映画「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」として映画化された、ブログ「一撃確殺SS日記」内の「光のお父さん」の原作者として有名なマイディーさんががんのため、亡くなりました。

ご自身のブログ「一撃確殺SS日記」では、ご自身の病気や、治療についての状況もこのブログ内で明かしていました。

ここでは、マイディーさんの年齢などについて調査してみました。




マイディーさんの年齢や顔画像は?


マイディーさんは、2009年にブログ「一撃確殺SS日記」を開設。
そして2014年8月に「光のお父さん」の連載をスタートさせます。

ちなみに性別は男性です。

初回は、「うちの父は60歳を越えています。」という文言で始まるので、2014年時点でお父様はだいたい60〜65歳くらいだと思われます。

 

マイディーさんの年齢は、このお父様の年齢しかヒントがありません。

しかし、お父様の年齢を考えるとだいたい30〜40歳くらいではないか?と予想する声が多いです。
なお、顔画像などは一切公開されていません。

ad by google

父親も胃癌で入院していた


マイディーさんはブログ内で自分の家系が「がん家系」であることを明かしています。
「光のお父さん」でも、父親が胃癌で入院したときのことを描いています。

マイディーさんは闘病生活について、ブログ内で投稿していました。

2018年11月に、緊急入院し癌だということを告げられます。
しかし、「いつかは自分も」と覚悟されていたようです。

とはいえ、2018年12月に完治したものの、2020年6月に再発。余命が半年〜1年であることを明かし、「緩和病棟」に入っていることも語られていました。

最後の投稿は、11月21日土曜日の夕方でした。

マイディーさんのブログ
http://sumimarudan.blog7.fc2.com/

世間の声

「緩和病棟」で何を思ったのだろう

わたしの母親も、膵臓癌で余命3ヶ月を告げられ、緩和病棟で最後は亡くなりました。
正直、緩和病棟はとても怖いところだと思っていましたが、入院した病院が良かったのかとても穏やかな時間が流れる不思議な病棟でした。

とはいえ、母親はどんどん動かなくなっていく身体で、「なかなか死ねない…」と辛い思いを語っていました。
1日1日と、どんどん体が衰弱していき、昨日まではギリギリ自分で人に支えながらもトイレに行けたのに、次の日にはベッドから起き上がることのできない状態になります。

マイディーさんは、恐らくまだお若いです。
そのような1日1日、自分の身体が弱っていくのを実感しながら何を思っていたのだろう?と思うと心が苦しくなります。

しかし、マイディーさんの残したブログ・作品はこれからも残り続けます。
マイディーさんのご冥福をお祈り申し上げます。

今、読まれています。

松坂桃李と戸田恵梨香いつから?交際期間は約2年か?成田凌とは2018年に破局


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです