国場幸之助外務政務官は、既にご結婚されており嫁と子供が3人います。
20代の頃にご結婚されているようで、ご家族の写真もネットで公開されています。

ここでは、国場幸之助さんのご家族について解説していきたいと思います。




【画像】国場幸之助の嫁・子供について

国場幸之助の嫁・子供の画像はこちら(沖縄タイムス)
國場 幸之助(こくば こうのすけ)さんはご結婚されていますが、何歳の時にご結婚されたのかは定かではありません。

しかし、妻の美穂さんと3人のお子さん(娘)がいらっしゃることがわかっています。
美穂さんの旧姓は西田で、父親は元沖縄県議会議員の西田健次郎さんです。

上記の画像は、国場さんが30歳のとき(2003年11月)の時のお写真です。

この写真には、妻の美穂さんと3人の娘さん(みんな5歳以下だと思われる)が既に一緒に写真に映っていますので、遅くとも20代後半までには結婚し3人の娘さんが生まれたことは間違いないでしょう。

娘さんたちは、2020年現在、17-18歳〜20代中盤くらいの年齢だと思われます。

比較的最近(2009年頃)の美穂さんの画像をみつけたので興味のある方は、以下よりご覧ください。

妻・美穂さんの最近の写真はこちら

国場幸之助の詳しい経歴

國場 幸之助(こくば こうのすけ)
生年月日:1973年1月10日
出身地:沖縄県那覇市

生家はゼネコン「國場組(こくばぐみ)」の創業者一族で、父親は元國場組代表取締役社長の國場幸治さんです。
祖父は、國場組の創業者である國場幸太郎さん。義理の父親は元沖縄県議会議員の西田健次郎さんです。

那覇市立開南小学校、那覇市立上山中学校、沖縄尚学高等学校を経て1年間の浪人生活を経験。
その後、日本大学文理学部哲学科に入学するも中退し、早稲田大学社会科学部社会科学科に入学。

早稲田大学卒業後には、コロンビア大学に語学留学をされています。

2000年6月「第8回沖縄県議会議員選挙」で、沖縄県議会史上初となる20代議員としてトップ当選を果たします。
その後、2003年11月に「第43回衆議院総選挙」に出馬するも落選。

20004年6月
平成16年(2004年)6月「第9回沖縄県議会議員選挙」2期目の当選。

2012年12月、39歳のときに「衆議院議員総選挙」で初当選を果たします。

2017年9月には、自由民主党副幹事長に就任し現在は、外務大臣政務官を務めています。

国場幸之助の不倫相手は誰?

2018年10月25日号の週刊文春が、国場幸之助さんの不倫を報道しています。
お相手は、那覇市内でガールズバーを経営する人妻で2018年当時、30代半ばだと報道されています。

この女性の夫は那覇市在住の40代男性。
2人は2018年12月に離婚が成立しており、元夫は国場さんに対して330万円の慰謝料を求める民事訴訟を起こしています。
国場さんは関係を否定していたものの、2019年12月24日に和解が成立しています。

参考:文春オンライン

ネットでは厳しい声もあがっている

2018年にスキャンダルが報道され、今回もまた文春が「不倫示談」について報道しています。
そのため、ネットには厳しい声も多数あがっています。

お相手の女性は既に旦那さんとの離婚が成立。
國場さん側は、離婚という話はでていません。

とはいえ娘さんたちも年頃だと思われますので、今回の件で、一番嫌な思いをされたのは間違いなくご家族でしょう。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです