「モテる女が使う「さしすせそ」って何?」

と疑問に思っている女性は多いのではないでしょうか?

エムコ
「さしすせそ」は、
それぞれの頭文字を合わせたものですね。
恋愛部部長エイミー
今回は、「さしすせそ」の意味と、
さしすせそを使われた時の男性心理、
そして「さしすせそ」のアレンジした
使い方などをご紹介します。

ad by google

モテる女が使う「さしすせそ」とは?

モテる女が合コンで使うのが「さしすせそ」です。
これは、合コンに限らずどこでも使えるものなのですが、
男心を巧妙にくすぐるため、人気キャバクラ嬢も、「さしすせそ」を使いまわしているのだとか。

では、「さしすせそ」について言われた時の男性心理も踏まえて詳しくみていきましょう。

モテる女が使う「さ」:さすが!

さしすせその「さ」は、「さすがですね!」の頭文字です。

モテる女性は、男性が何か自慢話をすると

「さすが、〇〇さん!」

とすかさず褒めるのです。

では、何故男性は、「さすがですね!」と言われると嬉しいのでしょうか?

男性は、女性にとにかく尊敬されて「すごい男」であると実感できないと、
男としての自信が持てません。

ですから、「さすが!」と女性から言われるということは、
女性から尊敬されている・凄いと思われているという証拠でもあります。

そのため、男性は男としてのプライドがくすぐられる為に「さすが」
と言われると舞い上がってしまうのです。

夫婦仲が良く、夫を上手に扱っている奥さんはとにかく褒め上手です。

「さすが、あなた」「すごいわ、あなた」と言っておけば、男性が喜んで
動いてくれることを知っているのです。

男性は、可愛い子に会いにキャバクラに行くのではありません。
可愛い子に褒められて、尊敬されて「男としての自信」を持たせて
くれるからこそ、高いお金を払ってキャバクラに行きます。

それほど、男性は女性からの「尊敬」「褒め言葉」に飢えているのです。

モテる女が使う「し」:知らなかった!

さしすせその「し」は「知らなかった!」です。

こんな言葉があります。

男は女の「最初」になりたがり、女は男の「最後」になりたがる。

男性は、本能的にも女性の「初めて」になりたがります。

ですから、女性と一緒にデートに出かけて

「こんな楽しいデート、初めて!」

などと言われると、一気に心を奪われてしまいます。

「知らなかった!」という言葉は、この「初めて」の意味が込められています。

つまり、その情報を今まで知らなかった。

あなたによって(初めて)その情報を知る事が出来たという意味なので、
男性は「知らなかった!」と女性から言われると嬉しいのです。

モテる女が使う「す」:すごい!

先ほど、男性は女性から尊敬されたい・すごい男だと思われたいと
お伝えしました。

「すごい!」という言葉は、男性を手っ取り早くいい気分にさせる魔法の言葉
だと言っても過言ではないでしょう。

「すごい」という一言には、男性を「俺は凄い男なんだ」と満足させる威力があるのです。

モテる女が使う「せ」:センスいいね!

さしすせその「せ」は、「センスいいね」の頭文字です。

男性は、女性ほど褒められる機会がありません。

また、男性はオシャレに無頓着な人が多いので、「お洒落だね。」「センス良いね」
と言われる事は、ほとんどありません。

ですから、女性から「センス良いね」と言われると、素直に嬉しいですし
言われ慣れていないので、言ってくれた女性が印象に残りやすくなります。

お洒落ではない男性に、「お洒落ですね」「センス良いね」というのは
嘘になってしまいます。

ですが、男性が持っているカバンや、Tーシャツなど「可愛い」「お洒落」
だと思う事があれば、「そのカバン選ぶなんて、センス良いですね!」と褒めてあげましょう。

モテる女が使う「そ」:そうなんだ!

人と人がコミュニケーションを取るときに「相槌」はとても大切です。

あなたがもし、誰かに話をしていて、「へー」「なるほど」「そっかぁ」などの
相槌もなく、無言・無表情で話を聞かれていたらどう思うでしょうか?

「この人、私の話、ちゃんと聞いているのかな?」

と不安になって、それ以上、話しをしたくなくなるのではないでしょうか?

モテる女性は、男性が会話している最中に、
「そうなんだ!」「なるほど!」「すごいね!」「さすがだね!」などの相槌を
しっかりとしています。

そうすると、男性は「彼女は自分の話をちゃんと聞いてくれている。」
と感じ、話を聞いていてくれる=彼女は自分に好意を持ってくれている
と感じて、相手の女性に興味を持ち始めます。

「すごい」「さすが」という言葉を使うのに抵抗がある女性も、
「そうなんだ!」であれば、今日からでも使えるのではないでしょうか?

もっと男性からモテたい!と思っている女性は

以下の無料診断を受けてみましょう。

20歳以上限定ですが、あなたの恋愛傾向を数値化して具体的に分析してくれます。

恋愛傾向チェック

「さしすせそ」は男性に媚びているようで使えない?

モテる女性が使う「さしすせそ」は、男性に媚びているようで、
私のキャラには合わないという女性も多いのではないでしょうか?

しかし、「さしすせそ」はどんなタイプの女性でもアレンジして使う事が出来ます。

モテる女のさしすせそ「さ」のアレンジ

上司や目上の人には、「さすがですね。」と言うのに抵抗がない女性は多いかと思います。

しかし、年下の男性や仲の良い男友達に対しては、「さすが!」と言いずらいという女性も多いです。

そんな時は、冗談ぽく「さすが」を使ってみましょう。

「さすが、〇〇!意外とやるね!」
「さっすが〜(軽いノリ)」

軽いノリや、冗談ぽくアレンジすれば意外と抵抗なく使う事が出来ます。

モテる女のさしすせそ「し」のアレンジ

「知らなかったです〜」と言うのに抵抗がある場合は、

「ええっ!そうなの?初めて知った!」

など「初めて知った!」と言う言葉でも効果があります。

とにかく男性は、「こんなの初めて!」と女性に言われると嬉しいので、
「初めて知った!」と言う言葉は、人によっては「知らなかった」と言う
言葉よりも、威力があるでしょう。

そのほか、

「そんなの知らなかったー!」

などでもいいでしょう。

モテる女のさしすせそ「す」のアレンジ

「すごい!」と素直に褒めるのが恥ずかしい場合は、

「すごいじゃん!」と冗談ぽく言ってみたり、
「へ〜すごいね〜」などと、会話の自然の流れで「すごい」
を入れてみるといいでしょう。

モテる女のさしすせそ「せ」のアレンジ

「センスいいね」と言うことは普段、あまりないかと思いますし、
実際に、センスが良いと思ってもなかなか褒めるのは恥ずかしいですよね?

もし男性がセンスの良いネクタイをしてきていたら、

「そのネクタイ、イイね。」
「そのネクタイ、似合ってるね。」
「そのネクタイ、可愛いね。」

などでも、「センスイイね」と遠回しに言っているようなものなので、
「センスいいね」と言いずらい場合は、使ってみましょう。

モテる女のさしすせそ「そ」のアレンジ

「そうなんだ」のアレンジは、「なるほど〜」「そっかぁ」などがあります。

比較的、「そうなんだ」は使いやすい一言だと思いますので、
他の一言を言うのに抵抗がある女性は、「そうなんだ」から
使ってみましょう。

モテ女が使う「さしすせそ」以外の3つの会話テク

モテる女性は、男性との会話中にただ「さしすせそ」を
使っている訳ではありません。

男性をいい気分にさせるには、「さしすせそ」以上に、以下のテクニックが
必要になってきます。

モテ女が使う会話テク1.リアクション上手

男性は、女性の使う「そうなんだ」という言葉以上に、女性の
表情やリアクションを見ているものです。

無表情で「そうなんだ」と言われると、男性からすると
「無理して話に付き合っているのかな?」と思ってしまいます。

一方で、驚いた表情で「そうなんだー!」と言ってくれる女性が
いると「自分の話を興味を持って聞いてくれている。」「会話を楽しんでくれている」

といった印象を受けるので、男性側は心を開いてどんどん話したくなるものです。

男性は、基本的に興味のない女性の話は真剣に聞きません。
そして多くの男性は、女性も同じだと考えています。

ですから、自分の話にリアクションしながらちゃんと話を聞いてくれる女性が
いると、「彼女は俺に気があるのかも?」と思う男性も少なくありません。

男性は、「彼女なら、いけるかも」と思って初めて恋心を抱くので、
リアクションを取りながら話を聴くことは、男性の恋心のスイッチを
押すきっかけにもなるので、リアクション上手な女性はモテるのです。

モテ女が使う会話テク2.聞き上手

ある人気ナンバーワンのキャバクラ嬢は、
「さしすせそ」を上手に使っておけば、男性が勝手に気持ちよく
喋ってくれると語っていました。

例えば、最初のデートで男性側が
「俺ばかり、今日話してしまったな。」
と思うと、2回目のデートに必ず誘われると言われているほど、
男性にたくさん喋らせる事は、男性を楽しませる事と同じです。

モテる女性というのは、とにかく聞き上手です。
とは言え、ただ黙っているのが聞き上手ではありません。

先ほどの、「さしすせそ」を使いながら、「私はあなたの話をしっかり聞いてますよ。」
とアピールすると、男性も気持ちよく話すことが出来ます。

会話下手な男性の場合でも、相手の話を興味を持って聞いていれば、
必ず「質問したいこと」が頭に浮かんできます。

例えば、男性が「今日は仕事疲れた」という一言からでも、
会話はいくらでも広げることが出来ます。

「今日は、残業だったんですか?」「お仕事は何されているんですか?」
「今日は忙しかったんですか?」など、たわいもない
質問で良いのです。

そこから、男性が「いや、実はねーー」と語り出したらしめたものです。

「さしすせそ」を使って、相手の話をしっかりと聞きましょう。

モテ女が使う会話テク3.相手の話だけに集中する

例えば、あなたが好きな男性と会話するとき、どのような事を考えているでしょうか?

「この質問をしたら、変に思われる?」
「今の、私の髪型大丈夫かな?」

そんな事を考えながら会話していませんか?

この場合、あなたは相手の話を聞いているようで、
実際には意識が自分に集中してしまっています。

その雰囲気は相手にも伝わり、相手からすると「彼女は話を聞いてくれていない」
と思われることも少なくありません。

相手が好きな人でも、どんな人でも、
話を聞くときは、余計な事は考えずに相手の話だけに集中しましょう。

まとめ:モテ女が使う「さしすせそ」

モテ女が使う「さしすせそ」は、さすが・知らなかった・すごい・センスいい・そうなんだです。

女性の中には「そんな褒め言葉使うの恥ずかしい」と感じる人もいるでしょう。

その時には、さしすせそをもう少し軽めにアレンジして自然の会話の流れで使ってみましょう。

また、会話中に「さしすせそ」を使う以外にも、
しっかりと相槌・リアクションを取るなどのテクニックも必要です。

男性は、自分の話をしっかりと聞いてくれる女性に好感を持ちますし、癒されます。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです