南正人さんが1月7日、76歳で死去されました。
ここでは南さんの顔写真や経歴、ご家族についてご紹介します。

南正人さんライブ中に死去

南正人さんは、神奈川にある「THUMBS UP」で行っていたライブの最中に意識を失い、搬送先の病院で亡くなりました。
ステージ上ですでに息を引き取っていたとのことです。

【顔画像・写真】南正人の経歴とFacebook

南 正人(みなみ まさと)
生年月日:1944年3月3日
出身地:東京都杉並区
学歴:東京都杉並区出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/people/%E5%8D%97%E6%AD%A3%E4%BA%BA/100025580120003

南さんは東京外国語大学に在学中、20歳のとき(1964年)に大学を休学し、2年間世界に放浪の旅にでかけています。
メキシコ、アメリカ、イギリスなどヨーロッパ各地を放浪し、帰国後は大学を卒業。

卒業後は、都内のバーで弾き語りのバイトをし、その後、高田 渡(たかだ わたる)、遠藤 賢司(えんどう けんじ)、真崎 義博(まさき よしひろ)さんらと日本語のフォーク・ソングチーム「アゴラ」に参加し活動をスタートさせました。

音楽だけでなく、海外ミステリーなどの翻訳なども手掛けており、翻訳専門学校にてゼミの指導者としても活動されていました。

南正人の嫁は南研子


南正人さんは結婚されており、奥さんは南研子さんという方です。
ただ、元奥さんとの情報もあり、現在も夫婦関係かは不明です。

南研子さんは、熱帯森林保護団体(RFJ/RainforestFoundation Japan)の代表を務めておりエッセイなども出版されています。
RFJというのは、アマゾンの熱帯林や先住民を保護することを目的として設立されたNGOです。

南正人の息子は南泰人でドラマー

正人さんには息子さんがいらっしゃいます。息子さんの名前は泰人さんでドラマーとして活動されているようです。
泰人さんについては詳しくわからないものの、既に大学時代からバンドを組んでいた模様。

お父様ともセッションをされていたようですね。

世間の声

最後まで現役だった南さん

南正人さんは、76歳で死去されましたが亡くなったのはライブ中と生涯現役を貫き通した音楽家でした。
音楽活動だけでなく、翻訳などを手掛けてきた南さん。

また1人素晴らしいシンガーが亡くなったことは大変残念です。
南正人さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです