彼氏とLINEしていて、彼が急に絵文字を使わなくなると「何か怒ってる?」「私に冷めたの?」と不安になってしまうものです。
そこで今回は、急に絵文字を使わなくなった彼氏の5つの心理について解説していきます。

また、万一、あなたに冷めてしまった場合でも、彼の気持ちを取り戻す方法についてもご紹介しますので、是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

急に絵文字を使わなくなった彼氏の5つの心理

1.怒っている・機嫌が悪い

怒っていたり機嫌が悪い時には、その心理状態が絵文字に現れる男性も少なくありません。
あなたとLINEのやり取りをしていて、その内容に対して怒っていたり、または喧嘩してしまって彼氏の怒りがまだ冷めていないときには絵文字を使わないことが考えられます。

このときの男性心理としては、怒っていて絵文字を使う気分ではないというものもありますが、あなたに対して「俺は怒っているんだぞ」というのをアピールしたいという心理も隠されています。

あなたに怒っていることをアピールして、不安にさせたい謝ってほしいなどと考えているのです。
一方で、あなたに対して怒っているわけではなく仕事で嫌なことがあったなど、別のことで機嫌が悪い場合にも絵文字を使わないということが起こりえます。

この時の男性心理としては、絵文字を使うような気持ちになれないというのが本音です。
急に彼氏が絵文字を使わなくなったら、しばらくは怒りが冷めるまでほおっておいておくのも愛情です。

また、あなたに否がある場合には早めに素直に謝ることをおすすめします。

2.心の余裕がない

男性の脳はシングルタスクといって1度に1つのことにしか集中できません。
例えば、仕事が忙しくて帰宅してからも仕事をしなくてはいけない状況など、時間にも心にも余裕がないときには絵文字を使わないことがあります。

このとき男性は、仕事に集中しているため、LINEの返信が遅くなってしまうというパターンも考えられます。
そんな中で、あなたに返信をしてくれたり男性がLINEをくれるということは、それだけあなたが大切だという証拠です。

とは言え、忙しすぎて心の余裕がないために、絵文字を使うまでの気力は残っていないと考えられます。

3.気持ちが冷めている

これまで恋人期間が長いにもかかわらず、絵文字を使用していた男性が急に絵文字を使わなくなったら危険信号です。
あなたへの気持ちが冷めてきている可能性があります。

男性は、基本的に気になる女性や彼女にしか絵文字を使わないといった人が多いです。彼氏が彼女に対して絵文字を使うのは、愛情表現の1種であるのと同時に、「彼女に嫌われたくない」といった心理が働いているからです。

絵文字を急に使わなくなって、その後も絵文字を使うことがなく、LINEの頻度も減ってきたら冷めている可能性があります。
また、遠回しに「察してほしい」といった彼氏の心理も働いており、自然消滅を狙っていることも考えられるのです。

彼氏の気持ちが冷めてきていると感じると多くの女性は、不安になってLINEを頻繁に送ってしまったり彼氏を責めてしまいがちです。
しかしそれは逆効果で、ただ別れを早めるだけになってしまいます。

彼氏が冷めてきていると思ったら、1度、彼氏を放置してみることです。
あなたからのLINEも辞めてしまい、会わない時間をとにかくつくってみましょう。

男性は彼女と頻繁に会っていると、彼女がいかに大切かという気持ちを忘れてしまいます。しかし、会えない時間が多くなると、彼女の大切さに改めて気付いたりするものなのです。

付き合っている時にも「冷却期間」が必要な時期があります。冷却期間については、以下の記事も是非、ご参考ください。

男が別れを後悔する期間は2〜6ヶ月|冷却期間を置く事が復縁成功のポイント

4.もともとLINEが苦手

男性の多くはLINEが苦手で、男性同士のLINEには絵文字を全く使わない人も少なくありません。
LINEが苦手な男性も、あなたにアプローチを仕掛けている時には、なんとかあなたに気に入られようと普段はやらないような努力をするものです。

LINEを全く使用しないような男性が、毎日のようにあなたにLINEを送ったり、絵文字を使ったりするのです。
しかし、その努力が実ってあなたが彼女になって数ヶ月経つと、男性はあなたが彼女であると実感し安心し始めます。

するとこれまで「異常な状態」だったのが、「通常の状態」の彼に戻っていくのです。
こうなると、これまであなた中心だった生活も徐々に、友達との時間も大切にするようになっていきます。

女性からすると、「釣った魚に餌はやらない」といった状態に思えるかもしれませんが、男性がようやくあなたを彼女と認め安心した証拠なのです。

そのため、もともとLINEが苦手で絵文字を使わないような男性は、あなたに心を許したことで、通常の状態、つまり絵文字を使わない状態になる可能性があります。

急に絵文字を使わなくなって、それ以降、全く絵文字を使うことがなく、とは言え、怒っているわけでなく普通にLINEのやり取りが続くなら、彼はもともとLINEが苦手なタイプである可能性が高いです。

スポンサーリンク

5.疲れている

仕事が忙しすぎて疲れていたり、早く休息したいと思っているときにも絵文字を使わないということが考えられます。
疲れて早く寝たい場合には、できればLINEなどの返信も後回しにして、寝てしまいたいという人がほとんどです。

しかし、疲れている中でもあなたからのLINEに返信しようと思うのは、やはりあなたが大好きだからです。
疲れていながらも、なんとかあなたへのLINEは送ろうと頑張っているのです。

とはいえ、絵文字を使う体力・気力がなく、女性からすると「そっけない」文面になってしまうのです。
この場合は、疲れているのに彼氏がLINEをくれたことに感謝すべきです。

男性も毎日、元気で心に余裕がある時ばかりではありません。相当疲れていたり、精神的に参ってしまうこともあります。
そのような男性の状況を考えることができ、思いやれる彼女になりたいものですね。

以下の記事も参考になります。

自然消滅を狙う彼氏の10の男性心理とサイン(LINEや行動)&対処法

スポンサーリンク

彼氏の気持ちが冷めたのか確認したいなら?

彼氏と喧嘩したでもなく、突然、彼氏からのLINEで絵文字が使われなくなったら多くの女性が、「私に冷めてしまったのかな?」と不安になることかと思います。

しかし、付き合って1-3カ月ほどのカップルの場合は、男性がもともとLINEが苦手で通常の男性の状態に戻ったと考えられます。
また、一時的な場合は、疲れていたり心の余裕がなかった時にたまたま絵文字が使われなかったのでしょう。

それ以外の場合、なぜ、彼氏が絵文字を使わなくなったのか、そっけなくなったのかその理由がわからない方は、以下の記事も1度ご覧になってみてください。

彼氏のLINEがそっけない6つの理由と対処法|冷めたか聞く方法とは?【男性心理】

それでも解決しない場合には、占いで彼の本音を鑑定してもらうのも1つの方法です。

 

私の場合は片思いの彼の気持ちが分からずイライラしていたのですが、老舗ということもあり電話占いヴェルニという占いを利用してみました。

 

というのも、彼の気持ちを聞きたいだけだったので、数分で終わるなら無料で鑑定してもらえると思っていたからです。

(ヴェルニには初回無料通話特典があるため)

 

実際、鑑定してもらったところ数分で終了し無料通話分でまかなえたのですが、驚いたのが、片思いの男性の性格をズバリ言い当てられたことです。

しかも、「彼が私に対して思っていたこと」が、後になって当たっていたことが判明したのです。

正直、子供騙しだと思っていましたが、「今すぐ彼の気持ちを知りたい」「ちょっと質問してスッキリしたい」という方は、1度、試してみることをおすすめします。

 

とはいえ、私は当時、「電話占いは怖い」「怪しい」「騙されそう」だと不安を感じていました。

おそらく、同じように思っている方も多いかと思いますので、電話占いについて徹底的に調査し、悪い口コミなどもないかくまなく探してみました。

 

その結果を以下の記事にまとめていますので、興味のある方は、ご覧になってみてください。

【当たらない口コミあり】ヴェルニは詐欺か徹底検証【後悔しない電話占い】

スポンサーリンク

彼氏の冷めた気持ちを取り戻すには?

もし、彼氏のあなたへの気持ちが冷めている場合でも、まだ気持ちを取り戻せる可能性はあります。
男性がそっけなくなり、あなたとデートすることを拒否しているうちは、男性は1人になってじっくりと考えたいのです。

現時点では、あなたと別れるか別れないか悩んでいる可能性が高いです。
1人でじっくり考える時間があれば、「やっぱり、彼女が必要だ」という考えに至ることも多いのですが、多くの場合、女性は不安になって彼氏を問い詰めてしまうため、結果的に別れを引き寄せてしまうのです。

あなたが彼氏の気持ちを取り戻したいなら、まずは「冷却期間」を置くことです。
詳しくは、以下の記事を御覧ください。

男性の一度冷めた気持ちが戻る瞬間|90日で彼氏の気持ちが戻る?

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです