「きまぐれオレンジ☆ロード」などで知られるまつもと泉さんが61歳で死去されました。
公式サイトでは、病状などについて以下のようにコメントが掲載されています。(一部抜粋)

近年のまつもと泉は脳脊髄液減少症による不定愁訴に苦しみながらも
仕事復帰への意欲に燃えて闘病を続けてまいりましたが
数年前に手術をした心臓にも不安を抱えており、
残念ながら身体が保たなかったようです。
ただ医師によりますと、苦しむことなく睡眠中に
そのまま安らかに旅立ったとのことでした。
(引用元:サイキンのまつもと




まつもと泉が闘病していた脳脊髄液減少症とは?

まつもと泉さんは、1999年頃から、頭痛・首や方の痛みなどありとあらゆる症状に悩まされはじめたのでした。
最終的に、「歯の噛み合わせ」が悪いなどと言われ、原因は分からず「精神的なもの」と言われるように。

体調不良に悩まされだしてから4年、まつもと泉さんのお姉さんが「脳脊髄液減少症」に関する新聞記事を持ってきてこれが転機となったようです。

「脳脊髄液減少症」とは、事故などがきっかけで髄液が漏れ出す病気です。

2004年、45歳のときにようやく「脳脊髄液減少症」という病名が判明。
まつもと泉さんは3歳のときにひき逃げ事故にあっていたようです。

小さい頃から虚弱体質でしたが、もしかすると脳脊髄液減少症の症状だったのかもしれないと後に語っています。

参考文献:日刊ゲンダイヘルスケア

【顔画像】まつもと泉の経歴

まつもと泉(まつもと いずみ)
生年月日:1958年10月13日
出身:富山県高岡市

兄弟にはお姉さんがいるようです。
高校卒業後は、ミュージシャンを目指して上京するも楽譜が読めずデザイン系の専門学校に入学。
在学中に、自身の漫画作品を出版社に持ち込み、「週刊少年ジャンプ」の編集者に認められます。

その後、代表作でもある「きまぐれオレンジ☆ロード」の連載を1984年からスタートします。

ad by google

まつもと泉の家族(嫁・子供)について

まつもと泉さんは、1987年にお見合い結婚しており、奥さんがいらっしゃいます。
当時、まつもとさんは29歳くらいの計算になります。

お子さんがいるかどうかは不明です。

まつもと泉の作品

・きまぐれオレンジ☆ロード

・せさみ☆すとりーと

世間の声

「青春だった」「初めて買った漫画だった」「ヒロインたちに恋していた」と「きまぐれオレンジロード」は多くの人に影響を与えました。
近年では、脳髄液減少症の特集番組に出演されたこともあり、その印象が強かったようです。

ご冥福をお祈り申し上げます

脳髄液減少症の症状に悩まされ、闘病するも復帰はかないませんでした。
ファンの方々も、まつもと先生の復帰を心待ちにしていたことでしょう。

しかし、松本先生の作品はファンの人々の心に残り続けます。
ご冥福をお祈り申し上げます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです