唇のくすみの4つの原因と対策方法とは?


「最近、唇が、黒ずんできた。」
「くちびるが、くすんでいるけど、何が原因?」

とお悩みの女性は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、
唇のくすみの4つの原因と対策方法をご紹介します。

是非、ご参照ください。

スポンサーリンク

1.唇のくすみの原因とは?

1.血行不良


唇の皮膚は薄いので、血の流れの状態が見えやすい部位です。

そのため血流が良いと赤くなります。

逆に、
血流の流れが悪いと紫がかったくすんだ色に見えてしまいます。

血行不良が原因で、唇がくすんでいる場合は
血液の流れを改善する必要があります。
貧血の場合は、鉄剤を内服しましょう。

2.色素沈着


肌だけでなく、唇も紫外線などによる影響を受けます。

唇にも、紫外線をカットするリップをするなど、
紫外線対策を行いましょう。

唇の色素新着も、肌と同じような原因で起こります。

唇をこすったり、紫外線などの
「刺激」をなるべく起こさないことが大切です。

刺激を受けると、身体は刺激から守ろうと、
メラニン色素を増加させ、色素沈着やシミの原因と
なってしまいます。

3.糖化

唇 くすみ
人間は、
お菓子や炭水化物など糖質を取りすぎると、糖化現象が起こります。

終末糖化産物(AGEs)は、くすみや、老化の原因になってしまいます。

むやみに、炭水化物や、甘いものをやめる必要はありません。

しかし、過剰に糖分を摂取している人は、
糖質を過剰にとらないよう気をつけることが大切です。

4.そのほかの原因

何かの、成分や薬剤によって、唇にシミやくすみができる場合や、
何かの疾患によってもくすみができる例もあります。

1〜3の原因に当てはまらない。
おかしいな。と思ったら、皮膚科を受診しましょう。

まとめ

今回は、
唇のくすみの4つの原因と対策方法をご紹介しました。

 

1.血行不良
2.色素沈着
3.糖化
4.疾患・薬剤・成分

 

基本的に、唇のくすみや色素沈着の原因は
お肌と一緒です。

摩擦や、紫外線などの刺激を受けると、
メラニン色素を増加させ、身体は刺激から守ろうとします。

唇にも紫外線対策を行い、
メラニン色素を増やさないことが大切です。

また、糖分のとりすぎは、肌や唇のくすみの原因になります。

炭水化物、甘いものをとりすぎだと自覚のある人は、
過剰な摂取を控えるように心がけることが大切です。

管理人おすすめのグロス↓
キスしよっ…彼が思わずチュ♪キス専用美容液『ヌレヌレ』の恋に効く魔法


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る