松尾共祥の顔画像・年齢は?西野カナの旦那は元マネージャー


西野カナさんが、自身の30歳の誕生日(3月18日)に結婚することが
報じられました。

お相手は、西野カナさんの元マネージャーで市川海老蔵さん似の目力の強い男性。

3年以上の交際期間を経てゴールインとなりました。

西野カナさんの旦那さんとなった元マネージャーの男性とは、
2016年12月13日号「FLASH」で熱愛が報じられています。

ad by google

西野カナの元マネージャーとは?

出典:flash(livedoor)

当時の報道では、2ひとは同棲状態で、一緒にジョギングに出かけたり、
近所の住民から、
「西野さんが不在中でも、男性が一人で出入りすることがあり、2人はずっと半同棲状態でした。近所のコンビニで買い物をする姿もよく見かけます」と話していたといいます。

なお、西野さんの自宅に、この男性は夜に帰宅し、翌朝出社している姿もキャッチされています。
(引用元:livedoornews)

西野カナさんの旦那さんについては以下のような情報が入っています。

Aさんは数年間、西野のマネージャーを務めていた。小柄だが、目力の強いイケメン。担当するタレントとの交際が発覚したことで、マネージャーを外れざるを得なかったが、本来、仕事はできる人。現在はグループ会社で働いている」(音楽関係者)
(引用元:livedoornews)

西野カナの旦那の名前は松尾共祥?顔の画像は?

西野カナさんとの熱愛が報じられ、今回、結婚した男性の
元マネージャーは、松尾共祥(ともよし)さんだと言われています。

確かに、松尾共祥(ともよし)さんは西野カナさんのマネージャーを務めていました。

実際に、2011年の「音楽主義」という雑誌の「現場マネージャー物語」ではインタビューを受けており、

僕も1年前までは大学生でしたけど、彼女には頭が下がる思いです。
西野カナ担当 松尾共祥さん 株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ

と答えています。

 

View this post on Instagram

 

昨夜は松尾マネのバースデーサプライズ🎉 よいチームに恵まれました、、

RINA KATAHIRAさん(@katarina_81)がシェアした投稿 –

ネットでは、海老蔵に似ていないと言われていますが、
このインスタの画像を見ると、メガネをかけている男性はなんとなく顔の雰囲気が海老蔵さんに似ているので、
おそらく、誕生日でブーケを持っていることから、彼が松尾さんでしょう。

 

松尾さんの素顔は以下のツイッターでも確認できます。
こちらは、海老蔵さんには似ていないかもしれません。

松尾共祥さんの年齢とは?

ちなみに、松尾共祥さんの年齢ですが、
2009年に関西大学社会学部を卒業と言われています。

なお、大阪出身とのこと。

実際に、上記のインタビューは2011年の1月掲載文ですので、2009年卒業とみて間違いなさそうです。

また、同一人物かは不明ですが、2005年に同大学の「関西大学アカペラサークルBrooklyn304」に
所属する松尾共祥さんという方がいらっしゃいます。

大学を現役でストレートに卒業していたとすれば、1987年生まれの、
31歳ということになります。

若干、違いはあったとしても30代前半で、
西野カナさんより少しだけ年上の30代前半で間違いなさそうです。

片平里菜のマネージャーでもあった?

なお、松尾さんは片平里菜さんのマネージャーも務めていた経験があります。
先ほどのご紹介した松尾さんの画像は、片平里菜さん関係で検索すると
たくさん出てきました。

片平さんは『閃光ライオット2011』で審査員特別賞を受賞しており、
その後、松尾さんは敏腕マネージャーとして活躍。

松尾さんは当時、片平さんについて以下のように語っています。

「最初に『SCHOOL OF LOCK!』側から打診があった際は、じっくり時間をかけて育ててから世に出した方がよいのでは?という意見もありました。でも、私は彼女の良い意味で粗削りな魅力に賭けたかったんです。今は、育成過程も音楽的な進化も公開していますが、みなさんからの反響、応援の声をたくさん頂いています」(ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)・松尾共祥氏)
(出典:オリコンニュース

西野カナの旦那さんまとめ

西野カナさんの旦那さんは、元マネージャーの松尾共祥さんである可能性が高いです。
ちなみに、松尾共祥さんは、片平里菜のマネージャー経験もあり、「まつおマネージャー」として有名だったようです。

年齢は、西野さんより少し年上の大阪出身の30代前半の男性です。
西野さんは、活動休止を発表しましたが、幸せな家庭を築いてほしいですね。


スポンサードリンク


関連記事


スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る