歴ドルとして活躍する小日向えり(32)さんが、自身のブログにて芸能界を引退することを発表。
現在、サンミュージックに所属していますが、2020年5月末をもって退所すると報告しました。

今回、芸能界を引退するということで、私は彼女を知りましたが、「ぴんぴんころり」という会社を2017年に設立。

そんな彼女の会社や結婚や離婚の真相について迫りたいと思います。




小日向えりは15歳から芸能活動を開始!グラビアも

小日向えり(こひなた えり)さんは、1988年1月17日生まれの奈良県出身。

奈良県立郡山高校を経て横浜国立大学教育人間科学部を卒業し、20歳の頃、2008年から歴史アイドルとして活躍。

それ以前の芸能活動としては、キッズグラビアアイドル?として活動。

 

上記は、初めての仕事「ひまわり色の雫」という写真集の画像とのこと。

 

小日向えり グラビア
https://tsutaya.tsite.jp/artist/PPS000004L32?sc_int=tsutaya_item_movie_personal_check_normal_package

 

2004年に「ジュニア写真家sekiseの世界 1 キッス・青りんご」というDVDを発売しています。

 


[DVDの内容]

ジュニアアイドルの魅力を最大限に引き出す「キッス・青りんご」シリーズ第1弾は、かわいい笑顔が魅力の14歳の小日向えり。ジュニア写真の鬼才・写真家のsekiseは、彼女の意外な一面もこの作品の中に収めた。
(tsutaya)

2005年には、「キッス青リンゴオムニバス版 Vol.1」というDVDも発表しています。

小日向えりの結婚と離婚の真相

「小日向えり」とネットで検索すると、「小日向えり 結婚」「小日向えり 離婚」と出てきます。

 

そのため、小日向えりさんは結婚して離婚したのかと思い調査しましたが、どこにも結婚・離婚の情報がありません。

この不思議な現象の真相について調べてみましたが、「小日向えり しえ(小日向しえ)」と検索されていることが関係しているのではないでしょうか。

 

小日向しえさんは、お笑い芸人のココリコ田中さんの元奥さんです。
小日向しえさんは、2003年に田中さんと結婚し、2017年に結婚しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小日向しえ(@sie_kohinata)がシェアした投稿

2人は姉妹などではないのですが、名前が似ていることから、「小日向えり 結婚 離婚」と検索されるようになったのではないかと予測できます。

 

なお、小日向えりさんにはお姉さんがお二人いますが、一般人です。

 

以下の画像は、小日向えりさんのお母様が還暦を迎えた時の写真ですが、お姉さんはご結婚していることから、それらも関係している可能性もあります。

お姉さんたちには既にお子さんがいらっしゃるようです。

株式会社ぴんぴんころり

株式会社ぴんぴんころり
https://pinkoro.co.jp/

小日向えりさんが社長を務める「ぴんぴんころり」は、「東京かあさん」という「東京にもう一人のお母さんを」というキャッチコピーのサービスを提供しています。

サービス内容は以下の通りです。

東京にもう一人のお母さんを
https://kasan.tokyo/

ただ家事代行をしてくれるのではなく、東京の母のようにいろいろな相談にも乗ってくれるというものです。

また、会社名の「ぴんぴんころり」は、以下のような信念が込められています。

ぴんぴんころりとは、寝たきりや病気にならず、人生の幕引き直前までぴんぴん元気でいること。
会社名に「ころり」が入っていて「不謹慎だ!」と怒られてしまいそうですが、ポジティブな言葉として、あえていれました。
人は、いつか迎える”死”を避けることはできません。

つまり、東京で暮らす若者にとっては、シニア世代の方々の知恵を借りることができる。
一方で、シニアの方々も、スキマ時間を利用して、「ありがとう」と言われる生きがいを持てる。

両者にとって、メリットがあるサービスを提供しているのです。

小日向えりさんの設立された会社のシステムを知って、素直に「この方、すごいな」と思いました。

ad by google

会社概要

会社名:株式会社ぴんぴんころり
代表者:小日向えり
住所:東京都港区西麻布1丁目14−2 疋田ビル201
設立:2017年7月12日
事業内容:
1.高齢者支援
2.シニアのデータベースの構築及び運用
3.シニアの健康及び生きがいの創造に関する事業
4.webサイト,アプリの開発

小日向えりの引退理由は?

小日向えりさんは、ブログにて以下のような心境を語っています。

ここ数年、芸能をやめようかな?と何度か頭によぎることがありました。
大河ドラマ「真田丸」を駆け抜けて、ある程度「やりきった」という感覚があったこと
株式会社ぴんぴんころりを起業したとき、社員を初めて雇用したとき
でも、お世話になっている皆さんの顔を思い浮かべると、決心ができず…
小日向えりブログ

以前より、芸能界引退が頭をよぎっており、それは「株式会社ぴんぴんころり」を起業し社員を初めて雇用したときにも引退の気持ちが強くなったようですね。

続けてブログには「芸能界も、スタートアップ(起業)も、ほんの一握りの人しか成功できない、決して甘くはない世界です。」と続けられていますので、株式会社ぴんぴんころりの業務に専念したいということが引退理由と考えられます。

今後、社長として大活躍しそう

これからの時代に見合ったサービスを提供している「株式会社ぴんぴんころり」。
今後、会社の発展だけでなく、小日向えりさんは社長として手腕を発揮していくことでしょう。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです