なべおさみさんと言えば、『息子(なべやかん)の明治大学替え玉受験』
発覚するまで、司会や役者として人気を博した方です。

なべおさみ なべやかん

現在は、米倉涼子さんや、剛力彩芽さんなどが所属する
オスカープロモーションの所属タレントとして活躍されています。
主な活動は、舞台や講演会なのだとか。

その他、最近では『やくざと芸能と 私の愛した日本人』という
芸能界の裏側や大物政治家とのつながりなどを綴った著書も出版されています。

何故、この本を出版したのか?という問いについては
「ヒマだったからですよ」と一言。

「一応、ボクは役者だから、役者の仕事がないっていうのは非常にしんどいんですよね。
そのしんどさから逃れるというと言い方はおかしいけれど、
書くことが助け道になってたんだよね。」とも語っています。
(引用元:日刊SPA!)

同じく日刊SPA!のインタビューで、替え玉事件後の、芸能界自粛後、
天台宗総本山 比叡山延暦寺の叡南覚照大阿闍に呼び寄せられ、
千日回峰行という荒行を行なっていた事を明かしています。

また、芸能界自粛の原因となった1991年の明治大学替え玉受験についても
23年後、真相を親子そろって暴露しています。

なべおさみによれば、なべやかんは成績が悪く、明治大学への
合格は不可能と思われていたが、なべおさみの後援者が
「なべちゃんの大学(なべおさみの母校である明治大学)に入れちゃえばいい」と、
明治大学への裏口入学を勧めてきたのだという。

その後、試験も受けていないのに合格通知が届いたが、
何故、ばれてしまったのか?ということについては、
なべおさみは明治大学のOB100人で構成された「100人委員会」の一人であった。
(なべおさみは明治大学出身)
しかし、その100人委員会が内部で2つに分裂しており、なべやかんの替え玉受験は、
対立組織からの内部告発のターゲットにされてしまったと語っています。

(引用元:livedoor)

現在では『裏口入学』という言葉自体、
若い人にとってはあまり馴染みのないものでしょう。

現在は、少子化が進んでおり、学校も生徒を集めるのに必死です。
そう考えると、なべおさみさんの事件は、当時の時代情勢を表した
ものだったのかもしれません。

なべやかん息子のなべやかんさん

当時、息子のなべやかんさんは一般人。
壮絶なバッシングを受けながらも、芸能界入りした
なべやかんさんは、相当な度胸の持ち主とも言えるでしょう。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです