ノーベル賞・医学・生理学賞の有力候補として、
京都大学大学院理学研究科教授の森和俊(もり かずとし)さんの名前が上がっています。

 

 

森和俊教授が発見した「小胞体ストレス応答」は、

 

がん細胞が小胞体ストレス応答を利用して増殖すると考えているため、

小胞体ストレス応答を制御する事で、がん細胞の増殖を抑える事が期待されています。

 

 

それだけでなく、「小胞体ストレス応答」は神経疾患など多くの病気と関係があると分かってきており、
さまざまな治療薬の開発が試みられています。

 

 

今回は、そんなノーベル賞・医学・生理学賞の有力候補である森和俊教授の私生活について迫ってみたいと思います。

ad by google

森和俊の家族・剣道について


森和俊さんはご結婚されていて、お嫁さんの他、息子さんと娘さんがいらっしゃいます。
娘さんについては、「真ん中の娘」という表記があるため、2人以上、娘さんがいらっしゃると思われます。

 

 

毎日会社までの10kmを自転車で通勤し、剣道は5段を取得しているほどの腕前を持ちます。

随分、剣道とは遠ざかっていたそうですが、息子さんが小学校に入学されてからは剣道を再開。

 

現在は、地元の小学校で剣道の初心者グループをボランティアとして指導されています。

 

さらに、右京署で活動する「太秦少年柔剣道愛好会」の部長としても活動されているそうです。

 

ちなみに、真ん中の娘さんとガーデニングをするのも趣味なのだとか。

忙しい研究生活の中で、趣味だけでなく家族サービス、地域貢献している事がうかがえます。

(引用元:森研究室

森和俊は、鷲羽山・辰吉と同じ中学出身

森和俊さんは、岡山県倉敷市の倉敷市立味野中学校の出身です。

元関脇の鷲羽山佳和(わしゅうやま よしかず)さんと、

元WBC世界バンタム級王者の辰𠮷 𠀋一郎(たつよし じょういちろう)と同じ中学出身なのだとか。

 

岡山県倉敷市では、多くの有名人を排出しているんですね。

 

森和俊さんの経歴

中学で、素粒子物理学に興味を持ち、1949年にノーベル賞を受賞した湯川博士に憧れて京大理学部を目指します。

京大理学部への入学は叶わなかったものの、京大工学部合成化学科へ現役で合格。

その後、1985年岐阜薬科大学助手となり、30歳で渡米。
1989年テキサス大学で研究員となります。

 

 

その後、株式会社エイチ・エス・ピー研究所の研究員を経て、
京都大学大学院生命科学研究科助教授の助教授となり、
同大学院の教授となります。

 

 

ちなみに、2015年にも森和俊教授は、ノーベル賞候補となっていますので、
今回が2度目となります。

森和俊の家族・剣道まとめ

森和俊さんは、30歳ごろに結婚され渡米。

ご家族は、息子さんと娘さんがいらっしゃいます。
(おそらく、娘さんは2人以上)

趣味の剣道を通して、息子さんに剣道を指導したこともあり、
地域の子供達に剣道を教えています。

また、休日は娘さんとガーデニングを楽しむなど家族サービスも忘れていません。

私が、翌日から便秘から解放された方法とは?

翌日からどっさり出た
・しかも、お腹が痛くならない
3年以上続けて飲んでいても毎日スッキリ
便秘薬から解放された

その方法が知りたい方は以下よりご覧ください。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです