男性とLINEのやり取りをしていて、送信が取り消しされてしまうと「何があったんだろう?」と男性の心理を知りたくなるものです。

その相手があなたの気になる人、好きな人なら何を考えているのか知りたくてモヤモヤするのではないでしょうか。

そこで今回は、Lineの送信取り消しをする6つの男性心理についてご紹介していきます。
気になる男性の本音を知ってスッキリしてしまいましょう。




Lineの送信取り消しをする6つの男性心理

ad by google

1.送る相手を間違えた

単純に送る相手を間違えたことに気がついて、慌ててLINEの送信取り消しをするパターンです。
普段からLINEのやり取りが多い男性の場合、つい送る相手を間違えてしまうことがあります。

ただ友達や知人へ送るメッセージを間違えただけならいいのですが、中には注意が必要な男性も存在します。
例えば、あなたや他の女の子と同時進行でデートなどを重ねている場合です。

あなたと男性がお付き合いする前で、男性側があなたとほかの女の子を「天秤」にかけていることも考えられます。
とくに婚活中の男性の場合は、天秤にかけながら慎重に交際する女性を選んでいることも少なくありません。

一方で、ただの「遊び人」ということも考えられますので、「他の女の影」がみられる男性との交際には注意しましょう。

2.内容を修正したかった

LINEを送信した後で、誤字脱字を見つけてしまったり、内容を修正したいということがあります。
誤字脱字などが残ったままのLINEを相手に送ると、相手に失礼だと考えたり、自分のイメージがマイナス評価になってしまうと思ってしまうのです。

一般的には、LINEの内容に少しくらい間違いがあっても、「相手には伝わるだろう」と思ってそのままにしておくことがほとんどです。
しかし、完璧主義な性格だったり、自分をよく見せたいという思いが強い男性は、できるだけかっこ悪い自分を相手には見せたくないとおもうものなのです。

このようなタイプは、プライドが高かったり世間体を気にする人が多い傾向にあります。

3.感情的になって送信した

酔った勢いや、そのときの感情に任せて恥ずかしいLINEを送ってしまうことがあります。一方で、あなたに怒っていて酷い文面の内容を感情的になって送信してしまうこともあります。

しかし、LINEをした後で、ふいに冷静になって「この内容はヤバイ」と思って焦ることがあります。
だいたい感情的になって送った時の内容というのは、「恥ずかしい」ものがほとんどですので、冷静になって「できるものなら消したい!」と考えることがほとんどです。

このように感情に任せてLINEを送信してしまう男性は、短気であったり、恋愛になると重い性格になってしまうこともあります。
とはいえ、「熱い一面」があるとも言えるので、甘いロマンスを味わうことができるかもしれません。

 

以下の記事も参考になります。

4.取り消しした事が相手にバレてないと思っている

LINEの仕組みをあまり知らない男性の場合、LINEの送信削除をすれば、それが相手には伝わってないと考えている人もいます。
内容を間違えたなどいろいろな理由で削除していると思われますが、相手にはバレていないと思っているので、「軽い気持ち」で削除していることもあるでしょう。

第三者に、「さっき、LINE送ってきたよね。削除されてるけどどうしたの?」と指摘されて初めて知るケースも少なくありません。

5.構って欲しい

LINEの削除をすると、LINEの画面には送信を取り消したことが表示されます。
それを見たあなたは、「どうしたのかな?」と疑問に思って、相手のことが気になるものです。
人によっては、「どうしたの?」と相手にLINEを送ることもあるでしょう。

ズバリ、相手の男性は、このようなことを狙って「削除」している構ってちゃんの可能性もあります。
わざとLINEを削除して、あなたの気を引きたい・構って欲しいという心理が働くのです。

1度や2度くらいであれば、あなたも「仕方ない」と思うかもしれません。しかし、それが何度も続いてしまうと「メンヘラ男子なのかな?」「重い」と感じてしまうもの。
健康的な精神を持つ男性は、このような駆け引きのようなことは一般的にはしません。
そのため、構って欲しいという理由で、LINE削除をする男性はお付き合いすると、「重い」「面倒」なタイプが多いでしょう。

あなたの気を引くためにあえて、冷たい態度を取ったりしてあなたを傷つけることもありますので注意が必要です。

6.気が変わった

LINEで、食事やデートのお誘いをしようとメッセージを送ったけれど、「気が変わって」メッセージを取り消すことがあります。
出不精のタイプの人は男女問わず、そのときは「あの子と、今日の夜、ご飯行きたいな」と思ってお誘いメールを送るものの、いざ行くとなると「面倒臭い」と思って出かけるのが嫌になることもあるのです。

そのため、気が変わって既読になっていなければ、「やっぱり今日はやめよう」とLINEのメッセージを削除してしまいます。

このようなタイプの男性は、あなたの事が大好きでも、その時の気分で行動が変わってきます。
しかし、あなたの事が嫌いになったわけではなく、ただの出不精、気分屋なのです。

とはいえ、お付き合いする場合は振り回されることも多くなりがちなので、相手のそういった性格を受け入れる覚悟が必要です。

 

以下の記事も参考になります。

LINEの送信削除をされたとき返信は必要?

LINEの送信削除を相手がした場合、一般的には「間違い」が多いので基本的には返信は必要ありません。
しかし、どうしてもなぜ、送信削除したのか気になる場合は、「何かあった?」と軽い感じで質問しても良いでしょう。

相手が「間違いだった」と言ってくれるだけでモヤモヤが解消されることもあります。

LINEの送信削除する男性の「本音」を知る方法

これまでLINEの送信削除をする男性の心理を6つご紹介してきました。
ほとんどの場合、送り間違えや誤字脱字などの間違いに気がついて削除するケースが多いものです。

とはいえ、あなたの気になる人がどういうつもりで送信削除しているのか100%彼の気持ちがわかるわけではありません。
一般的な男性心理ではなく、あなたの気になる男性の本音が知りたい場合は、占いを利用するのも1つの方法です。

3ヶ月ほど前に、私は、好きな人の気持ちが知りたくて電話占いというものを試してみたのですが、数分で相手の本音を教えてもらえたので結果的に無料で占ってもらうことができました。

当時、「今すぐ知りたい!」とモヤモヤしていたので、すぐに相手の気持ちが知れてしかも無料で占えたのはラッキーでした。
ちなみにわたしが利用したのは電話占いヴェルニです。

興味のある方は、以下のページもご覧になってみてください。

恋愛で脈あり・脈なしは考えなくても恋愛は成功する

恋愛をすると、相手のちょっとした発言・行動などに敏感になり「嫌われてる?」「脈あり?」など気を揉んでしまうものです。
しかし、恋愛は脈あり度を計るよりも、相手に自分を惚れさせるほうが早いです。

でも、美人でもないしどうやって惚れさせればいいの?と思う方が多いでしょう。

しかし、恋愛や結婚にルックスはあまり関係ありません。もちろん、不特定多数の男性に好かれる場合は有利に働くのは確かです。

ですがあなたは、不特定多数の男性にモテたいでしょうか?

それよりも、たった1人に深く永遠に愛されたいと思うのではないでしょうか?

男性に深く愛されることに、難しいテクニックは全く必要ありません。
それよりも、たった1つ大切なコツを知ることが大切なのです。

どうしても男性に深く愛されたいと思う女性は、次の記事で紹介していますので是非、ご覧ください。

→本気で彼に深く愛されたい人へ


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです