元彼にLINEを送ると既読は早いのに返信がなかったり、極端に返信が遅いことがあります。
そこで今回は、既読は早いのに返信しない元彼の心理について解説していきます。

わざとの可能性も?




既読は早いのに返信なしの元彼の7つの男性心理

ad by google

1.復縁するつもりがないアピール

みてはいても反応しないことで、気持ちが残っていない、復縁する気がないとアピールしているパターンです。
チェックがマメかどうかは性格による部分も大きく、とりあえず確認だけするという人がいるのもポイントです。
そのため、反応をするかどうかは内容をみてから決める、相手をチェックしてから決めるという人も珍しくありません。
内容が仕事に絡むものや、共通の友人が関係するものであれば反応すると言う人もいます。
プライベートなことに反応してしまうと復縁の希望を与えてしまう、誤解されると考える男性もいるのです。
既読になっても返信がないのは気がない気持ちの証明になります。

2.とりあえず読むけどそもそも返信する気がない

文章のチェックが癖になっていて、内容はとりあえず確認だけするパターンです。
返信などはしなくても文字は読んでしまうタイプの男性もいるため、既読イコールで脈有りと考えないことが大切です。
ミュートやブロックなどの対応をしないのも設定しなおすのが面倒で後回しになっているというケースもあります。
また、人間関係で揉めたくないので既読だけはつけるというタイプも存在します。
期待をするほど裏切られる結果になりかねないため注意が必要です。

3.忙しくて返信できない

単純に忙しくて返信ができないパターンもあります。
着信などが合ったので確認は行い、仕事の連絡などないことが確認できたら後回しにするという人もいます。
集中して時間が取れないと文章が打てないタイプの男性もいるため、余計に複雑になりがちです。
返信が来ないことに不安を覚えるならまずは忙しいのかを考えて、連続して無視されるようなら別の理由を考えるのも方法です。

4.返信するつもりだが優先順位が低い

返信する気があっても、仕事や今の恋人、友人関係を優先する人もいます。
また、人間相手の連絡が優先されるわけではなく、テレビ番組の視聴や動画の配信などが優先される場合もあります。
いつでも返信が出きるからと思っているからこそ、後回しにして忘れてしまう男性も多いため注意が必要です。
何かに集中すると他の物事を忘れる傾向があるのが男性なのです。
元カノになった時点で優先順位は低くなり、返信が来る確率は減ることになります。

以下の記事も役に立ちます。

元彼のLINEの返信が遅いのはわざと?返信が遅いけど来る男性心理4つ

5.返信しにくい内容だから

単純に内容が返しにくいものであれば、返信が来ない確率が高まります。
例えば、別れたのに未練がましく迫ってしまったり、愚痴を吐いている場合は無視される確率が高くなります。
家族のことなども踏み込みにくい話題になるため、彼氏だったときとは距離感が違うことに理解が必要です。
無理に反応を引き出そうとしたり、反応しないことを責めたりすると縁が切れる原因になることもあります。
返信を期待するのであれば、相手の気持ちや都合を考え、会話がしやすい内容にすることも大切です。

6.未練があると思われたくなくてわざと返信を遅くしている

男は未練がましいと思われるのが嫌いな生き物で、強がって返信を遅くしているケースもあります。
実際に意図的に遅らせる場合は未練が残っているケースが多く、復縁の可能性が高いパターンでもあります。
本当に気がないのであれば返信自体しなければ良いためです。
例外的なのはわざとではなく、言葉を受け止めたり、返信するのがストレスで時間がかかるパターンです。
まだ別れた絆などが消化しきれていない場合にも起こり、頻繁な連絡をすると距離をとられる原因になることもあります。
会話の流れやテンションなどをみて、相手が無理をしていそうなら距離を置くことも大切です。
付き合う前はこまめにチェックして返信も早くくれていたタイプの場合、返信の文面を良くみるのがおすすめになります。

7.駆け引きをしている

駆け引きをすることで精神的な優位に立とうとする男性や、復縁したいという気持ちを引き出そうという男性もいます。
精神的に有意な立場を確保しないと安心できないという男性や、元カノからでも好かれていると認識することでプライドを保とうする男性もいるのです。
また、口説ける対象であれば口説かなければならないと考えるタイプの男性も存在し、駆け引きの一つとして既読無視が使われることがあります。
忙しいのかどうか、自分に気があるかどうかなどを考えさせることで感情を揺さぶるためです。
駆け引きをする男性を良いと思うかは人それぞれで、野心的・野生的なタイプな男性が好みの場合はプラス評価になる場合もあります。
一方で、対等な立場を築きたい女性から不評な場合がほとんどで、評価がわかれるのが特徴です。
女友達に相談するとこじれやすくなるタイプでもあります。

以下の記事も参考になります。

元彼が音信不通にする男性心理9つ|復縁するためのきっかけ&方法とは?

既読は早いのに返信しない元彼の心理についてご紹介してきました。

本当は彼があなたのことをどう思っているのか?もっと具体的に知りたい方も多いかと思います。

そんなときは、占いで彼の気持ちを確かめてみるのも1つの方法です。私は以前、電話占いを利用したのですが、数分で鑑定が終了したので無料で彼の気持ちを確かめることができました。

即、彼の気持ちを知ってスッキリされたい方には、電話占いは結構、おすすめです。
ちなみに私が利用したのは、電話占いヴェルニです。

しかし正直、私は電話占いは怪しい・怖いと思っていたので、是非、以下の記事も参考にしてみてください。
電話占いについて包み隠さず暴露しています。

【当たらない口コミあり】ヴェルニは詐欺か徹底検証【後悔しない電話占い】

返信なし・遅い元彼との復縁を成功させるには?

1.しつこく連絡しない

しつこく連絡しないのは大前提になります。
返信をしない、遅いのには必ず理由があります。
理由を無視して催促をすれば重い女としか思われず、縁が切れる理由になるからです。
連絡する頻度やタイミングを考え、時間や文面を工夫することが大切です。
例えば、通勤・通学時間は通知をみる時間があっても、すぐに文章を打つ時間がない場合が増えます。
飲みなどの付き合いが多い人や、休日出勤や残業が多い人など、相手の生活サイクルと人付き合い、仕事のスケジュールなどの影響も受けます。
返信しやすいのは昼休みや、寝る前の空き時間などではないかと推測し、連絡するタイミングを調整することも大切です。
反応がない場合は数日から一週間以上間を空け、時間をずらして送る、内容や文面もかえるといった手間を加えるのも方法になります。
数通送って反応がないなら今度は1月以上空けるなど距離感の調整を行います。
別れて間もない状態で復縁を迫る場合は、意図的に冷却期間を作るのも方法です。
連絡が来るだけで別れたときのイメージが蘇ってしまい、悪印象になることもあるからです。
半年や一年たってから連絡をすると、話が弾んで復縁が成立するようなケースもあります。
復縁を考えるなら長期視点で考えることが大切です。

以下の記事も参考になります。

別れた直後・1.2週間・2ヶ月〜6ヶ月の男性心理【復縁失敗を回避】

2.「質問」形式でLINEしてみる

会話を一方的に進めようとするのではなく、相手に質問を投げかけて反応をみるのも方法です。
質問をした場合、無視をすれば会話を切ったのが相手の責任になります。
独り言だと思って無視できる話題も、質問形式だと反応しなければと思ってしまう人は多いのです。
特に律儀なタイプの男性には効果的で、ルーズなタイプの男性の場合はちょっとした工夫が必要になります。
相手の性格を踏まえた上で質問の内容を変えるのがおすすめです。
例えば、別れてから時間がたっている場合や、連絡をしていなかった場合は近況報告をした上で「今、どうしてる? 彼女いる? いないなら紹介しようか?」などと話題をふって見るのも方法です。
紹介しようかという話に食いついてきたら、「やっぱり私が付き合いたい、離れたくない」などと返す方法も、「あって話さない? 顔見た方が安心だから」などとデートに誘う方法もあります。
ルーズなタイプはイベントや合コンに誘う内容で「興味がない?」と聞いてみると反応がわかりやすくなります。
合コンであれば友達と打ち合わせた上で、急にキャンセルが入ったなどの仕込みをすれば二人きりになることも不可能ではありません。
急激に距離をつめるのが不安な場合は、まずは近況チェックを含めた質問から入るのがおすすめです。

3.誕生日などタイミングを狙って連絡する

誕生日などの記念日は絶好のタイミングになります。
縁が薄くなっても不自然さがないため、別れても誕生日前後の連絡はするという人も珍しくないからです。
それがしばらく続いてから、復縁したいという話に傾くこともあります。
年末年始の挨拶なども利用しやすく、思い出話などのきっかけになることもあります。
別れて間もないのであれば少し時間を置いた上で、連絡するタイミングをうかがうなど工夫するのがおすすめです。
住所を知っているのであれば、LINEなどではなく年賀状を使うなど手段自体を変える方法もあります。

4.返信を期待しすぎない

元彼への連絡は返信を期待するほど自分へのダメージが大きくなります。
返信がないと嫌われていないか、何かあったのではないかと不安がふくらみがちです。
返信があってもそっけなければメッセージに問題があったのではと、悩むケースが増えます。
連絡をしない人、遅い人どちらであっても、別れた彼女に積極的に返信する理由がないことに理解が必要です。
彼女からふられ、未練しかない場合はすぐに反応したくなるのが男性です。
まれにこじらせて反応を遅らせるタイプもいますが、マメな対応をしてくれる男性ほど好意がにじみます。
それがなくなった場合は距離を起きたいというサインになるのです。
返信を期待しすぎるよりも、仮に返信がきた場合により良い自分を見せるため、あるいは新しい恋を探す努力をした方が建設的です。
あくまで候補の一人と考えられるようになれば、心の負担も減らすことができます。
この人を逃がしたら次はないと思うのであれば、友人を巻き込んで話題づくりをするなどより工夫するのも方法です。
相手が逃げられないように人間関係を再構築し、会って確かめる機会を作る方法もあるからです。
ただし、直接合う場合は直接フラれるリスクも発生します。
相手に新しい彼女が出きている場合もあるため、復縁ができない場合や、無理を言えばより関係がこじれる可能性もあるのです。

以下の記事も参考になります。

元彼を追わせる方法【LINE編】復縁を成功させてあなたに夢中にさせる!

LINEの返信をしてくれない・返信が遅い元彼との復縁を成功させる方法をご紹介してきました。

しかし、何も考えずに感情に任せて「復縁したい」と突っ走ってしまうとほとんどの場合、失敗してしまいます。

そんなときに役に立つのが「復縁大学」のレポートです。
どのようなきっかけでLINEすればいいのか、どんな内容のLINEを送ればいいのか、事細かく復縁まで行うべき具体的な対策が解説されています。

あなたが、元彼と復縁したくて失敗したくない、何から手をつけていいのかわからないのであれば1度、ご覧になってみることをおすすめします。

絶望的な状況から、たった35日で復縁する事ができるという復縁大学の
復縁LINEアプローチSPECIALEdition女性版」はこちら→

以下、わたしが読んでみた感想もご紹介していますので興味のある方はご覧になってみてください。

復縁LINEアプローチSPECIALEdition女性版レビュー【悪い口コミあり】

 

↓別れた元彼と波動修正で復縁する方法は以下の記事をどうぞ
波動修正で復縁する方法
↓別れた元彼とLINEで復縁する方法は以下の記事をどうぞ
復縁LINEアプローチSPECIALEdition女性版レビュー【悪い口コミあり】

Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです