「花右京メイド隊」「こいこい7」「学徒のベクトル」「サクラサクラ」などの作品で知られる漫画家のもりしげ先生が6月30日に亡くなりました。

死去したことは7月3日にニュースになりましたが、それ以前に、もりしげ先生が亡くなったという噂がツイッター上で話題となっていました。

ここでは、もりしげ先生の死因や、お嫁さんが起こしたトラブル、顔画像や年齢について調査しました。




漫画家もりしげ先生の死因とは?

もりしげ先生 死因
上記のように、「もりしげ公式アカウント」という名前で、死因が発表されています。

しかし、その後、アカウントは見られなくなり、現時点でアカウントが存在していません。

その為、ネット上では、「信憑性にかける」という声が多数、あがっています。

どうやら、「もりしげ公式アカウント」を運営しているのが、もりしげ先生のお嫁さんとのこと。
(本当かどうかは不明です。)

実は、もりしげ先生のお嫁さんは、昨年、騒動を起こしていたようです。

もりしげ先生のお嫁さんについて

2019年、「おしかけメイドの白雪さん」の連載が終了していますが、これにはお嫁さんの騒動があったようです。

そもそも、2001年までもりしげ先生は、1人で漫画を描いていましたが、2001年以降は、お嫁さんも加わり、「もりしげ」は、2人のユニット名だったとか。

ちなみに、騒動を簡単に説明すると、もりしげ先生だと思っていたツイッターアカウントで、お嫁さんが暴走したことがことの始まりだとか。

1年前に、このような騒動があったことで、もりしげ先生ご自身、相当、精神的に参っていたのでしょうか。

今回の、訃報にはいろいろな、憶測が飛び交ってしまうのは仕方ないことなのかもしれません。

もりしげ先生の経歴・顔画像は?

出身地:茨城県出身
生年月日:4月10日
年齢:不明

ろんどべる名義にて1996年に漫画家デビューされています。

漫画家のデビューの年齢としては、最も25歳前後が多いようです。
(デビュー年齢の幅は、17〜44歳とのこと。)

もりしげ先生が、仮に25歳前後でデビューしていたとすると、2020年現在は、44歳ですので40〜50代と若いかもしれませんね。

なお、もりしげ先生の顔画像や、似顔絵を検索しましたが、一切、写真などは見つかりませんでした。
徹底的に、お顔は非公表で活動されていたようですね。

死因はどうであれ…

死因はどうであれ、ここ1年ほど、いろいろとトラブルがあり、心身ともに疲れていたのかもしれません。
もりしげ先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです