スポンサーリンク


この記事では以下の内容を解説します

①会う頻度が減った彼氏の心理5つ
②遠距離じゃないのに月1しか会えない5つの理由

この記事では、心理学の視点から「会う頻度が減った彼氏の心理5つ」と「遠距離じゃないのに月1しか会えない5つの理由」について解説しています。

スポンサーリンク

会う頻度が減った彼氏の心理5つ

1.単純に忙しい

LINEの返信が返ってこない・電話しても出てくれないなどの別れのサインが彼から出ていなければ、単純に今、忙しくて会う時間が取れない可能性が高いです。

女性の脳はマルチタスク脳と言われており、1度に複数のことをこなすことができますが、男性はそうはいきません。

男性の脳は、1度に1つのことにしか集中できない「シングルタスク脳」と言われており、仕事などに夢中になっている時は彼女や趣味のことなど別のことは考えられなくなるのです。

特に男性が仕事で重要なプロジェクトを任されていたり、資格試験を控えているなど、何かに集中している時ほど恋愛のことを考える余裕がなくなります。

ある程度、彼女と安定した関係を築けているのであれば、「彼女なら、きっと理解してくれる」という甘えもあるので、彼女のことを後回しにしてしまうのです。

2.言い争いになるのを恐れている

最近、あなたと彼が喧嘩したり言い争いすることが多いのなら、彼はあなたとのコミュニケーションを避けているのかもしれません。

あなたと言い争いになるのを恐れて、本音で語らなくなったり大事なことを話題に出さなくなる男性もいますが、それ以前に、「会うのを避ける」人もいます。

心理学者マーク・ナップの恋愛関係の段階的な変化を表した「ナップの対人モデル」によると、関係の発展と破綻にはそれぞれ5つのステップがあるとされています。

破綻のステップでは、相違→制限→停滞→回避→終結の順に関係が破綻していきます。

お互いに壁を作り大切なことを話題に出さなくなる段階は、「制限」。

そもそもコミュニケーションを避けて会わなくなるのは、もっと関係が悪化した「停滞」「回避」のステップにいると言えます。

このままコミュニケーションを取らずにいると、破綻に向かうだけです。
そのため、お互いに冷静になり相手の意見を受け入れる姿勢を見せ、話し合う機会を設けることが大切です。

3.関係がマンネリ化している

交際期間が長くなるにつれて、ドキドキやときめきを感じる恋愛ホルモンの分泌量は減少していきます。

特に男性は、「釣った魚に餌はやらない」と言いますが、結果重視の男性にとって恋愛のゴールは相手を手に入れることです。

そのため、告白して付き合う前後のタイミングが男性の恋愛感情のピークだと言われています。

その後は、未完成のものに強く惹かれる「ツァイガルニク効果」が薄れて、パートナーにどんどん興味を失っていくのです。

いつまでも彼氏や夫に追いかけられ愛され続けられる女性というのは、付き合った後もミステリアスな部分を残すなど、上手に「ツァイガルニク効果」を働かせていると言えます。

「ツァイガルニク効果」が薄れてくると、カップルはマンネリ気味になってきます。
こうなると、デートは常に彼の家だけになったり、会う頻度が徐々に減ってきたりするのです。

マンネリ化を解消するには、一緒にレジャー活動をするなどして、新しいもしくは初めての体験を共有することが効果定期です。

心理学の研究によれば、共通のレジャー活動が多い夫婦は、結婚生活の満足度が高いだけでなく、離婚の危機が少なくなるというデータがあるようです。

4.気持ちが冷めた

男性は、自分が信用されていないと感じたり、「嘘をつかれた」などの信頼を裏切る行為をされた、そして、パートナーの性的な魅力の減少を理由に気持ちが冷めてしまうことが多いです。

例えば、彼女に常に浮気を疑われていると「自分は信用されていない」と男としての自尊心を傷つけられ、「彼女と一緒に居ても、自分に自信がなくなるだけだ」と感じるようになり、気持ちが冷めていきます。

その他、彼女に浮気されるなどの信頼を裏切る行為や、彼女が女を捨ててしまって女として見れなくなった時にも、別れを意識し始めるようです。

こういった理由によって気持ちが冷めてしまい、必然的に「会いたい」という気持ちが薄れていき、会う頻度が減少している可能性があります。

このタイミングで彼を責めると、別れの時期を早めることがほとんどなので注意が必要です。

以下の記事も、参考になります。

しばらく連絡しない効果10選|男は放置が一番が本当である理由【彼氏&片想い編】

スポンサーリンク

5.自然消滅を狙っている

既に彼氏の気持ちが冷めていて、自然消滅を狙っている可能性があります。
徐々に会う頻度を減らして、あなたに「別れたいことを察して欲しい」と考えているのです。

別れたいと思った時に、直接会って言ってくれる男性もいますが、そうでない男性も意外に多いものです。
できれば、彼女が泣く姿を見たくないですし、言い争いになるのも面倒なので、別れ話をすることを避けたいと考えています。

会う頻度が減っていくだけでなく、LINEの返信が遅くなったり未読無視が多くなったりする場合、彼は自然消滅を狙っているのかもしれません。

自然消滅の基準については、以下の記事が参考になります。

彼氏が音信不通にする心理5つ&いつまで待つのが正解?自然消滅や別れが目的の場合も

会う頻度が減った彼の本音とは?

占い

このように、会う頻度が減った彼の心理は様々です。

そこで、彼の本音を知る方法の1つとして「占い」「スピリチュアル」があります。

占いを信じない方もいらっしゃるかと思いますが、目に見えない力(透視・波動修正など)を活用することで、彼の気付いていない本音を探ることも可能です。

 

えむえむえむえむ

私は好きな人の気持ちを占ってもらったのですが、彼の性格をズバリ言い当てられ、数分の鑑定だったので実質無料で鑑定してもらえました

占いには対面鑑定だけでなく、自宅で気軽に当たる占い師に占ってもらえる「電話占い」「メール占い」もあります。

ただ占いサイトの選び方を間違えるとデタラメな事を言われる事もあるので注意が必要です。

私や恋愛サイコのスタッフが利用しているのは、厳しい審査基準を満たした占い師しか所属できない業界大手の老舗「電話占いヴェルニ」です。

(体験談はこちら▶「えむえむ電話占い体験談」「うさ子メール占い体験談」)

 

今なら初回無料(最大4000円分)で占ってもらえるので、興味のある方は以下より詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

 

【初回最大19分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※18歳以上限定

 

うさ子うさ子

無料通話分で占ってもらうには、「彼は私に冷めてる?」「彼にとって私は本命?」など、具体的に質問したいことを決めておくことがポイントだよ!

スポンサーリンク

遠距離じゃないのに月1しか会えない5つの理由

えむえむえむえむ

では、遠距離でもないのに月1でしか会えなくなる場合には、どういった理由や男性心理が隠されているのでしょうか?

1.社会人になるなど環境が変わった

学生時代であれば、週に2〜3回以上デートをするカップルは珍しくはありません。
しかし、社会人になると単純に忙しくなるだけでなく、職場の付き合いが増えたり、精神的に余裕がなくなることもあります。

また、遠距離まで行かなくとも仕事の関係で、これまでとはお互いの自宅の距離が離れてしまうことも少なくありません。

このような環境変化により、これまでのように頻繁に会うことが難しくなるケースも多いものです。

ただ、最初は余裕がなく月1しか会えなくとも、変化に慣れてくれば、徐々に会う頻度も増えてくる可能性があります。

2.今は忙しくて余裕がない

「会う頻度が減った彼氏の心理5つ」と同様、今はただ単純に忙しくて余裕がないことが考えられます。

彼氏が残業続きだったり、資格に向けて勉強中などであれば、その可能性が非常に高いと思われます。

3.そこまで強い気持ちがない

LINEの返信が極端に遅いなどの別れの兆候が見られなければ、あなたにさほど強い気持ちがないと言えます。

人間は恋愛関係において、相手から得られる「報酬」と自分が費やす「コスト」のバランスを考えて動いています。そして人は、「報酬」から「コスト」を引いた「成果」が大きくなるように行動します。

このような考え方を、「社会的交換理論」と呼びます。

しかし、恋愛において「成果」が大きすぎると、満足度は低くなり、2人の関係は長続きしません。
2人の関係が長続きするのは、成果がほぼ0もしくは少し大きい、つまりお互いに「同等」の関係が最も長続きしやすいのです。

「社会的交換理論」で考えると、彼は「月1回のデート」が、最も満足度の高い付き合い方だと思っている可能性が高いです。

彼は、あなたにかけるお金と時間は月1のデート(コスト)で、楽しい時間(報酬)が得られれば満足だと考えており、あなたを嫌いではないものの、そこまで強い気持ちがないと考えられます。

4.別に本命がいる

遠距離でもなく忙しいわけでもないのに、月1しか会えない場合、あなたが本命ではない可能性が高いです。
他にも複数付き合っている彼女がいる、もしくは既婚者であることも考えられます。

どんなに遊び人の男性でも、本命女性は何よりも優先します。

本命女性とのデートの時間が最も大切なので、それ以外の女性とのデートは後回しになってしまうのです。

当日にデートに誘われたり、ドタキャンされることが多いなら、別に本命女性がいる可能性があります。

以下の記事も、参考になります。

都合のいい女診断チェックリスト15項目&本命との違い5つとは?【心理学】

5.別れを考えている

「会う頻度が減った彼氏の心理5つ」でも解説したように、人は別れを考えた時に物理的な距離を取ろうとします。

そのため、会う頻度が2週間に1回、そして1カ月に1回とどんどん減っていくのです。

これまで頻繁に会っていたにも関わらず、月1デートが続き、彼発信の連絡が減ってきたのであれば、彼はあなたとの別れを考えている可能性があります。

以下の記事も、参考になります。

別れが近いカップルが出すサイン7選&彼氏彼女と別れない方法【心理学】

スポンサーリンク



【結論】忙しいor冷めている可能性も

えむえむえむえむ

今回の記事の内容をまとめると、以下の通りです。

・会う頻度が減った彼氏の心理5つ
1.単純に忙しい
2.言い争いになるのを恐れている
3.関係がマンネリ化している
4.気持ちが冷めた
5.自然消滅を狙っている

・遠距離じゃないのに月1しか会えない5つの理由
1.社会人になるなど環境が変わった
2.今は忙しくて余裕がない
3.そこまで強い気持ちがない
4.別に本命がいる
5.別れを考えている
うさ子うさ子

会う頻度が減るのは単純に忙しいか、冷めているかの可能性が高そうだね

(※)参考文献

斎藤 勇「男女がうまくいく心理学辞典」(朝日新聞出版)
金政裕司/相馬敏彦/谷口淳一「図解 史上最強よくわかる恋愛心理学」(ナツメ社)
黒木俊秀/小野良平「ひと目でわかる心のしくみとはたらき図鑑」(創元社)

【無料占い】彼氏の気持ちを占う

・彼からいつプロボーズされる?
・彼は私に本気?

などのお悩みを、電話占いヴェルニなら圧倒的な的中率を誇る占い師に相談することができます。
メール占いもあり)

◎今だけ初回無料(最大4000円分)

【初回最大19分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※18歳以上限定


スポンサーリンク


こちらもおすすめです