藤田信雄中尉・史上初アメリカ本土に爆撃したパイロット|日本刀を寄贈


 

1997年9月30日、藤田 信雄(ふじた のぶお)という男性が、肺がんのため85歳で生涯を閉じました。

日本では、ほとんど彼の死は報道されませんでしたが、アメリカ・ニューヨーク・タイムズでは大きく報じられました。

 

一体、彼は何者なのか?

 

実は、藤田信雄(ふじた のぶお)さんは、「世界で唯一、アメリカ本土を爆撃したパイロット」だったのです。

スポンサーリンク

史上初のパイロット・藤田信雄中尉とは?

藤田信雄出典:pdxretro.com

藤田信雄中尉は、1911年10月・大分県に生まれました。1932年には海軍に入隊し、翌年、パイロットとなりました。

 

真珠湾攻撃の際には、偵察任務に参加する予定でしたが、藤田さんの乗る偵察機の調子が悪く、参加できませんでした。

 

その後は、オーストラリア・アメリカの港を偵察するため飛行していましたが、1942年4月21日に軍令部に呼び出され、藤田さんは操縦の腕を買われアメリカ・オレゴン州の山中への空爆を命令されました。

 

この作戦は、山火事を引き起こすことでアメリカ海軍の資源を断つことが目的でした。

 

藤田さんは、この作戦で帰ってこれる自信がなく、家族あてに遺書を書いています。

 

 

同年、8月15日、藤田さんは横須賀港を出発し、9月9日オレゴン州のエミリー山に爆弾2発を投下。1発目は、小さな火災が起きたものの、土が湿っており大きな火災にはならず上巻には、「気を一本折っただけではないか。」と叱責されたといいます。

 

 

その後、29日に2回目の爆撃を行うため出撃し、爆弾を投下して炎を見たと報告しますが、アメリカ側に認知されることはありませんでした。

 

 

藤田さんの行った爆撃は歴史上初めてアメリカ本土を爆撃したこととして知られるようになりました。

 

 

終戦直前には、特攻隊の教官をしていましたが、自分も特攻するつもりで訓練を行っていましたが、出撃の直前に終戦を迎えます。
終戦後は、自衛隊や航空会社から誘いがあったそうですが、もう飛行機に乗りたくないと断ったそうです。

 

 

日本刀で自決(じけつ)する覚悟

その後、藤田さんは金物会社を経営していましたが、1962年に一本の電話がかかってきます。それは、「官房長官が至急会いたい」という内容でした。赤坂の高級料亭で官房長官から話された話は、

 

「アメリカ政府があなたを探しており、渡米して欲しいとの事で、外務省を通じてあなたの身元を伝えました。ただ、アメリカにはまだ、日本軍人への反感が相当根強いので、もし渡米して何かあったとしても、日本政府はあなたの身を守る事はできません。」というものでした。

 

その後、藤田さんのもとに封書が届きますが、内容は

 

「あなたは唯一、アメリカ本土を爆撃した人物であり、あなたの功績を讃え、日本の友好親善を図りたい」

というものでした。

 

しかし、藤田さんは、自決する覚悟で、代々400年以上続く日本刀をアメリカに持ち込みましたが、ブルッキングズ氏はフェスティバルの主賓として、あくまで平和親善のために藤田さんを招待していたのです。

 

藤田さんは、市民からの温かい歓迎に感動し、自決しようと持ってきた日本刀を、ブルッキングス市に寄贈しています。

日本刀の動画をみたい方は以下よりどうぞ。
藤田信雄

現在は、地元の図書館に飾られています。

 

ちなみに、藤田さんは、戦争のことを家族に一切、語る事がなかったため、家族は、彼がオレゴン州に爆撃したことを、招待された時に初めて知ったそうです。

 

会社が倒産しても日米親善に尽力

藤田信雄ブルッキングスの3人の女子学生と藤田さん
出典:city.bungotakada.oita.jp

 

 

藤田さんは、その後、日米親善に尽力し、1985年には、ブルッキングスの3人の女子学生を日本に招待しています。

娘さんによると、実際は、昭和55年に会社が倒産しており、招待を実現するためにかつての教え子を頼って、仕事を続けようやく、招待しています。

 

 

その後も、2度、ブルッキングスを訪れていますが、かなりストイックな生活をして、日本親善に尽力されました。

 

 

なお、レーガン大統領からは、ホワイトハウスに1日掲げられた星条旗とサイン入りの感謝状が届けられています。

 

 

1997年9月30日に藤田さんは亡くなられましたが、娘さんである浅倉順子さんが、引き続きブルッキングスを訪問したりと交流は続いています。

(参考文献:opb.org/city.bungotakada.oita.jp

 

私たちの知らない歴史

藤田信雄さんのように、わたしたち日本人がほとんど知らない人物や歴史上の出来事は少なくありません。
すでに戦後70年が過ぎた今、当時を知る人は多くありません。

今後、二度と戦争を起こさないためにも、歴史を振り返ることは大切なのかもしれませんね。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…
  2. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…
  3. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…
  4. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…
  5. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. ボルダリング ダイエット 効果 女性
    ここ数年で「ボルダリング」というスポーツが急速に広まり、 各地にボルダリングジムも増加してきたよう…
  2. アウトドア リュック 容量
    OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)人気のリュックの1つ デイパックの容量…
  3. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
  4. 化粧崩れ防止 スプレー
    最近、暑い日が増えてきました。夏になると「化粧崩れ」に 悩む女性も多いのではないでしょうか? 特…
  5. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
ページ上部へ戻る