馬淵優佳さんは子供が2人(娘)がいます。
父親は飛び込みコーチで有名な馬淵崇英さんで、父親・母親は中国上海出身で現在は帰化されています。

なお、馬淵優佳さんには美人姉もおり、今回は馬淵優佳さんのご家族についてご紹介します。




【顔画像】馬淵優佳の子供は2人で娘

馬淵優佳(まぶち ゆか)さんは、2017年5月24日に瀬戸大也さんと結婚。
その後、2018年6月26日に長女の優羽(ゆわ)ちゃんを出産し、2020年3月に第二子で次女となる望羽(のわ)ちゃんが生まれています。
馬淵優佳さんのインスタでは子供たちの写真がよく掲載されています。

あまり、顔が写っている写真は掲載していませんが、上記の投稿では唯一、お顔がなんとなくわかる画像です。

馬淵優佳の父親と母親は中国人で有名人?

ad by google

馬淵優佳の父親は馬淵崇英

馬淵優佳の父親は馬淵崇英(まぶち すうえい)さんで、旧名は蘇薇(スー・ウェイ)さん。
1963年10月20日生まれの中国上海出身です。

8歳から体操競技を始め小学校6年生で飛込競技をスタートするも、19歳で引退し指導者となります。
1988年、語学留学のため来日し、元五輪代表の飛込選手である馬淵かの子さんの誘いで「JSS宝塚」のコーチとなります。

同時に神戸国際大学経済学部に入学しながら、選手の指導にあたります。
なお、飛び込みの寺内健(てらうち けん)のコーチとしても知られており、寺内さんを日本選手権で最年少で優勝に導いています。
かなり練習には厳しく鬼コーチだったとか。

馬淵優佳の母親は誰?

馬淵優佳さんの母親は、名前が「馬淵」ということで、父親の崇英さんをJSS宝塚のコーチに誘った馬淵かの子さんの娘である馬淵よしのさんではないかと噂されています。

しかし、馬淵よしさんの夫は湯浅太さんということがわかっていますので、馬淵よしのさんは、優佳さんの母親ではありません。
苗字は、馴染み深くお世話になった馬淵さんに因んで、帰化したさいに苗字を「馬淵」にしたのかもしれませんね。

馬淵優佳の実の母親の名前は、優陽さんで、崇英さんより3歳年下です。
崇英さんと同じく中国上海市の出身で、崇英さんが中国にいるときから、交際をしており来日する際に一緒についてきたのだとか。

「母は、中国にいるときから父と交際していて、父が来日する際に『離れてはいけない』と、父を信じて一緒についてきたそうです。優れた選手を育成するという父の目標をかなえるために、母はひたすら家事をこなして、遠征に同行すれば選手たちの世話をして、父に尽くしてきた。私が生まれる前の貧乏なころは、パチンコ店で働いて家計を支えたといいます」
(引用元:女性自身

馬淵優佳の姉も美人

馬淵優佳さんにはお姉さんがいます。インスタにもお姉さんがたまに登場しますが、妊娠の時期もほぼ一緒だったとか。
服と靴のサイズも一緒で、好みも一緒という仲良し姉妹です。

お姉さんのお名前はわかりませんが、「トリリンガル」で語学堪能な方のようです。
もともとずっと上海に住んでいらっしゃいましたが、2016年ころから東京に住んでいるとのこと。

関連記事

【顔画像】瀬戸大也の不倫相手は誰でホテルの場所はどこ?足立区のシルクの可能性

馬淵優佳の現在とは?

馬淵優佳さんは、2017年5月24日に入籍。
その後、2017年11月28日にツイッターで引退を表明されているため、結婚を機に引退されたのでしょう。

2018年6月26日に長女、2020年3月に次女を出産されているため、現在は主婦業を中心にされていると思われます。

アスリートフードマイスター取得しており、夫婦でCMに出演していることから、味の素・勝ち飯マイスターにも就任しています。

現在は、主婦業をしながら、公の仕事もちょっと行うといった感じでしょうか。

馬淵優佳の父親は飛び込みコーチで姉も美人

馬淵優佳さんの父親は飛び込みのコーチで、母親はそんな父親を一途に愛し日本についてきた方です。
そのため、ご両親は中国人ですが現在は帰化して日本国籍となっています。

優佳さん、お姉さんをみるとかなりの美人さんなのでお母様もとても美人なのでしょう。
現在、2児の母ですが、いつかはお父様のようにコーチなどをすることもあるのでしょうか。

関連記事

【顔画像】瀬戸大也の不倫相手は誰でホテルの場所はどこ?足立区のシルクの可能性


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです