松山英樹さんは、2017年に1歳年下の芽緯(めい)さんと結婚され、叶夏(かんな)ちゃんが生まれています。
ここでは、奥さんの芽緯(めい)さんとの馴れ初めや、どんな人物なのかを解説します。

スポンサーリンク

松山英樹の嫁・芽緯(めい)さんの画像は?

松山英樹さんは、2017年1月に1歳年下(学年的には2学年下)で一般女性の芽緯(めい)さんとご結婚されています。

彼ご自身、あまりご家庭を見せない人のため、奥さんの画像などについては今のところ公開されていません。

奥さんの外見については、以下のように報道されています。

「黒髪のショートカットで身長は160cm弱ほどのかわいい子。“豪邸に住むお嬢様”なんて報道もあったけど、普通の家庭のお嬢さんですよ。ただ、松山に対しても言うべきことはハッキリと主張できる芯の強い子です」
(引用元:NEWSポストセブン

しかしながら、○田芽緯さんという1993年6月生まれで、松山さんの1歳年下、明徳義塾高校、東北福祉大学のゴルフ部で兵庫県出身のゴルフ選手(アマチュア)の経歴・写真がネットに掲載されています。

松山さんの奥さんの旧姓が○田であるかどうかは不明ですが、松山さんの奥さんとあまりにも経歴が似ているので、もしかするとこの方が奥さんの可能性も考えられます。ただし、明確な確証はありませんので画像の掲載はここでは致しません。

興味のある方は、ネットで検索してみてください。

なお、外見は女優・榮倉奈々さんに似ているとのことです。

ただ、奥さんの芽緯(めい)さんの経歴や松山選手との馴れ初めについては、ある程度、詳しいことがわかっています。

松山英樹と奥さんの馴れ初めとは?

芽緯(めい)さんは、近畿地方出身で、松山さんと同じ明徳義塾高校を卒業しています。
この高校のゴルフ部は全国でも名を知られており、奥さんはそのゴルフ部の中でも高いレベルの選手だったとか。

おふたりが出会ったのは、明徳義塾高校ゴルフ部で2学年年下。
松山さんは、当時から奥さんにぞっこんで一途だったようで、交際も高校時代からで10年ほどの愛を貫いてご結婚されています。

妻・芽緯(めい)さんの経歴

芽緯(めい)さん自身、明徳義塾高校ゴルフ部の中でも実力のある選手でした。
彼女は、松山選手の後を追うように東北福祉大学に進学し、大学のゴルフ部に入っていますが、彼女自身にゴルフの実力があったからこそだと報じられています。

芽緯(めい)さんは、実は帰国子女で英語が堪能で、バイリンガルということです。

参考:zakzak

松山英樹の子供は叶夏(かんな)ちゃん

2017年7月17日、松山英樹さんには第一子となる娘・叶夏(かんな)ちゃんが生まれています。
2018年4月、マスターズの練習日には初めて報道陣の前にご家族が姿を見せ、芽緯(めい)さんも挨拶されています。

松山選手のキャディ・早藤将太さんについては以下の記事をご参考ください。

早藤将太プロキャディのwiki風経歴(出身高校)&インスタアカウント【顔画像】

スポンサーリンク

日本人初の快挙

松山英樹さんが、日本人初となるマスターズ制覇の快挙を成し遂げました。

日本に元気を与えてくれた

暗いニュースが続き、我慢をしいている人々に松山選手の快挙で、大きな希望・喜びとなりました。
おめでとうございます。

今後も、ご活躍を期待しています。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです