「別れてから1年以上経っているのに元彼が忘れられない…」

無理に忘れようとすればするほど忘れられなくなる。

あなたにはそんな経験が無いでしょうか?

そこで今回は、元彼を忘れられない心理と、心理学を応用した元彼を忘れる方法についてご紹介します。

この方法を使えば、今の辛い状況から抜け出す事が出来ます。

ad by google

元彼が忘れられない心理とは?

元彼が忘れられない理由として、「すごく好きだった」「良い思い出ばかりだった」などが挙げられます。

しかし、本当に元彼が忘れない理由は、その恋愛が小さな「トラウマ」になっているから。

 

さらに言えば、元彼への失恋以前に、あなたの幼い頃の家庭環境に関係している事もあるのです。

 

 

例えば、あなたが小さい頃に犬に噛まれて怖い経験をしたとします。

 

その時、「痛い」「怖い」という思いが強烈に残って、その恐怖が癒されないと「トラウマ」になってしまいます。

すると、大人になっても犬を見ただけで、怖い・痛いという感情が蘇って、「犬が嫌い」という状態に陥ってしまうのです。

 

 

これと同じように、失恋は、あなたに相当な心のダメージを与えてしまいます。

そして心のダメージを上手に癒すことが出来なければ、それは「トラウマ」となって心に残り続けます。

 

するとどうでしょうか?

 

クリスマスに楽しそうなカップルを見ると、元彼を思い出して辛くなったり。

新しく恋を始めようと男性と出会っても、また傷つくんじゃ無いかと男性を警戒してみたり。

事あるごとに、その心のトラウマが蘇っては、あなたを傷つけ続けるのです。

 

 

どうすればトラウマが癒されるの?

では、失恋のトラウマはどうすれば癒されるのでしょうか?

 

 

まずは、あなたが失恋によって傷ついた「根本原因」を探り出す事です。

 

 

「私が彼を忘れられない原因は、彼を大好きだったからだ。」

と言いたくなる人も多いでしょう。

 

 

しかし、元彼を忘れられない原因というのは、それよりももっと深い深層心理にあるのです。

例えば私の経験をご紹介しましょう。

 

 

私には、なかなか忘れられない元彼が居たんですね。

その理由を深いところまで紐解くと、

「私は、元彼に愛される価値のない女だ」

と認識されており、その思い込みが元彼に振られる事によって証明されたからです。

 

 

そして、どうして私が「元彼に愛される価値のない女」だと思ったのか?

それは幼少期の親との関係にあります。

 

 

わたしは、ごく普通の家庭で育ちましたが、小さい頃から

「両親から愛されていない」

と感じて生きてきました。

もちろん、両親は私を一生懸命愛してくれましたが、愛情表現が下手だったせいもあり、
私は両親の愛情を上手く受け取れなかったのでしょう。

 

 

特に娘である私は、お父さんに対して

 

「お父さんは、私を本気で愛してくれていない」

と感じていたんですね。

 

 

それがいつの間にか、大人になって

 

「男の人は、私を本気で愛してくれない」

という思い込みに変わり、恋愛も上手く行かなかったのです。

 

 

そして、元彼に対して「父親にもらえなかった愛情」を求め、失恋して、その愛情が得られなかった結果、

「ああ、やっぱり私は男性に愛されないんだ」と証明される事によって深く傷ついていたのです。

 

 

では、あなたが元彼を忘れられない根本原因を探り出し、元彼を忘れるにはどうすればいいのでしょうか?

心理学を応用した元彼を忘れる方法とは?

まず、心理学では「認知療法」というものがあります。

 

 

簡単にいうと認知療法とは、「あなたのありのままの本音や思い込み」を「認知」する事で、心の傷を癒していくというもの。

人は、自分の本音や過去のトラウマを受け入れる事で、その辛さの半分は癒されると言われています。

 

 

それだけ人間というのは、意外と「自分の本音」について分かっていないのです。

 

 

例えば、「元彼と別れて辛い」と頭で分かっていても、具体的に「何が辛いのか?」「何を自分は求めているのか?」

 

 

よく分からずに辛い気持ちを味わっている人が多いのではないでしょうか?

 

 

もしあなたが、「本当は何が辛いのか?」「何を自分は求めているのか?」を自分自身で知り受け入れることが出来れば、あなたは元彼を上手に忘れる事が出来ます。

では、実際にどうすれば自分の本音を知って、元彼を忘れる事が出来るのでしょうか?

認知療法を応用した元彼を忘れる方法

自分の本音を知って受け入れるには、あなた自身の「深層心理」にアプローチしていく事が必要です。

 

深層心理にアプローチするには、カウンセリングなどに頼る必要はなく、自分自身の力でアプローチする事が可能です。

 

それは、紙に自分の感情を書くという事。

 

ポイントは「深く考えずに」今、頭の中に浮かんでいる言葉や感情をどんどん紙に書き出していくという方法です。

 

この方法は、有名なスポーツ選手や優秀なビジネスマンも使っている方法です。

ストレス発散や、新しいアイディアの発見などにも役立つ手法なのです。

 

 

人は自分の本音を知るのは怖いので、最初はなかなか本音を書き出す事ができません。

 

 

また、「こんな事は思っては駄目だ」という感情も働くので、なかなか上手く書き出せない事もあるでしょう。

それでも、何度も挑戦してみて下さい。

その紙は、終わったら捨てればいいのです。

 

 

誰もあなたが書いた紙を読む事はありませんので、思いっきり感情を吐き出してみて下さい。

 

 

「書く事がもうない」「頭がスッキリした」と思えるまで、どんどん書いていきます。

すると、過去のトラウマまで行き着く事が少なくありません。

 

 

過去のトラウマまで行き着く事がなくても、彼氏に振られて「どうして辛いのか?」

自分の本音に気づく事ができるでしょう。

 

 

自分が抑圧していた「本音」や「感情」を認知する事で、その傷の半分は癒されます。

 

 

その本音が「復縁したい」のなら…

自分の本音を書き出す事で、「元彼にもう一度、ぶつかってみたい」「復縁したい」という本音に行き着くケースは少なくありません。

 

 

ほとんどの人が、「元彼の事は諦めなければいけない」「復縁するなんて考えてはいけない」と自分の本音を見て見ぬ振りをするからこそ、なかなか元彼を忘れる事が出来ないのです。

 

 

ですから、自分の本音を書き出した上で「復縁したい」という感情が見えて来たなら、

「ああ、私は本当は元彼と復縁したいんだな」

とその気持ちを十分に感じてあげて、その感情を受け入れる事です。

 

 

あなたの深層心理にの本音が「小さい頃のあなた」だとすると、

小さい頃のあなたが感じた感情を、大人のあなたが認めてくれるだけで、小さい頃のあなたは癒されていくのです。

 

 

そして、どうしても元彼と復縁したいと思ったのであれば、恋愛のプロに相談して、とことん復縁と向き合ってみる事も1つの方法です。

 

電話占いヴェルニ(初回無料)では復縁率98%以上の実力を持つ占い師が多数、在籍しているので、興味のある方は一度、相談してみて下さいね。

 

 

とことん自分の本音に向き合う事で、あなたの失恋の傷は癒されていきます。

 

 

早速、紙に書き出してみよう!

では、早速、元彼を忘れるためにもあなた自身と向き合う時間を取ってみましょう。

元彼を忘れるには、紙とペンを用意すればいいだけです。

実際に行動を移す事で、あなたの傷は癒されていきます。

 

そして、今度こそは永遠に愛する男性に愛されたい!という方は以下の記事も参考にしてみて下さい。

【おすすめ恋愛記事】

年齢・外見関係なく一生深く愛される女になる方法:【アラサーからの恋愛マニュアルはこちら→】

■男に深く愛されるマニュアル完全版【人に好かれる会話術】はこちら→


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです