弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所が破産手続き開始しました。
清算人は、川島浩弁護士で、破産管財人は岩崎晃弁護士。

弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所の代表であり弁護士の川島浩さんの経歴などについて調査しました。




弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所、破産手続き開始決定

弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所(TDB企業コード:686006787、東京都港区新橋2-12-17、清算人川島浩氏)は、6月24日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は岩崎晃弁護士です。

 当法人は、2012年(平成24年)4月設立の法律事務所。個人向けでは債務整理、離婚・家庭内問題、交通事故、労働問題、不動産問題、B型肝炎給付金請求など、法人向けでは一般企業法務、事業再生・倒産といった案件を手掛けていた。

特に過払い金請求訴訟や、B型肝炎給付金請求訴訟に関しては積極的な広告展開を行い、弁護士法人として一定の知名度を有していた。

 しかし、6月10日には総社員の同意により解散、会費の未納が発生していたことで、第一東京弁護士会から破産を申し立てられていた。

 負債は約51億円。Yahoo)

川島浩弁護士の顔画像・経歴

川島浩弁護士
http://keiji-bengo.jp/entry7.html


代表の川島浩 (かわしま・ひろし)さんの生年月日は不明ですが、2007年03月に「中央大学法学部政治学科卒業」とありますので、ストレートで大学入学・卒業していれば、35歳前後(2020年現在)でしょうか。

2009年03月に、明治大学法科大学院を修了し、2009年09月新司法試験に合格。

その後、司法研修所入所(新63期)し、2010年12月 司法修習修了、弁護士登録となります。
第一東京弁護士会所属です。

2014年02月に、「大和法律事務所」を開業。

弁護士法人大和法律事務所の代表を務めた後に、2017年08月28日、「弁護士法人大和法律事務所」が「弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所」に合流したことに伴い、弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所の代表に就任されます。keiji-bengo.jp

川島浩弁護士は、Twitterアカウントもありましたが、現在は削除されています。

川島浩弁護士

以下、アカウントは存在しませんと出ます。

川島浩弁護士

インスタグラムのアカウントも削除されています。




なぜ、破産?弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所の破産理由とは?

弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所といえば、CMをするほどの大手法律事務所です。
そんな事務所が、負債は約51億円で破産したのは何故なのでしょうか?

追記:破産理由については以下の記事をご覧ください。

その破産理由については、現在詳しいことはわかっていませんが、NHKでは以下のように報道されています。

「調査の結果、過払い金の保管状況に不明な点があり、依頼者に返還することが困難な状態に陥っている疑いがあることも判明した。」

第一東京弁護士会は今後、詳しいいきさつを調べたうえで、処分についても検討するとしています。

「過払い金の保管状況に不明な点」ということは、なにか事務所側に落ち度があったということでしょうか。

これから、詳しいいきさつは調査するとのことですので、破産理由についても新たな原因が分かることでしょう。

詳しいことが分かり次第、こちらでも更新していきます。

世間の声


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです