中山秀征(なかやま ひでゆき)さんといえば、
TVで見ない日はないというほどの大物司会者です。

中山秀征 実家
しかし、
それと並行し、井森美幸さんと地元群馬の
「ぐんま大使」を務めています。

群馬といえば、2014年に富岡製糸場と絹産業遺産群 が
世界遺産に登録されました。

ad by google

中山秀征の実家は縫製の工場を経営

中山秀征さんの実家は、群馬県藤岡市で
「中山縫製」という工場を経営していました。

父の教男さん、母の美江さん、兄、正史さんの4人家族。

ご両親ともに商売人で、

「家に帰ってくると、両親がいつも裁断したりミシンをかけたりしていた。逆に働いてる姿しか見てなかったかも。
今でも両親の汗のニオイだったり、働く後ろ姿とかを思い出しますね。」
(引用元:fqmagazine

とインタビューで答えています。

早くから芸能界に憧れており、中学3年生の時に、単身東京へ。
知り合いの家に居候していたそうですが、とうとう高校の担任であった
先生の借家に居候することに。

その後、高校1年生の時に、NHK番組「英語にチャレンジ」の仕事をとり、
第二の吉川晃司を募集するオーディションに合格。
「明日に ONE WAY」で歌手デビューされました。
(引用元:あさいち

歌手としてやっていこうと思っていましたが、
最終的にお笑いの道を選んだそうです。

中山秀征の嫁・白城あやかとは?

中山秀征 嫁

出典:白城あやかオフィシャルブログ

白城あやか(しらきあやか)さんは、元宝塚の星組トップ娘役でした。
1997年3月に宝塚を退団。

1998年6月に中山秀征さんと結婚し、4人の息子さんがいらっしゃいます。

中山秀征の息子たち

中山秀征 息子(

出典:日刊スポーツ)

中山秀征さんには4人の息子さんがいらっしゃいます。
長男の中山翔貴くんは、2016年の高校野球東東京大会の
青山学院・エース・中山翔貴投手として話題となりました。

長男の翔貴くんは、高校3年生。
次男は、中学1年生。
三男は、小学5年生。
四男は小学4年生。

(※2016年現在)

長男・翔貴くんの影響で、みんな野球をしているとのこと。

とのこと。
白城あやかさんの子育ては、まだまだ大変そうですね。

まとめ

中山秀征さんの芸能界入りは、強い芸能界への憧れからでした。
中学3年生の時に、上京する勇気には驚きです。

そして、今の地位を築きあげるには、
ご両親が、一生懸命働く背中をみていたからこそ、努力できたのではないでしょうか?


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです