アメリカ軍は、
1988年にケニアとタンザニアで起きた米大使館爆破事件に
関与したとされる国際テロ組織アルカイダ 幹部
ナジ・アブドゥルハメド・ルカイ(アブアナス・リビ)容疑者を拘束しました。

【ワシントン時事】米軍はリビアとソマリアで現地時間5日未明、
対テロ作戦を展開した。リビアの首都トリポリでは、

1998年にケニアとタンザニアで起きた米大使館爆破事件に関与したと
される国際テロ組織アルカイダ幹部アブアナス・リビ容疑者(49)=リビア出身=を拘束した。

ソマリアでは、今年9月にケニアの首都ナイロビのショッピングモールを襲撃した
アルカイダ系過激組織アルシャバーブの拠点を海軍特殊部隊SEALS(シールズ)が
急襲し、戦闘となった。
記事の続きはこちら→

[引用元:時事ドットコム

naji

ナジ・アブドゥルハメド・ルカイ容疑者は、
1998年8月にケニアとタンザニアで起きた 米大使館爆破事件に関与した容疑で、
アメリカで被告不在のまま起訴されていました。

また、FBIはナジ・アブドゥルハメド・ルカイを最重要テロリストとして行方を
追っており 米政府はナジ・アブドゥルハメド・ルカイに
500万ドル(約4億8000万円)の懸賞金を懸けていました。

ナジ・アブドゥルハメド・ルカイについて

生年月日:1964年3月30日(49歳)
出身地:リビア

1994 年からアルカイダのメンバーで アラビア語と英語の2か国語をしゃべる。
2002年1月にアメリカ軍によって捕獲されたと言われていましたが、
それは誤報で、現在まで、米政府は行方を追っていました。

1988年のアメリカ大使館爆破事件について

Kenya_bombing_1

出典:wikipedia

1998年8月7日の10時40分(現地時間)に、
アルカイダのテロ実行犯はアラブ人街のヒルトップホテルに集合し、爆薬を満載したトラックで出発した。

トラックはアメリカ大使館の裏手に回り、実行犯1名を降ろしました。
そして、彼は大使館敷地に手榴弾を投げ込み爆発。

その後、トラックは大使館の正門に回り、手榴弾の爆発を合図に大使館内に突入し、
同時に爆薬が炸裂してトラックもろとも自爆しました。

この自爆攻撃によってビル内にいた大使館員と民間人など291名が死亡。
5000名以上が負傷ししました。

[引用元:Wikipedia


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです