ここでは、東芝・車谷暢昭社長の経歴と家族についての調査結果をご紹介しています。

ちなみに、車谷暢昭社長の嫁・子供については一切の情報がありません。

ただし、父・母そしてお姉さんの情報がありましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

【画像】車谷暢昭の経歴|高校は大阪府立茨木高校

車谷暢昭(くるまたに のぶあき)
生年月日:1957年12月23日
出身地:愛媛県新居浜市
学歴:東京大学経済学部卒業

車谷暢昭さんの父親は住友化学に勤めており、愛媛県新居浜市に生まれるものの10歳のころに父親の転勤に伴い大阪府茨木市に引っ越しています。

少年時代は、勉強をほとんどせず野球少年で周囲から心配されていたのだとか。
小学校時代の担任だった先生は、茨木高校に合格したと聞いて驚いていたそうです。

高校は、茨木市にある「大阪府立茨木高校」に進学。2021年現在、大阪府立茨木高校の偏差値は「72」であり、大阪府内公立の中では4番目に高い偏差値となります。

この高校の出身者には、小説家でノーベル文学賞受賞者の川端康成、水泳選手の入江稔夫さんらがいます。

高校卒業後には、東京大学経済学部に進学。

大学卒業後は、1980年、旧三井銀行入行し83年から2年間、旧大蔵省に出向しています。
2015年には、三井住友銀行副頭取に。頭取候補にも名前が挙がっていたそうです。

2020年4月には、東芝の取締役代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)に就任しています。

スポンサーリンク

車谷暢昭の家族について

車谷暢昭さんのご家族についてですが、ネットでは「娘」「息子」などと検索されているようですが、奥さんやお子さんの情報は一切ありません。

車谷暢昭さんのご家族についてわかっているのは、お父様が住友化学に勤めており、母親も父親も厳格な方だったそうですが責められたことは一度もないそうです。

なお、お姉さんがおり、秀才でパナソニックの津賀一宏社長とお姉さんは同級生だそうです。
津賀一宏社長は1956年11月生まれなので、お姉さんは車谷暢昭さんの1歳年上です。

ちなみにパナソニックの津賀一宏社長は高校の1年先輩で、私の姉と同級生。うちの姉は秀才でならし、周囲からは「お姉ちゃんは優秀なのにねえ……」といわれたものです。当時は比べられて面白くはありませんでした。ただ今振り返ると、当の本人はそれほど気にはしていなかったとも思えるのですが。
(引用元:style.nikkei.com

スポンサーリンク

社長を退任する見通し…世間の声

辞任・解任の理由は使命を果たしたから?

車谷暢昭さんは、辞任の意思を固めており辞任理由は「ことし1月、再び東証1部に復帰するという使命を果たしたため」と周囲に伝えているとのことです。

しかし、ネットでは「それは表向きの理由なのでは?」という声が多数見られました。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです