兄弟コンビの「ミキ」の兄・昴生(こうせい)さんの幼なじみで元相方が、6月24日放送の「あいつ今何してる?」に登場しました。
今回は、その幼なじみ兼・元相方についてご紹介します。

 




 

ミキ昴生の幼なじみで元相方!菱野健太【画像】

菱野健太

京都の小学生時代からのミキ昴生さんの幼なじみの菱野健太(きしの けんた)さんは、大学も同じ。
1番最初にコンビを組んだのが菱野健太(きしの けんた)さん。小中学校が一緒で親友だったとのこと。

大学3年生の時に、コンビを結成し、結成5ヶ月後にM1グランプリにも参加。
2回戦までに進むものの、敗退。

その1年後に、菱野さんは楽屋にスーツで来て、就職活動。
その後、「就職が決まった」と言って、メールで「やめたい」と伝えたと言います。

それで、ミキ昴生さんとは喧嘩別れみたいな感じとなり12年間音信不通に。

菱野健太

菱野さんは、当時のことを「後にも先も人を裏切ったと思ったのは、その時だけ」だと語り、ミキ昴生さんとのお笑いへのモチベーションの温度差があった。自分が軽かったんだと思うと語っていました。

現在、菱野さんは建築業をしており恵比寿の1kでひとり暮らし。彼女は7年いないそうです。




ミキ昴生の元相方として有名なインディアンス・田渕

この投稿をInstagramで見る

 

インディアンス田渕(@akihirotabuchi)がシェアした投稿

2012年に弟の亜生さんと「ミキ」を結成していますが、結成前には1年後輩の田渕章裕(たぶち あきひろ)さんと、「やぶれかぶれ」というコンビを組んでいました。

当時、弟の亜生さんはお兄さんのファンで歴代の相方を見てきたそうですが、田渕さんの場合は「これは売れた」と思ったそうです。
昴生さんは、田渕さんを見て、コイツは凄いと思って口説いていたそうで、ちょうど、田渕さんが解散したことからコンビを組みました。

ネタは田渕さんがボケで、昴生さんが乗っかるというスタイルでしたが全く受けず、数ヶ月で解散。
その後、昴生さんは全くお笑いをやらず、アルバイト生活を送りました。(iza)

昴生(こうせい)の経歴

昴生(こうせい)さんの本名は、三木昴生(みき こうせい)。
1986年4月13日生まれの京都府京都市出身です。
中学時代、サッカー部に所属していましたが、サッカー部の1年先輩には相席スタート・山添さんがいます。

京都府立北稜高等学校を卒業しており、先輩にはチュートリアルの2人や、おいでやす小田さんがいます。
その後、花園大学卒業しますが、チュートリアルの徳井義実さんは高校だけでなく大学の先輩でもあるようです。

ad by google

昴生(こうせい)の嫁について

私生活では、2018年6月8日に一般女性(通称:マミちゃん)と結婚。
マミさんとは、約9年の交際期間で、昴生さんが大阪に来て間もない頃、知り合いの居酒屋の常連同士だったそうです。

顔は、重盛さと美さん似の美人さんということで、昴生さんから好きになり交際スタート。
昴生さんが23歳頃の時に出会ったようですね。

ファーストキスも居酒屋だったとか。

弟・亜生の経歴

亜生(あせい)さんは、1988年7月22日生まれのボケ担当です。
亜生さんが、お兄さんの昴生さんを誘って「ミキ」が結成されました。

亜生さんは学生時代からモテていたようで、昴生さんは2歳年上ですので苦労が絶えなかったと言います。
あるテレビでエピソードを話していましたが、昴生さんは、亜生さんのお兄さんだからかっこいいと思われて、見に行ったらガッカリされるパターンが多かったのだとか。

ちょっと残念なエピソードです。

亜生さんは、女性ファンからの人気がありかねてより「格差」をネタにされていましたが、近年では昴生さんは俳優としても大活躍しており、お互い得意な分野で活躍されていますね。

ミキに対する世間の声

ミキは兄弟仲が良く、ファンの人たちにも優しいと、その人柄に惹かれているファンも多いのだとか。
昴生さんは、結腸炎で入院していましたが、これからも第一線でドラマ・お笑いで活躍していってもらいたいものです。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです