マツコ・デラックスさんが所属する事務所「ナチュラルエイト」の社長が凄いとネットで話題となっています。
マツコさんが所属する事務所は小さいながらも、収益は大手事務所に匹敵すると言われるほどの株式会社ナチュラルエイトです。

なお、株式会社ナチュラルエイトの社長は、大橋由佳さん。

マツコの所属する事務所「ナチュラルエイト」とは?

ナチュラルエイトは、2009年9月に設立。
もともと代表取締役の大橋由佳さんは、くりぃむしちゅーがプライムに所属していた頃のチーフマネージャだったこともあり、プライムから移籍してきたメンバーを中心にタレントが所属しています。

所属タレントは、マツコ・デラックスさんを始め、くりぃむしちゅー、元NHKアナウンサーの有働由美、エイトブリッジ(別府ともひこ・篠栗たかし)などです。

【顔画像】大橋由佳の経歴

大橋由佳さんの顔画像

大橋由佳(おおはし ゆか)さんは、お笑い系の芸能事務所「プライム」の社員として活躍しており、当時は、くりぃむしちゅーのマネージャーを担当していました。
当時、マネージャーだった大橋さんは、くりぃむしちゅーが、「海砂利水魚」時代に、絶対に売れると確信して、テレビ局などに積極的に売り込んで行ったそうです。

そして、2009年、くりぃむしちゅーらとともにナチュラルエイトを設立し、代表取締役に就任されました。

なお、大橋さんが独立し、マツコさんが所属するわけですが、マツコさんも大橋さんの人柄に惚れ込んだそうです。

「マツコさんは、大橋さんのキャラクターに惚れ込んでいたんですよ。そして、ちょうど本格的に芸能活動を始めようとしていた時、マツコさんは『大橋さんが社長になるんだったら、その事務所に入るわ』と話していたとか。大橋さんもそんなマツコの思いに応える形で、独立を決断したようですね。
(引用元:excite)

大橋由佳さんは、やり手なだけでなく人望の厚い方だということがわかります。

私生活では、「バツイチ」ということだけがわかっています。
また、2006年頃に「大学生の娘さんがいる」ということだったので、娘さんがおり、2020年現在、娘さんは少なくとも30代になっていると思われます。




世間の声

逆にすごいね。自分の事務所の終わりを見据えて今から動いていく。それがタレント達の為でもあるし、自分の為でもあると。経営者として尊敬できる動きです。

社長が事務所をたたむ前の最後の優しさ、みたいに感じた。
自分が急にいなくなって事務所が立ちいかなくなったとしても、社員たちが路頭に迷わないようにするには厳しいけどもこうして突き放すしかなかったんだろうと思う。

表題見てネガティブな記事かと思ったら
有能な社長の話だった
コロナで社会全体が一変した今
こういう判断が必要とされているのはこの会社だけじゃない
この人は正当な事言ってると思う
決断が遅ければ共倒れ
この時期自力で生きる術を見つけた方がいい

引用元:Yahooコメント

ネットでは「真っ当を言っている」「有能な社長」だと社長を絶賛する声が多数みられました。

厳しくもあり愛がある

大橋由佳社長も、フリーでマネージメントをしてきて苦労されてきて今の会社を設立しています。
コロナの影響で、事務所の経営も困難になり、厳しいながらも愛のある方だと思います。

どんな時代でも生き残れる実力をつけて欲しいという社長の願いがみてとれます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです