別れ 失恋

失恋の立ち直り方9つ|30代女性が大失恋を乗り越えた心理学を使った方法とは?

大失恋すると、「もう立ち直れない」と思ってしまうものです。

実際に私も30歳の時に長く付き合った彼氏とお別れし、自分の半分が失くなってしまったような喪失感を感じ、長い間、辛い思いをしました。

しかし、「一生立ち直ることができない」と思っていても、徐々に傷は癒えていきます。

ここでは、私が実際に30代で大失恋から立ち直った経験と心理学をもとに、「大失恋から立ち直るための9つの方法」をご紹介します。

スポンサーリンク


大失恋から立ち直る9つの方法

別れ

1.誰かに話す

女性にとって「話す」ことは、最も手軽で効果的なストレス解消法です。

石蔵文信さん著の「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか  (幻冬舎新書)」で紹介されているメリーランド大学の研究によると、男性が1日に発する単語の数は7,000語なのに対し、女性は平均2万語で、女性はおしゃべりに夢中になっている時、快楽をもたらす脳内物質ドーパミンの分泌が盛んになるといいます。

反対に、1日に6,000語以下しか喋れないと女性の脳はストレスを感じてしまいます。

そのため、大失恋というストレスを発散するには、「誰かに話す」ということが有効的です。女性は自分の気持ちを誰かに話し、相手に共感してもらうことで満足感を得たりストレスを解消することができます。

大失恋した時は、あなたをよく知る親友や家族に辛い気持ちを話すと良いでしょう。

実際に私も母親や弟、そして親友に話を聞いてもらって、徐々に立ち直ることができました。また、第三者に話をすることで、立ち直るための「ヒント」を得られることもあります。

例えば私の弟は、「もし、彼が運命の人なら、また会えるよ」と私に言ってくれました。当時、「彼にはもう二度と会えない」という絶望感しかなかったのですが、「確かに、運命の人ならまた会えるよな」と前向きに別れを受け止めることができました。

このようにストレスを解消できるだけでなく、第三者から立ち直るきっかけとなり得る言葉をもらえるというメリットもあるのです。

2.彼の情報を徹底的に消す

私は失恋すると、まず初めに写真や電話番号など相手の情報を徹底的に消します。

人間心理には、「単純接触効果」と言って、会えば会うほど相手への好感度が増したり、印象が強まったりする傾向があります。

さらに、「ツァイガルニク効果」といって、未完成なもの・中途半端なものごとをよく覚えているという心理傾向があり、相手から振られるなど途中で恋愛関係を中断された側(失恋した側)は、未練を残しやすいといわれています。

つまり、失恋した側は相手を忘れる事が難しいにも関わらず、相手との接触(写真やSNSなど)を増やせば増やすほど、さらに忘れられなくなってしまうという事態に陥ります。

特に女性は、好きな人と会えない期間が長くなればなるほど、相手への気持ちが薄れていくという性質があるので、大失恋から立ち直るには、この性質を生かさない手はありません。

彼の写真やSNSなど、彼を思い出してしまうようなものは徹底的に消してしまいましょう。

また、人は寂しくなったりするとつい元恋人に連絡してしまいがちなので、そういった失敗を防ぐためにも連絡先も削除しておくといいでしょう。

3.何かに夢中になってみる

大失恋から立ち直るには、相手の情報を消すなど、その人について考える頻度を減らすことが1番です。しかし、失恋した後は、どうしても彼のことばかり考えてしまうものです。

少しでも彼を考える時間を減らすには、自分のことに集中するのが1番です。
例えば、新しく趣味や習い事を初めたり、徹底的に家の掃除をするなど夢中になれる何かを見つけることです。

最初から彼の事を全く考えないようにすることは不可能ですが、何かに夢中になることで、その時間を大幅に減らすことができます。

実際に私は大失恋した後、前々から興味のあったボルダリングに挑戦しました。

ボルダリングをしながら彼の事を思い出す事もありましたが、あまりにも楽しくて、徐々に考える時間も減っていきました。

さらに、ボルダリングジムで新たな出会いもあり、寂しさも軽減され新たな自分の世界を広げることができました。

4.自分の醜い感情も受け止める

失恋した後、相手に対する恨みや醜い嫉妬の感情を覚えることもあるでしょう。
しかし、中にはそのような感情を持つことは良いことではないと、自分の感情を押し殺してしまうことがあります。

このように自分の感情を押し殺すということは、ありのままの自分を認めないという行為であり、自己肯定感を下げてしまうことに繋がります。

特に失恋した後は、自己肯定感が下がってしまいがちなので、ありのままの自分の感情を受け止めることが大切です。

誰かに話せないような醜い感情は、紙に書き出すことで、ストレス解消に繋がります。

この方法は、ビジネスマンなどがメンタルコントロールや頭を整理する時に活用するもので、マイナスの感情を書き出したり話す行為を「エモーショナル・ディスクロージャー」と呼びます。

リストラを受けた会社員や、不眠に悩む大学生らも、ネガティブな感情を積極的に吐き出したほうが、立ち直りが早いという研究結果が出ています。

自分の感情を紙に書き出すことで、自分の心理状態を客観的に見ることができ、メンタルの改善に役立つのです。

私も、ストレス過多の時には、自分の感情を紙に書き出します。
10分以上、「これ以上、書くことなんてない」と思う境地まで行くと、頭がスッキリすることを実感できます。

誰にも失恋の辛さを話すことができない、または、親友にも言えないような感情を抱いていて辛いという方は、1度試してみてください。

スポンサーリンク

5.泣く

自分の感情を押し殺すのと同様に、泣く事に抵抗がある人も多いでしょう。

しかし、泣くことで副交感神経が刺激されて、心や体をリラックスさせる事ができます。

大泣きした後には、スッキリした気持ちになるものです。
失恋後に泣くことは恥ずかしいことではありません。あなたの気の済むまで涙を流して良いのです。

私の場合は、1カ月ほど彼氏と別れてから家族の前でも泣きわめきました。しかし、我慢せずに泣けば泣くほど、徐々に心の状態も正常に戻っていきました。

また、私は大失恋の後に母を亡くしていますが、2年ほどはお酒を飲んでは大泣きするという日々を送っていました。
このように誰かを失った悲しさを徐々に受け入れ、前に進むには涙を流すということは効果的であると私個人は思っています。

以下の記事も、参考になります。

6.立ち直りのプロセスを知る

大失恋など人は絶望的な状態に陥った時、心は以下のようなプロセスを辿るという説があります。

否認→怒り→諦めと受容→希望

このように、誰もがすぐに立ち直れるわけではありません。

立ち直るプロセスを知っておくことで、今の心理状態はどこにあるのか、また将来的にどうなるのかがわかるので不安が軽減されます。

例えば、どんなに辛い思いをしても、別れを受け入れることが出来た段階にあれば、次は「希望」しかないと思えることで救われることもあるでしょう。

7.別れの原因を見つめ直す

別れを本当の意味で受け入れるには、別れの原因を知ることが大切です。
また、別れの原因を見つめ直すことは、自分自身と向き合うことにも繋がります。

私は大失恋した後、最終的に自分自身の「自己肯定感の低さ」が別れの原因だと判断しました。さらに、彼だけでなく過去の元カレとの別れも、同じことが理由で破局していたことに気づいたのです。

自己肯定感が低いと相手を信じることができず、常に愛されているかどうか不安になります。
すると、束縛したり不満を相手にぶち撒けたり、逆に相手に気を使い過ぎて本音を出せないといった状態になります。

彼との別れの原因と向き合うことで、今後、自分が幸せな恋愛をするには「自己肯定感を高める」事が大切なのだと気づきました。

このように、別れの原因を見つめ直すことは、次に幸せな恋愛をする上で重要な事を気づかせてくれる機会でもあるのです。

8.自己肯定感を高める

失恋すると、ありのままの自分を認めることができず自己肯定感が低下しがちです。
自己肯定感が低くなると相手を信じることができず、不幸な恋愛を引きつけてしまいます。

失恋しても自信を全く失っていないという女性以外は、自分の自信を取り戻すことが大切です。

自己肯定感を高めるには、これまでにご紹介した「自分の醜い感情も受け止める」「自分に集中する」など、ありのままの自分を受け入れて労ってあげることです。

どうしても自己肯定感を高める方法が分からないという方は、1度、以下の書籍をご覧になってみてください。私はこの書籍のおかげで自分のことが、かなり好きになりました。

「どうせ自分なんて」にサヨウナラ ―いつも自信がなかったあなたが、劇的に変わる44の方法―

9.自分に合った出会いを増やす

男性の恋は「別フォルダ保存」で、女性は「上書き保存」と言われていますが、女性が大失恋を乗り越えるには「新しい恋」が最適だと言えます。とはいえ、無理に新たな出会いを増やそうとすると、逆に彼のことを思い出して辛くなってしまうだけです。

婚活や合コン、マッチングアプリなどでの出会いに乗り気でない女性は、自分に合った出会いの増やし方を探しましょう。

出会いと言っても、異性との出会いだけが「出会い」ではありません。

例えば、新たな趣味を始めるだけでも、新たな出会いに繋がります。

私の場合は、ボルダリングをはじめることで、男女問わずに仲間をつくることができました。

新たな出会いがあることで、これまでなかったような「縁」が広がってきます。
私は、その縁の流れでボルダリングだけでなく登山にハマるようになり、そこで新しい恋をすることになりました。

失恋直後に新たな出会いを探す必要はありませんが、別れを受け入れ前を向いて歩いていけそうだと思ったら、あなたに合った方法で新たな出会いを探してみると、不思議な縁が広がっていくでしょう。

以下の記事も、参考になります。

運命の出会いはいつ?

占い

大失恋の後には、「運命の人との出会いがある」とスピリチュアル的には言われています。

そこで、運命の人や新しい出会いを知る方法の1つとして「占い」があります。

占いを信じない方もいらっしゃるかと思いますが、私は占いを受けることで前向きな気持ちになれた経験があります。

実際、私は片思いを続けていて苦しかった時期に、占い師に「彼もあなたを好きだけど彼からの告白は期待しないで」と言われ、決心が付き自分から告白して付き合う事ができました。

占いには対面鑑定だけでなく、自宅で気軽に当たる占い師に占ってもらえる「電話占い」「メール占い」もあります。

ただ占いサイトの選び方を間違えるとデタラメな事を言われる事もあるので注意が必要です。

私や恋愛サイコ.のスタッフが利用しているのは、厳しい審査基準を満たした占い師しか所属できない業界大手の老舗「電話占いヴェルニ」です。

(体験談はこちら▶「えん電話占い体験談」「うさ子メール占い体験談」)

 

今なら初回無料(最大4000円分)で占ってもらえるので、興味のある方は以下より詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

 

【初回最大19分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※18歳以上限定

 

無料通話分で占ってもらうには、「運命の人はどんな人?」「新しい出会いはいつ?」など、具体的に質問したいことを決めておくことがポイントだよ!

スポンサーリンク

【結論】無理に立ち直ろうとしなくていい

今回の記事の内容をまとめると、以下の通りです。

大失恋から立ち直る9つの方法
1.誰かに話す
2.彼の情報を徹底的に消す
3.何かに夢中になってみる
4.自分の醜い感情も受け止める
5.泣く
6.立ち直りのプロセスを知る
7.別れの原因を見つめ直す
8.自己肯定感を高める
9.自分に合った出会いを増やす

失恋は辛いけど、もっと素敵な恋ができるというサインかもしれないよね

(※)参考文献

石蔵 文信「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか」(幻冬舎新書)
斎藤 勇「男女がうまくいく心理学辞典」(朝日新聞出版)

金政裕司/相馬敏彦/谷口淳一「図解 史上最強よくわかる恋愛心理学」(ナツメ社)
ゆうき ゆう「なるほど!」とわかる マンガはじめての恋愛心理学(西東社)

【無料占い】復縁できるか占う

・3カ月以内に元彼と復縁できる?
・復縁成功の具体的な方法が知りたい

などのお悩みを、電話占いヴェルニなら圧倒的な的中率を誇る占い師に相談することができます。
メール占いもあり)

◎今だけ初回無料(最大4000円分)

【初回最大19分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※18歳以上限定

  • この記事を書いた人

えん

2級FP技能士で心理学オタクのえんです。これまでに読破した心理学に関する書籍は300冊以上にのぼります。現在、メンタル心理士の資格取得のため勉強中です。「全ての女性に幸せな恋を掴んでほしい」そんな想いで執筆・監修しています。

-別れ, 失恋