スポンサーリンク


 

この記事では以下の内容を解説します

①元彼に「完全に嫌われた」は勘違いである3つの理由
②元彼に完全に嫌われる原因3選
③完全に嫌われた元彼と復縁する方法

元彼に、「完全に嫌われた」と絶望することがありますがそれは勘違いである可能性があります。
その理由や、嫌われる原因そして復縁する方法について知りたい方は是非、この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

元彼に「完全に嫌われた」は勘違いである3つの理由

1.男性は本能的に女性を嫌いになれない

男性は、本能的になかなか女性を嫌いになれないように出来ています。
女性の場合は逆で、妊娠期間などが長いため一度に残せる子孫の数には限りがあり、より優秀な男性を本能的に選ぼうと好き嫌いが激しくなります。

男性は多くの子孫を残すために、より多くの女性と関わる必要があります。だからこそ、好き嫌いが激しいと自分の子孫を残すことができません。

こういった理由から、男性はなかなか女性を嫌いになれないように出来ています。

2.嫌いという感情は一時的なもの

男性がいくら女性を嫌いになれないとは言え、「嫌い」という感情は男性の中にあります。
特に、男性側から女性を振る場合には、あなたを嫌いになったからこそ別れを告げているのです。

男性心理として、別れを決意する前後の時期が最も女性を嫌いになるピークだと言われています。
しかし、このピークを過ぎると「嫌い」という感情はどんどん薄れていきます

中には、彼女を嫌いだと思って振ったけれど別れてから、それは勘違いだったと気付き復縁を迫る男性は少なくありません。

3.時間が経つにつれ嫌な思い出を忘れていく

男性は、時間が経つに連れて嫌な思い出をどんどんと忘れています。
これまで、あなたに関する嫌な思い出がたくさんあったとしても、だんだんと嫌な思い出は消え去り良い思い出だけが残されます。

そうすると、元カノのことを嫌いになるどころか、「美化」してしまったり、「なんで別れたんだろうな」など思うようになるのです。

スポンサーリンク

元彼に完全に嫌われる原因3選

1.重い女になって嫌われた

「他の女性と浮気するのではないかと心配になって、束縛してしまった。」
「仕事が忙しいのに、何で会えないの?と何度も責めてしまった。」

このように、彼氏にとって重い女になってしまう女性は少なくありません。

では、なぜ、男性は「重い女」を嫌うのでしょうか?

男性は、決してあなたが重いから嫌いになるのではいのです。
あなたが、「自分を信じてくれない」から怒っているのです。

束縛したり、責めてしまうのは、結局のところ彼氏の人柄や愛情を疑う行為です。
誰よりも大好きな彼女に、疑われて嬉しい男性はいません。

最終的に男性が、女性を振るのは、「俺には彼女を幸せにできない」と確信した時です。

あなたが、彼氏を疑ったり、いつも悲しい顔をしていたら、彼氏は「彼女は、俺と付き合っていても幸せそうじゃない」と感じます。

すると、男性は、「俺では彼女を幸せにできない」と男の自信がなくなってしまうのです。

男性は、「俺は彼女を幸せにできている。凄い男だ!」と思わせてくれる女性に夢中になります。

それはなぜでしょうか?

男性は本能的に、1番になりたがる生き物だからです。

動物の世界をイメージすると分かりやすいですが、動物は1番強いオスが最も自分の子孫を残せます
ですが、人間界では早々、世界で1番に慣れるものではありません。

だからこそ、「俺は凄い」「俺は、彼女にとって1番だ」と思わせてくれる女性のことは絶対に離そうとはしないのです。

つまり、重い彼女というのは、彼氏から男性としての自信を奪い俺なんてダメな男だと思わせてしまうからこそ、嫌われてしまうのです。

スポンサーリンク

2.尽くし過ぎて嫌われた

彼氏のために良かれと思って家の掃除をしてあげて、ご飯も作ってあげた。
たくさん尽くしたのに、彼氏に嫌われて振られてしまったという女性も多いかと思います。

では、なぜ尽くしすぎると嫌われてしまうのでしょうか?

あなたがもし、下心なく彼氏に尽くしているのであれば、あなたは今、振られていません。
あなたが、元彼に嫌われているのなら、あなたは「愛されたい」という下心から、彼氏に尽くしていた可能性があります。

男性は、狩の生き物です。

本能的に、男性は女性のために行動してこそ「好きだ」と実感できるようになっています。
例えば、デートに誘う、プレゼントをする、彼女を喜ばすなどですね。

そういった行動をすることで、男性は、女性からエッチや癒しなどの「報酬」を得るわけです。

しかし、女性が男性から頑張るという行動を奪って尽くしすぎるとどうでしょうか?
彼女からの報酬を得るために、彼氏は何も行動しなくても良くなります。

つまり、彼女のために頑張るという行動がなくなるため、彼氏は彼女を好きだと実感できなくなるのです。
その結果、「嫌い」だと思ったり、「都合の良い女」「召使」などと、あなたの価値を低く見積もるようになります。

わたしの友人は、見事に彼氏に尽くし過ぎて、結果的に召使のように扱われ暴力を受けました。
彼女はとても頭の良い子だったので即効で別れましたが。

あなたが元彼に完全に嫌われたと思っているのなら、不必要に尽くし過ぎた結果かもしれません。

3.別れた後、しつこくした

例えば、あなたが元彼に振られた場合だと別れることに納得できない事があります。
それによって、しつこく彼に復縁を迫ったり毎日のようにLINEをするなど一方的な行動をしてしまった場合も嫌われてしまう可能性は高いです。

元彼の男性心理については、以下の記事も参考になります。

元彼が音信不通にする男性心理9つ|復縁するためのきっかけ&方法とは?

スポンサーリンク

完全に嫌われた元彼と復縁する方法

1.冷却期間を取る

あなたが元彼と復縁することは可能です。
ただし、必ず「冷却期間」が必要になります。

それは何故でしょうか?
元彼があなたを振って嫌いになった直後、元彼はあなたを「大嫌いだ」と思い込んでいます
そのタイミングの前後で、あなたが復縁を迫っても聞く耳を持ちません。

しかし、あなたが元彼の元を去り、会わない・連絡を取らない期間を取るとどうでしょうか。
元彼の怒りはどんどん収まってきます。

あれだけ、嫌いだと思っていた彼女に会えなくなって、元カノの大切さに気が付く事もあるのです。

残念ながら、男性は「大切な人と離れる期間」がなければ、大切さに気が付きません。

元彼と長い間、会えなくなるのは辛いですよね?
ですが、復縁できず永遠にお別れすることを考えれば、会えない期間も我慢することができるのではないでしょうか?

ちなみに、別れた直後からその後の男性の気持ちの移り変わりは以下の記事に詳しくまとめてあります。
興味のある方は、是非、ご覧になって見てください。

別れた直後・1.2週間、2ヶ月〜6ヶ月の男性心理|連絡ない状態から復縁成功まで

2.LINEを上手に利用する

冷却期間を置いたら、今度は元彼に会えるまで仲を回復しなければいけません。
そのときの連絡手段では、多くの女性がLINEを活用するかと思います。

元彼を追わせるLINEの送り方については以下の記事にまとめています。

元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方10選|追わせて会いたいと思わせる!

さらに具体的な復縁方法について知りたいと思っている場合には、「35日での復縁を目指す復縁レポート」もおすすめです。

「どのタイミング」で「どんな内容」のLINEを送ればいいのかなど、事細かく復縁までの対策が解説されています。

興味のある方は、以下より詳細をご覧になってみてください。

→【復縁レポート】復縁LINEアプローチ女性版の詳細はこちら

レポートを実際に読んだ筆者の口コミ・レビューについては、記事「復縁レポートレビュー」をご覧ください。

【結論】男はなかなか女性を嫌いになれない

元彼に「完全に嫌われた」は勘違いである3つの理由は、以下の通りです。

1.男性は本能的に女性を嫌いになれない
2.嫌いという感情は一時的なもの
3.時間が経つにつれ嫌な思い出を忘れていく

元彼に完全に嫌われる原因3選は、以下の通りです。

1.重い女になって嫌われた
2.尽くし過ぎて嫌われた
3.別れた後、しつこくした

完全に嫌われた元彼と復縁する方法は、以下の通りです。

1.冷却期間を取る
2.LINEを上手に利用する

男性も女性を嫌いになることはあります。
しかし、お互いに好きになって付き合った彼女の場合、一時的に「嫌い」だと思っても完全に嫌われることはなかなかできないものです。
そのため、あなたが嫌われてしまったと思っていても、復縁できる可能性は0ではないということです。

元彼の本音を今すぐ確認するには?

今回の記事だけでは、どうしても確認できない「元彼の本音」「今後の2人の関係」を今すぐ知りたいという方は、老舗の電話占いヴェルニを利用してみるのもおすすめです。

えむえむえむえむ

私は好きな人の気持ちを占ってもらったのですが、彼の性格をズバリ言い当てられ、数分の鑑定だったので実質無料で鑑定してもらえました

初回鑑定では最大で2,000円分の無料ポイントがもらえるので、最大で約10分、実質無料で占ってもらえます。

とは言え最初は、電話占いは怪しい・怖いと思っていたので、同じ不安を抱えている方は私の体験談を掲載した 「ヴェルニは詐欺か徹底検証」「メール鑑定受けてみた」の記事も是非、ご覧になってみてください。

▶無料鑑定ありのヴェルニ詳細はこちら

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです