1月18日放送の「人生の楽園」に、宮城県気仙沼市で、
たこ焼き店「なにわのたこよし」を営む松下さんご夫妻が
紹介されました。

宮城県気仙沼市 なにわのたこよし

出典:なにわのたこよしFB

ご主人は、大阪府守口市出身の67歳、松下初男さん。
妻の裕子さん(53歳)の故郷である宮城県気仙沼市に
移り住みました。

実は、お二人は震災前に、お好み焼き店を開店しようと準備を進めていました。
しかし、震災による津波で全てが流されてしまったそうです。

宮城県気仙沼市 なにわのたこよし

出典:テレビ朝日

ですが、「みんなが集まれる場所をつくりたい」「地元を明るくしたい」という
思いから、軽トラック・テントなどを組み合わせて作ったたこ焼き店
「なにわのたこよし」をオープンされました。

大阪出身のご主人だけあって、気軽に話せる大阪のおじちゃんとして
多くの地元の人に愛されています。

気仙沼市 なにわのたこよし気仙沼えびす焼・たこ焼き・たこせん

出典:sendai-navic.com

商品である、たこ焼きもとろっとしていて美味しいと人気で、
たこ焼きだけでなく、ホタテが入って上にとろっとしたチーズが
のった気仙沼えびす焼や、たこせんなども販売されています。

たこ焼きにかけるマヨネーズは、普通・からし入りと選べるそうです。

【なにわのたこよし詳細】
住所:〒988-0084 宮城県気仙沼市八日町二丁目3-29
TEL:080-3327-8666
Facebook:なにわのたこよし
地図▼

大きな地図で見る 

私の親友や、知り合いの実家が宮城県気仙沼市であったこともあり、
震災当時の津波の様子をTV見て本当に心が痛みました。

また、親友の実家は全て津波で流されてしまったと聞き、
今まで生まれ育った実家、思い出のものまで流されてしまい
親友はどんな思いでいるんだろうか?と掛ける言葉も思いつきませんでした。

第三者でさえ、ショックの大きかったあの3・11の大震災。
被災者である松下さんご夫婦の負った心労は相当のものだったと思います。

ましてや、松下さんご夫妻は50代60代。普通であれば、「もう歳だから…」と
諦めてしまう人が多いのではないでしょうか?

そんな中、地元の復興を願い、自分たちの夢も諦めず、前へ進んでいる
松下さんご夫妻を見ると頭が上がりません。

私たちも年齢や環境を言い訳にせず、前に向かって進んでいくことが
大事なんだと感じさせられました。

いつか、松下さんご夫妻が、店舗をオープンできることを心から
応援したいと思います。

私が、翌日から便秘から解放された方法とは?

翌日からどっさり出た
・しかも、お腹が痛くならない
3年以上続けて飲んでいても毎日スッキリ
便秘薬から解放された

その方法が知りたい方は以下よりご覧ください。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです