2021年の4月こと座流星群の見頃は4月22日の夜〜翌日の明け方までです。
ここでは、ピーク時間や、見る方角、そしてこと座流星群を目撃できるようにするためのポイントを解説します。

スポンサーリンク

4月こと座流星群2021の方角&時間はいつまで?

上記では、ライブ動画を配信しています。

こと座流星群のピーク時間帯&方角

 

【見頃の日時】(いつまで) 2021年4月22日夜~4月23日明け方
ピーク 2021年4月22日午後10時頃
方角 東側の空
ポイント 方角は東側ではありますが、流星は放射点を中心にどこからでも流れます。そのため、月明かりが視界になるべく入らない場所を選ぶと目撃しやすくなります。

 

2021年のこと座流星群は、4月22日(木)の夜〜4月23日(金)の明け方までが見頃の時間帯です。
その中でも、ピークは4月22日(木)の夜10時頃なので、この時間帯を狙うのが最も良いでしょう。

なお、方角はこと座のある東の方向になります。

月明かりがある場合は、4月22日の夜10時頃であれば「放射点」も見られる時間帯のため、月明かりがなるべく入らない場所を選ぶと見やすくなります。

こと座流星群は、数が多い流星群ではありません。

4月こと座流星群を見る為のポイント

月明かりが明るいと流星群が見づらくなるため、22日22時のピーク時よりも、月が低くなり放射点が高くなる真夜中以降(2時以降)が見やすいかもしれないという情報もあります。

22時頃に1度、ご覧になってみて流星群が見られなかった方は、真夜中以降、再度、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

さらに、こと座の放射点付近でなくても、夜空の四方八方に流星が流れます。
そのため、できるだけ月明かりのない場所で観測するといいでしょう。

世間の声

ピークは、4月22日ですが既に20、21日の時点で流れ星を目撃された方もいます。

スポンサーリンク

4月こと座流星群2021まとめ

4月こと座流星群2021の見頃の時間帯は4月22日の夜〜23日の明け方までです。
その中でも、ピークの時間帯は、4月22日午後10時頃です。

ただし、今年は月明かりが邪魔になる可能性が高いので、月明かりが収まる夜中の2時以降のほうが見やすいという可能性もあります。
みなさんが、流星群を目撃できますように。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです