映画「妖怪大戦争ガーディアンズ」でろくろ首を演じるのは、北海道出身のハーフモデルメドウズ舞良さんです。


父親は、北海道の大学で准教授をしており、お兄さんはカナダの大学に進学しています。

ここでは、メドウズ舞良さんの詳しい経歴やご家族についてご紹介します。

スポンサーリンク

【画像】妖怪大戦争ガーディアンズろくろ首役はメドウズ舞良

映画「妖怪大戦争ガーディアンズ」の主演は、寺田心くんです。
この作品には、ろくろ首が登場しますがろくろ首を演じるのは、ハーフモデルのメドウズ舞良(まいら)さんです。

スポンサーリンク

【画像】メドウズ舞良の父親はカナダ人で准教授

メドウズ舞良(メドウズ まいら)
生年月日:2001年1月10日
出身地:北海道名寄市
身長:156cm
血液型:O型
所属事務所:TWIN PLANET ENTERTAINMENT

メドウズ舞良さんの父親はカナダ人で、母親は大阪出身の日本人ということでハーフです。
家族構成は、父・母・兄の4人家族となります。

高校2年生のときに、Instagramでスカウトされ2018年「顔面最強女子決定戦」でグランプリを受賞しています。

陸上でインターハイ北海道大会に出場

小学生の頃はバレーボールをしていましたが、中学ではバレー部がなく学校で足の速い人達が集まり「中体連陸上」の試合に出たことがきっかけで、高校1年生の冬より陸上部に所属。

高校3年生のときには、七種競技など複数種目でインターハイ北海道大会(全道大会)に出場するほどの実力者です。

大学には進学せず?

メドウズ舞良さんは、高校3年生の時点では大学の進学を目指していたようです。
しかし、VOCE専属モデルオーディションを受けグランプリを受賞し、以下のようにコメントされています。

VOCE専属モデルオーディションは進学か芸能界に入るかを決断するタイミングでの最後のチャンスだったので絶対に獲りたいと思ってました。グランプリに決まった時はやっとオーディションに受かったと思って安心しました。
(引用元:walkerplus.com

このコメントから推測すると、大学進学は目指していたものの芸能界入りを決断し、芸能活動に専念されている可能性が高いと思われます。

父親は名寄市立大学准教授のマーティン氏

メドウズ舞良さんの父親の画像はこちら

メドウズ舞良さんの父親は、メドウズ・マーティンさんという方です。
北海道の名寄市立大学保健福祉学部・教養教育部にて、准教授を務めており英語を教えています。
専門分野は「応用言語学」とのことです。

メドウズ・マーティンさんはカナダ出身で、1990年に来日。
カナダのトレント大学でスペイン言語と文学を専門し、1983年に卒業。

その後、トロント大学教育学部にて、高校教員免許を取得。

1992年にALT(外国語指導助手)として名寄市に渡り、1994年より市立名寄恵陵高等学校の専任講師、名寄市立短期大学の非常勤講師として勤務。

名寄市立大学には、2006年に着任されたとのことです。

1983年に大学を卒業されたということですので、ご年齢は60歳前後だと思われます。

兄は2つ年上でカナダの大学へ進学

父がカナダ出身で、2つ上の兄もカナダの大学に進学しています。
(引用元:yahoo

メドウズ舞良さんのお兄さんは、2つ年上で2021年1月のインタビューでは、上記のように「2つ上の兄もカナダの大学に進学しています。」と答えている通り、現在はカナダの大学生をされています。

スポンサーリンク

女優としてのメドウズ舞良にも期待

VoCEの専属モデルとして活躍されているだけでなく、これまでにテレビドラマなどにも出演経験があります。
そして今回、妖怪大戦争ガーディアンズでろくろ首を演じられています。

今後、女優としてのメドウズ舞良さんの活動にも期待しています。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです