キムラ 緑子(きむら みどりこ)さんと言えば、
最近ではNHK連続ドラマ「ごちそうさん」で
意地悪な和枝役を演じられたのが記憶に新しいかと思います。

そんな、キムラ緑子さんの旦那さんと言えば
劇作家であるマキノノゾミさんです。

お二人は、離婚されて再婚されていますが、その理由が衝撃的なので
お二人の出会いから、離婚・再婚までの道のりを
ご紹介いたします。

キムラ緑子さんについて

キムラ 緑子(きむら みどりこ)
本名:木村 緑子
生年月日:1961年10月15日(52歳)
出身地:兵庫県洲本市
学歴:同志社女子大学学芸学部卒業

大学在学中は演劇部に所属。
卒業後は、淡路島で塾を経営されていたそうです。
(はなまるマーケットより)

旦那さんは2つ年上の劇作家でありキムラ緑子さんも
所属されていた「劇団M.O.P.」主宰のマキノノゾミさん

 

二人の出会いから結婚・離婚・復縁するまでの道のり

NEWSポストセブンによると

お二人の出会いは、緑子さんが大学生の頃、
演劇サークルで出会ったそうです。

そこで緑子さんは、マキノさんに一目惚れ。
その後、マキノさんが、「劇団M.O.P.」を立ち上げた為、
緑子さんは劇団に入る為に家を飛び出します。

家からは勘当状態だったので、緑子さんはカレー店などで
アルバイトをしながら生計を立てていたそうです。
そして1992年頃に2人は結婚を決意します。
その後、女優として順調に活躍されていた緑子さんですが、
ある日「旦那さんが演出家なんだから良い仕事が来るのよ」
と陰口を叩かれたそうです。

そこで緑子さんは「実力の世界でやってやる!」という思いで
離婚を決意。結婚して13年目の時でした。

マキノさんも「毎日必ず連絡を取り合うという約束を守るんやったら」
という条件の元、彼女の気持ちを尊重し離婚を認めたそう。

結局は、離婚してからもふたりは自宅を行き来して
仲の良い関係が続いていました。

そして、マキノさん主催の「劇団M.O.P.」が解散した2010年頃、
再び、復縁されました。
さらに詳細を知りたい方はNEWSポストセブンをご覧ください

参考文献:NEWSポストセブン

結婚13年目。さらには仲も良好という上で離婚を決意された緑子さん。
「自分の実力で、這い上がってきていない」と他人に思われていた事が
女優としては心底許せなかったのでしょう。

「それじゃあ、離婚して一人でも良い演技をしてみせるわ!」という
意気で離婚された緑子さんは男前すぎです。

そういう男前で、威風堂々とされているからこそ、女優として成功し
良い演技ができるのだと思います。

また、そういった彼女を受け入れているマキノノゾミさんもまた男前だなと
感じます。

お二人の間には、強い信頼関係があったからこそ、復縁も、上手くいったのでしょう。
これからは、お互いに良い影響を与え合う事に遠慮せずに
活躍していって頂きたいと思います。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです