スポンサーリンク



菅田将暉さんが出演する映画「キャラクター」には、Fukaseさんが俳優としてデビューします。

この作品のロケ地・撮影場所・目撃情報を集めた結果、今のところ5つの場所が発覚しました。

撮影は、神奈川県横浜市・茨城県日立市・千葉県成田市・埼玉県深谷市にて行われたようです。
詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

【映画】キャラクターのロケ地・撮影場所&目撃情報

1.横浜中華街の某屋上

映画で、菅田将暉さんが屋上に立つシーンがあります。

そこから見える看板が「高順行…」という文字が書いており、看板のあるビルはすしざんまいが入っている以下の場所のビルのようです。

菅田さんのいる屋上については、この看板のある近辺のビルだと思われます。

住所的には、神奈川県横浜市中区山下町周辺です。

2.埼玉県深谷市にある七ツ梅酒造跡


埼玉県深谷市深谷町にある「七ツ梅酒造跡」
でも、撮影が行われたようです。

この場所は、よく撮影で使用されるようで、あの映画「るろうに剣心」の撮影にも使われたのだとか。

3.茨城県日立市水木町

茨城県日立市水木町の某所で、撮影が行われていたようです。

この某所というのは、茨城県日立市水木町にある「あかつ水産」の旧社長宅だったとのことで、当時はかなり話題になったのだとか。

スポンサーリンク

4.京成成田駅

 

千葉県の「京成成田駅」でも撮影が行われたようです。

 

5.某マンション

どこにあるマンションかは不明ですが、菅田将暉さんが住むマンションとして、一般の方が住んでいるマンションで撮影が行われていたようです。

スポンサーリンク

映画「キャラクター」のあらすじ

「もしも、売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら?しかも、その顔を“キャラクター”化して漫画を描いて売れてしまったとしたら??」(引用元:キャラクター公式HP)

というアイディアが元となっている映画です。

菅田将暉さん演じる主人公・山城と出会い運命を狂わす殺人鬼・両角(もろずみ)を演じるのは、SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseさんです。

この作品で俳優デビューされます。

漫画家として売れることを夢見る主人公・山城圭吾(菅田将暉)。高い画力があるにも関わらず、お人好しすぎる性格ゆえにリアルな悪役キャラクターを描くことができず、万年アシスタント生活を送っていた。

ある日、師匠の依頼で「誰が見ても幸せそうな家」のスケッチに出かける山城。住宅街の中に不思議な魅力を感じる一軒家を見つけ、ふとしたことから中に足を踏み入れてしまう。そこで彼が目にしたのは、見るも無残な姿になり果てた4人家族……そして、彼らの前に佇む一人の男。
(引用元:filmarks.com

スポンサーリンク

出演者

山城圭吾:菅田将暉
両角(もろずみ):Fukase
清田俊介(せいだ しゅんすけ):小栗旬…神奈川県警察本部捜査第一課巡査部長
川瀬夏美(かわせ なつみ):高畑充希…山城の恋人
真壁孝太(まかべ こうた):中村獅童…神奈川県警察本部捜査第一課警部補で清田の上司

主題歌

主題歌は、ACAね(ずっと真夜中でいいのに。) × Rin音 Prod by Yaffleのコラボレーションで、楽曲「Character」です。

主題歌を担当する1人・Rin音さんについては以下の記事も参考になります。

【顔写真】Rin音の本名&出身大学は福岡工業大学?兄弟には妹が!素顔や生い立ちに迫る

原作はなくオリジナル

映画「キャラクター」に原作はありません。

「20世紀少年」「MASTERキートン」などを始めとする浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志さんが10年の歳月をかけて練り上げた企画になります。

ただ、原案を考えた長崎尚志さん自らノベライズ本を出版されています。

なお、 2021年5月28日に、長崎尚志さん企画・原案、著)・いわや晃、ライター川原 杏奈、永井聡が担当する漫画が発売予定です。

キャラクター

企画自体が面白そう

この作品の企画自体が、個人的に「面白そうだ」と思っています。
また、天才的な殺人鬼をセカオワのFukaseさんがどう演じるのかどうかもこの映画の見どころです。

菅田将暉さん、小栗旬さん、高畑充希さんといった豪華キャストも出演。
今から、注目の映画です。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです