オバジCで肌がヒリヒリする時・肌荒れする時の対処方法


 

「オバジCをつけると肌がヒリヒリする。」

「オバジCをつけて肌荒れしてしまった。」

などのお悩みを抱えてはいませんか?

オバジCは、高濃度のビタミンCが配合されており、
毛穴、キメの乱れなど様々な肌問題にアプローチしてくれます。

 

しかし、

「ヒリヒリする」「肌荒れした」という口コミが
多い商品でもあります。

 

スポンサーリンク

1.なぜヒリヒリするの?

 

そもそも「ビタミンC」の効果として、
「皮脂の抑制作用」があります。

 

オバジCには、高濃度のビタミンCが配合されているので、
乾燥肌・敏感肌の人はそもそも皮脂が不足しているため、

ヒリヒリなどの「刺激」となってしまうことが考えられます。

 

また「ビタミンC」自体が、刺激が強い成分と言われているため、
敏感肌、乾燥肌の人には、刺激となって現れているのです。

 

2.ヒリヒリを緩和するには?

オバジCは、5、10、20と数字が上がるにつれて、
ビタミンCの濃度が上がってきます。

 

もし、どうしてもオバジCを使いたいのであれば、
オバジCの5を使用しましょう。

それでも、ヒリヒリが改善しない場合は、
今よりも入念に保湿を行って様子を見てみてください。

 

3.それでもヒリヒリが改善しない?

保湿をしっかり行っても、ヒリヒリが改善しない場合、
オバジCとは別の「ビタミンC誘導体」配合の化粧水
使用を考えてみてください。

オバジCには「ビタミンC」が配合されています。

一般的に、ビタミンCそのものを直接肌に塗っても、
浸透しないところ、オバジ独自の技術で、ビタミンC
を肌に浸透させるよう開発されたのがオバジCです。

 

そして、「ビタミンC誘導体」は、
ビタミンCを肌へ浸透させるために開発された成分です。

 

高い浸透力を誇るビタミンC誘導体であれば、
オバジCに代わり使用しても、満足できるかと思います。

 

また、ビタミンC誘導体は、オバジCなどに使用される
「ピュアビタミンC」より、刺激を感じずらいです。

 

実際、管理人は敏感肌ですが、ピュアビタミンCには
かなり刺激を感じるものの、ビタミンC誘導体には、
ほぼ、刺激を感じませんでした。

 

どんなビタミンC誘導体配合の化粧水がいいのか?

ビタミンC誘導体には、「皮脂抑制作用」「抗酸化作用」「美白作用」
など、さまざまな美白作用があります。

ただし、肌への浸透力は、約8〜200倍と、かなり違いがあります。

 

ドラッグストアでよく販売されているビタミンC誘導体配合の化粧水は、
水溶性ビタミンC誘導体が配合されています。

 

水溶性ビタミンC誘導体は、ビタミンCの約8倍の浸透力を誇ります。

しかし、APPSというビタミンC誘導体は、約100倍の浸透力を誇ります。

 

管理人は、「プリモディーネ】」という化粧水を使用しましたが、
顔全体が明るくなり、皮脂の過剰な分泌も抑えられました。

興味のある方は、以下より詳細をドウゾ!
【プリモディーネ】詳細はこちら→

まとめ

口コミの良い商品は、是非、使いたいと思うものですが、
化粧水や美容液には合う・合わないがあります。

そのため、代用品を使用してみることもおすすめです。

是非、あなたにあった化粧水を見つけて、
美肌を目指してください。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る