヒゲダンの魅力にハマっていくから不思議です。
しかも、ヒゲダンの曲は全て優しくてなんだか心がほっとする。そんな楽曲だと思います。

これからも、ヒゲダンの新曲を楽しみにしています。

ヒゲダン関連記事



Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです