2020年M-1グランプリで見事優勝を果たした「マジカルラブリー」。
今回のM-1でも、マジカルラブリーと上沼恵美子さんとの「因縁」について語られていましたが、一体、過去に何があったのでしょうか。




マヂカルラブリー上沼恵美子と3年前に何があった?

今から3年前の「M−1グランプリ2017」でその出来事は起こりました。

この年も、M-1の決勝への進出を果たしたマヂカルラブリーは、ミュージカルを題材とした漫才を行いました。

しかし、その結果、全員が低い点数をつけ、結果的には10組中10位の最下位という屈辱的な結果となったのです。

M-1といえば、最近はどんなに低くても90点前後の点数をつける審査員がほとんどです。
その中で、上沼さんは極端に低い点数「83点」をつけていました。

司会の今田さんにコメントを求められた上沼さんは、「ごめん、聞かないで」と発言。

その後、上沼さんは以下のように発言。

 「好感度上げようと思ったら審査員もね、いい点をあげれるのよ、押したらいいわけです。でも本気で挑んでるんで、みんな。本気で私も一緒に見てます」

これに対して、マヂカルラブリーの野田クリスタルさんは「(こっちも)本気で挑んでるから。本気でやってるから」と口を挟んだ。これに反応して、上沼がさらにヒートアップした。

(引用元:Number)

わたしも2017年、生放送でこのやり取りを見ていましたが、上沼さんが「冗談」で言っているのに対し、野田さんは「本気」で言っていたような印象でした。

これについて、Numberは、「彼女はあえて自分が悪者になることで、惨めな状態のマヂカルラブリーを救おうとしていた。」と考察しています。

実際、ネットでも上沼さんを擁護する声が多数あがっていました。

そんな上沼さんの想いは、マヂカルラブリーには届かず、今田さんに「最後に言い残したいことは?」と聞かれ、野田さんは、いきなりシャツを脱ぎ始めるという奇行をとり、上半身ハダカの状態で筋肉をみせてポーズを取り会場を沸かしたのでした。

正直、あの放送を見ていた視聴者は「え?どうしたの?」とびっくりしていたことかと想います。

これが、マヂカルラブリーと上沼恵美子さんとの「因縁」です。

以下は、当時のネットの声です。

その後、野田クリスタルさんは「僕は決めた。来年は上沼さんを笑わす一年にする」と決意を新たにしました。
そして今回、見事優勝を果たしたのです。

当時の2人のTwitterです。

世間の声

マヂカルラブリーの経歴

野田クリスタル(ボケ担当)
生年月日:1986年11月28日
本名:野田光(のだ ひかる)
出身地:神奈川県横浜市南区村上(ツッコミ)
生年月日:1984年10月15日
本名:鈴木 崇裕(すずき たかひろ)
出身地:愛知県新城市

個人的には見取り図推しだったが

決勝に進んだ3組どのコンビが優勝してもおかしくない接戦だったようにおもいます。
実際、マヂカルラブリーが3票、おいでやすこが2票、見取り図が2票という大接戦でした。

個人的には1番、見取り図が面白かったと思ったのですが、2020年はマヂカルラブリーが3年前の上沼さんとの因縁、そして最下位という屈辱を晴らす結果となりました。

今後、テレビでどのようにマヂカルラブリーが活躍していくのか楽しみですね。

ad by google

決勝3組に残ったコンビはこちら

見取り図

見取り図・盛山かっこいいデブ125kg→ダイエット後の変化【画像】

おいでやすこが

こがけん英語が上手な理由は高校も高学歴だから?【おいでやすこが(芸人)】


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです