スポンサーリンク


この記事では以下の内容を解説します

①遠距離で別れる確率が高くなってしまう理由5つ
②遠距離恋愛でよくある別れの原因4つ
③遠距離恋愛を長続きさせるコツ5つ

この記事では、「遠距離で別れる確率が高くなってしまう理由5つ」と「別れの原因4つ」について心理学を交えながら解説します。
また、遠距離恋愛を長続きさせるコツも詳しくご紹介しています。

スポンサーリンク

遠距離で別れる確率が高くなってしまう理由5つ

別れ

1.ボッサードの法則が働く

1932年にアメリカの心理学者ボッサード氏が婚約中のカップルと既婚のカップル5,000組を対象に行った調査によると、恋人が近くにいるほど結ばれる確率が高いことが分かりました。これは、彼の名前をとって、「ボッサードの法則」と呼ばれています。

「ボッサードの法則」に基づいて考えると、遠距離恋愛は物理的な距離が離れてしまうので、心理的な距離も遠くなり、結果的に別れる確率が高い・結ばれる可能性が低いということになります。

この「ボッサードの法則」により、遠距離恋愛は成就する可能性が低いと考えられているのです。

2.社会的交換理論に基づく損得勘定により

社会学者のホーマンズ氏は、人間関係の根本原理は「交換」だとする考え「社会的交換理論」を提唱しました。

人間は、この「社会的交換理論」に基づいて損得勘定し、利益を最大にしようとする傾向があります。

報酬(彼女の喜ぶ笑顔など)−コスト(プレゼントなど)=利益(この利益を最大限にしたい)

遠距離恋愛で言えば、恋人と楽しい時間を過ごせるという「報酬」がありますが、時間と交通費がかかるという「コスト」が発生します。

かかったコストよりも得られる報酬が大きければ、遠距離恋愛も上手くいく可能性が高いですが、上手くいかないことが増えると、コストが大きくなり、そのわりには得られる報酬が小さくなるため、遠距離恋愛を続けることが負担に感じるようになります。

人間の心理には、なるべく低いコストで、なるべく大きな報酬を得ようとする傾向があるため、報酬が小さくなればなるほどコストを掛けること自体に疑問を感じるようになるのです。

3.疑心暗鬼になりやすい

遠距離恋愛の場合、どうしても相手の行動パターンが把握しずらく、さらに会える頻度も少なくなるためお互いに疑心暗鬼になりやすいです。

例えば彼氏と連絡が取れなくなると、他の女性と浮気しているのではなどという不安が起きやすくなってきます。

会えない不満と浮気の不安から、相手に対して不平不満が溜まってしまい喧嘩も増えてしまいがちです。

特に男性は、彼女に信頼されていないと感じると男としてのプライドが傷つき、結果的に「俺に彼女は幸せにできない」と別れを決断するようになるのです。

以下の記事も参考になります。

遠距離彼氏の浮気の兆候18つ|見抜く方法と浮気を防止する1番のコツとは?

4.単純接触効果が働きずらくなる

人間には、よく見るものや人に対して好意や親近感を覚えるようになるという心理的性質「単純接触効果」があります。

この単純接触効果は、心理学者のザイアンス氏が提唱したもののため「ザイアンス効果」とも呼ばれています。

人は、よく見るcmやよく会う人に対して安心感や親近感を覚えるようになり、好感を持つようになります。

しかし、遠距離恋愛の場合、一緒に過ごす時間が少なくなってしまうため「単純接触効果」による好意の上昇が見込めず、不安感や不信感を抱く可能性が高くなってしまうのです。

「遠くの親戚より近くの他人」という言葉がありますが、これは恋愛においても言えることで「遠くの恋人より近くの他人」となってしまうのです。

スポンサーリンク

5.関係を深められない

社会心理学者のマースタイン氏は、恋愛における親密度を3段階に分けて考える説「SVR理論」を提唱しました。

第1段階の「S(刺激)」では、外見や地位など表面的な異性の魅力が効果を発揮する段階で、恋愛初期の段階に当たります。

第2段階の「V(価値観」では、お互いの価値観や考え方が合うかどうかが重要になってくるステージで、外見の魅力の重要度は下がってきます。

つまり、どんなに外見が可愛いと思っていても、話や価値観が合わないと相手に対する好意が下がっていく可能性が高い段階です。

ちなみに多くのカップルは、この第2段階のフェーズにいます。

最終段階の「R(役割)」は、結婚前のステージで、共同生活においてお互いに役割を持ち、互いの苦手な部分を補え合えるかが重要になってきます。

この段階で、結婚後の役割を上手くイメージできないと、「彼(彼女)は恋人としては良いけれど、結婚相手としては違う」となってしまうのです。

お互いの恋愛関係を深めるには、第2段階の「V(価値観」が最も重要で、この段階でお互いにしっかりとコミュニケーションを取り、考え方や価値観が違っても理解し合い、本音で語り合うことができれば信頼関係を築くことができます。

遠距離恋愛では、最も重要な第2段階において、コミュニケーション不足に陥る可能性が高く、それにより深い関係を築けないまま終わってしまうリスクが高いと言えます。

遠距離恋愛については、以下の記事も参考になります。

スポンサーリンク

遠距離恋愛でよくある別れの原因4つ

別れ

1.自然消滅

先ほどご紹介した「社会的交換理論」に基づき、お互い、もしくはどちらかが遠距離恋愛を続けることが負担に感じるようになると、相手への好意も薄れてしまい、徐々に会いたい・連絡を取りたいという気持ちがなくなってきます。

また、「単純接触効果」により、遠距離の恋人より近くの異性に魅力を感じるようになると、「遠距離の恋人と別れたい」と思うようになることも。

こうなると、遠距離恋愛をすること自体が面倒になってくるため、連絡を取ることが徐々に減り最終的には、全く連絡を取らなくなり「自然消滅」状態になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

自然消滅の基準については、以下の記事が参考になります。

自然消滅の6つの基準と期間はいつから?その後、復縁の可能性はどれくらい?

2.相手の浮気

遠距離恋愛は、これまでご紹介した人間の心理傾向から見ても「不利」な状態だと言えます。

どんなに遠距離の恋人を好きでいても、寂しさや不安から毎日顔を合わせていたり気軽に会える異性に心を惹かれてしまうこともあり、ついつい浮気してしまうことがあります。

遠距離恋愛は、寂しさ・不満・不安を感じやすいため、その分、近くにいる恋人同士よりも「浮気」による別れのリスクは高いと言えるでしょう。

3.束縛や喧嘩

遠距離恋愛の場合、相手と会える頻度が少なくなるだけでなく、コミュニケーション不足になると相手の状況が見えなくなります。

ただでさえ、不満や不安を感じやすい状況にも関わらず、相手の状況が分からないと「浮気しているのではないか」と妄想してしまうこともあります。

その不安から、相手の事を必要以上に束縛してしまい、束縛されているほうは「信頼されていない」「気持ちが重い」と感じるようになってしまいます。

そもそも、遠距離恋愛にはコストがかかるため「楽しい」という報酬がかけたコストよりも、大きくないと、その恋愛自体を「負担」に感じるようになります。

束縛されたり、喧嘩の回数が増えると楽しいという報酬が得られなくなるため、遠距離恋愛を負担に感じ、それが別れに繋がってしまうのです。

4.疲弊する

遠距離恋愛では、時間やお金がかかるなどのコストが発生します。
それだけでなく、相手の浮気を疑ってしまうなど精神的な負担も大きくなるものです。

遠距離恋愛が長くなればなるほど、仕事が忙しくなるなど会うことが困難になる時期なども増えていきます。
このように、遠距離恋愛には時間やお金そして精神的な負担が多いため、お互いに疲れてしまって別れてしまう可能性が高くなるのです。

遠距離の彼のあなたに対する本音とは?

占い

このように、遠距離恋愛では浮気のリスクが高くなったり、互いに疲弊してしまうことから別れてしまいがちです。

実際、遠距離恋愛をされている女性の中には、「彼は私と別れたいと思っているかも…」という不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、彼の本音を知る方法の1つとして「占い」「スピリチュアル」があります。

占いを信じない方もいらっしゃるかと思いますが、目に見えない力(透視・波動修正など)を活用することで、彼の気付いていない本音を探ることも可能です。

 

えむえむえむえむ

実際、私は片思いを続けていて苦しかった時期に、占い師に「彼もあなたを好きだけど彼からの告白は期待しないで」と言われ、決心が付き自分から告白して付き合う事ができました。

占いには対面鑑定だけでなく、自宅で気軽に当たる占い師に占ってもらえる「電話占い」「メール占い」もあります。

ただ占いサイトの選び方を間違えるとデタラメな事を言われる事もあるので注意が必要です。

私や恋愛サイコのスタッフが利用しているのは、厳しい審査基準を満たした占い師しか所属できない業界大手の老舗「電話占いヴェルニ」です。

(体験談はこちら▶「えむえむ電話占い体験談」「うさ子メール占い体験談」)

 

今なら初回無料(最大2000円分)で占ってもらえるので、興味のある方は以下より詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

 

【初回最大10分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※18歳以上限定

 

うさ子うさ子

無料通話分で占ってもらうには、「彼と付き合える可能性は?」「新しい出会いはいつ?」など、具体的に質問したいことを決めておくことがポイントだよ!

スポンサーリンク

遠距離恋愛を長続きさせるコツ5つ

1.連絡頻度を増やす

もともと接触頻度が低くなりがちな遠距離恋愛では、いかに接触頻度を増やすかが重要なポイントとなります。
1番効果的なのは、実際に「会う」ことですが、それが難しい場合には普段から連絡を密に取り合うことが重要です。

例えば、毎日LINEや電話をするなどルールを決めたり、SNSを上手に活用することもおすすめです。

それぞれのカップルに合った方法で、できるだけ連絡頻度を増やしていくことが、お互いの不安や不満を軽減させることに役立ちます。

2.具体的な目標を共有する

遠距離恋愛にはマイナス面だけではなく、「障害があればあるほど燃える」という「ロミオとジュリエット効果」という側面もあります。

遠距離自体が、カップルにとっては「障害」です。

この障害を上手く活用して、お互いに共通の目標を設定して、それを達成するために困難を克服しようとすることで「ロミオとジュリエット効果」が発揮されます。

つまり、お互いに共通の目標を具体的に決めることが、遠距離を長続きさせるポイントです。
例えば、夏休みに〇〇に旅行する、もしくは何年後に結婚するなど目標を共有していくことが大切です。

3.本音で話す・深いコミュニケーションを取る

一般的な人間関係だけでなく、恋愛関係においてコミュニケーションを取ることが最も重要です。

先ほど、恋愛における親密度を3段階に分けて考える説「SVR理論」について解説しましたが、恋人関係において、密にコミュニケーションを取っていくことが結婚に繋がる深い関係を築く上で欠かせない条件となっていきます。

しかし、相手に嫌われたくない・良い格好をしたいと自分の本音を出せないでいると、相手も本音で語ることが出来ず関係はなかなか深まりません。特に遠距離恋愛では、コミュニケーション不足に陥る可能性が高いので、積極的に深いコミュニケーションを取ることが重要になってきます。

お互いに関係を深めるコミュニケーションの取り方がわからないという方は、以下も参考になります。

▶「人に好かれる会話術」詳細はこちら

 

▼以下の記事も並行してご覧頂くと更に分かりやすいです。

年齢・外見関係なく好きな男に一生深く愛される女になる方法

4.相手を信じる

遠距離恋愛ではお互いに疑心暗鬼になりがちです。
しかし、だからこそ相手を信じることが関係を続けていく上で重要なポイントとなります。

特に男性の場合は、彼女に信頼されていないと感じると、「俺では彼女を幸せにできない」と自信を失くしてしまい、恋人への興味が薄れていきます。

ただ、コミュニケーション不足に陥るとどうしても不安になり、女性側が我慢をしなければいけない状況に立たされることもあります。

相手を信じる為にも、お互いに日頃からコミュニケーションを取り本音で語り合うことが、信頼関係を築くことに繋がっていきます。

5.自分を磨く

遠距離恋愛には、「自分の時間を持てる」という側面もあります。
この「自分の時間」を有効活用して、自分を磨くことで、相手の興味を引き続けることができます。

分かりやすい例えで言えば、女性が外見を磨き魅力的になることで、男性は可愛くなった彼女に「また会いたい」と思うようになります。

特に男性は、視覚から恋をする生き物なので、女性側は外見を磨くことが最も効果的だと言えます。

外見だけでなく、自分の時間を有効活用し気持ちに余裕が生まれることで、内面からの魅力も増していきます。
遠距離だからと不安になるのではなく、プラスに捉え自分を磨いていくことが、2人の関係を長続きさせるのには重要なのです。

【結論】遠距離恋愛は互いの努力が必要

えむえむえむえむ

今回の記事の内容をまとめると、以下の通りです。

遠距離で別れる確率が高くなってしまう理由5つ

1.ボッサードの法則が働く
2.社会的交換理論に基づく損得勘定により
3.疑心暗鬼になりやすい
4.単純接触効果が働きずらくなる
5.関係を深められない

遠距離恋愛でよくある別れの原因4つ

1.自然消滅
2.相手の浮気
3.束縛や喧嘩
4.疲弊する

遠距離恋愛を長続きさせるコツ5つ

1.連絡頻度を増やす
2.具体的な目標を共有する
3.本音で話す・深いコミュニケーションを取る
4.相手を信じる
5.自分を磨く
うさ子うさ子

遠距離恋愛を長続きさせるには、互いの努力が重要なんだね

【無料占い】遠距離の彼の気持ちを占う

・彼は自然消滅を狙ってる?
・2人が結婚する可能性は?

などのお悩みを、電話占いヴェルニなら圧倒的な的中率を誇る占い師に相談することができます。
メール占いもあり)

◎今だけ初回無料(最大2000円分)

【初回最大10分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※18歳以上限定

(※)参考文献

斎藤 勇「男女がうまくいく心理学辞典」(朝日新聞出版)
「図解心理学用語大全」(誠文堂/新光社)

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです