King Gnu(キングヌー)のギタリストでありリーダーでもある常田大希さん。
常田大希さんのご家族の話は今までに何度か語られたことがあります。

ここでは常田大希さんのご家族とそのエピソード、そしてチェロの実力についてご紹介します。

常田大希の家族は4人
・父親はロボットエンジニアでジャズピアノを嗜む
・母親はクラシックピアノを嗜むピアノの先生
・兄は2歳年上、東大卒の経営者
・常田大希は末っ子




常田大希の家族構成は4人家族

ad by google

キングヌー常田大希の家族構成は父・母・兄

常田大希さんの家族構成は父親・母親・兄・常田大希さんの4人家族です。

キングヌー常田大希の父親はロボットエンジニア

父親はロボットエンジニアで、ジャズピアノを嗜んでいました。
お父様は大学で東京に出たそうですが、当時はプロではありませんが、音楽でお小遣い稼ぎするくらいのピアノの腕前があったそうです。

常田さん自身も、「ギターシェルター」というギターショップで、スカウトされたくらいですが、お父様もやはりただものではないですね。

キングヌー常田大希の母親はピアノの先生

常田さんのお母様はクラシックピアノを嗜んでいます。
そして、ピアノの先生ということもあり、常田さんの家庭では常に音楽が身近にあったようです。

余談ですが、常田大希さんと井口理さんは幼馴染みですが、
常田さんのお母さんが、井口さんのお母さんに、「うちの息子が、(井口理さんを)バンドなんかに誘ってごめんね~」
などと話していたそう。

(参考:https://readyfor.jp/projects/jazzsummit/announcements/27504

常田大希の2歳年上の兄は常田俊太郎

 

常田大希のお兄さんは常田俊太郎さんです。

常田俊太郎さんは1990年生まれで、長野県内でも偏差値がトップレベルの高校を卒業後(大希さんも同じ高校に進学)、東京大学工学部に入学します。

4歳の頃に母親にヴァイオリンを習わされて、高校2年生まで本格的にヴァイオリンの練習に励んでいました。

しかし、自分より凄い情熱を持って音楽をしている周りのライバルたちをみて、「そこまでの情熱を持って今後やっていけるか」という自信がなく東京大学工学部に進学したといったことをインタビューで語っています。

大学卒業後は経営コンサルのキャリアを積むものの「本当は自分は何がしたいのか?」ということに思い悩み、やはり自分は音楽が好きだということに気がつきます。

そして、アーティストをデジタル技術で支援する会社・株式会社ユートニックを今井祐輝さんと一緒に立ち上げます。

とはいえ、現在も、ヴァイオリン奏者として活動しており、常田大希さんプロジェクトmillennium paradeでもヴァイオリンで参加しています。

 

 

兄・常田俊太郎さんについては以下の記事もご覧ください。

常田大希のおばあちゃん

常田大希さんは長野県出身ですが、芸大に進学する上で上京します。
そして、上京と同時に、武蔵小杉にあるおばあちゃんの家で2人暮らしを始めることに。

 

おばあちゃんの家で、キングヌーの前身バンドSrv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)」時代の楽曲「ロウラヴ」のPVはおばあちゃんの2階で撮影されています。

 

おばあちゃんとは7年ほど一緒に住んだということですが、おばあちゃんとのエピソードを知りたい方は、以下の記事も是非、ご参考ください。

キングヌー常田大希の生い立ちとチェロの実力

常田大希の経歴

1992年5月15日長野県伊那市に生まれます。

伊那市立東部中学校を卒業後、長野県伊那北高等学校に進学。

お兄さんも長野県伊那北高等学校に進学しその後、東大に進学していますが、実はこの学校の偏差値は62-67と長野県でもトップレベルの学校です。

常田大希さんの今の感じからは想像できませんが、常田さんご自身も相当、頭が良いと思われます。
ただ、高校時代ではあまり授業には出なかったのだとか。

その後、東京藝術大学音楽学部器楽科チェロ専攻に進学するも大学1年生のころにドロップアウトしています。

ボーカルの井口理さんとは小中の幼なじみ。
常田さんが1つ年上です。

 

中学生の頃は、合唱部に所属しており、「第74回NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール中学校の部」の全国大会に出場しています。

常田さんは、マリンバを演奏していますが、その時の動画が以前はYouTubeでみられたのですが、現在は削除されています。

 

井口さんについては以下の記事も是非、ご覧ください。

キングヌー常田大希チェロとの出会いと父母の影響

この投稿をInstagramで見る

 

常田大希 – Daiki Tsuneta(@daikitsuneta)がシェアした投稿

 

常田大希さんのお父様とお母様は、もともとピアノを弾いていたそうで、幼少期からピアノに自然と触れていたとのこと。

常田大希さんのピアノの腕前は、かなりのものですが、父・母どちらにも教わっていなかったし、教室などで習ってもいなかったとか。

5歳か6歳のときに、チェロ弾きのおじさんが近所にいて、チェロを習うようになり、チェロの音が好きになった常田さん。

本格的に練習を始め出したのは、高校生の頃で、毎日8時間くらい練習をしていたそうです。

そして、「第20回日本クラシック音楽コンクール チェロ部門 高校の部、第3位」を獲得しています。

しかし、高校の授業にはあまり出ていなかったそうです。

高校時代に、ベースでも賞をとる

http://www.rittor-music.co.jp/spc2009/

なお、高校生のときには最強プレイヤーズコンテスト2009 ベース部門」で準グランプリも獲得。
この頃に、既に音楽レーベルの人とは出会っていて、音楽業界の人と繋がりがあったとか。

小澤征爾が主宰する小澤国際室内楽アカデミーに所属

常田大希さんは、18歳の頃から2年間ほど、小澤征爾さんが主宰する若手のオーケストラ楽団にチェロ奏者として所属していました。

アジアツアーなどを行っていましたが、小澤征爾さんのHPには「2011年の活動記録」として常田さんの名前が記載されています。

(参考:https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29330/1/1/1

大学時代には、ギターのお店にもスカウトされていた

ギターシェルターという川崎市にあるギブソン、フェンダーなどを扱うお店の方のブログでは以下のような内容が掲載されています。

2011年5月のことでした。
若いお兄ちゃんが入店して、あるビンテージギターを試奏したいという。大きなヘッドフォンをしてうつむき加減で、あまり目を合わさない感じでした。弾き出すと、上手い…...すでにプロでバンドやってますか?って聞いたら、田舎から出てきて大学入ったばかりだから、まだバンドはやってないという。「ギターはまだ始めたばっかりで」と(笑)後でわかったんだけど、彼は高校時代すでに某ベースコンテストで高校生のトップになったりしてて、まあマルチの天才ということですね。

その後もギターの調整に来店されたりして、只者じゃないと思ったんで、店にいらしてるプロの方と話して、ちょっと一緒にやってもらったらどうだろうなんてことになり、彼に勧誘の電話したんですよね。ギャラも出るようにするんで、仕事としてちょこっとやってみない?と。そしたら、ありがたい話だけど、サイトウキネンオーケストラの若手選抜かなんかに選ばれて、小澤征爾の中国公演に同道することになって時間がなくて、なんて話だった(笑)

すでに次元が違ってて、やっぱり只者ではない。いずれ世に出るんだろうなと思って名前はチェックしてたけど、しっかり活躍されてますね。
(引用元:GuitarShelter

ニューヨークでチェロの演奏

5歳からチェロを始めた常田さんが、King Gnuとしてメジャーデビュー後、初の公の場でのチェロ演奏となるニューヨークで開催された「N.HOOLYWOOD COMPILE FALL2020 COLLECTION」でチェロの演奏を披露しています。

2020年2月4日に開催された「N.HOOLYWOOD COMPILE FALL2020 COLLECTION」にて披露しましたが、この時、演奏した楽曲も常田さんが作曲したもので、このショーのために書き下ろされたものです。

楽曲「N.HOOLYWOOD COMPILE IN NEWYORK」。

常田大希、millennium parade(ミレパ)としても活躍

 

常田さんは、キングヌーとは別に「millennium parade(ミレパ)」を主宰しています。
ミレパのメンバーとしては、キングヌーの前身バンドであるSrv.Vinciの初期メンバー石若駿(いしわか しゅん)さんもドラマーとして参加しています。

ちなみに石若さんは常田さんと芸大時代の同級生ですが、芸大を首席で卒業されています。

キングヌー常田大希の家族チェロの実力まとめ

King Gnu(キングヌー)の常田大希さんは、幼少期からお父様・お母様そしてお兄さん全員が音楽を嗜んでいる家庭で育ちました。

そして、チェロを6歳頃から始めチェロだけでなく既に高校では、ベースの大会で入賞するなど、その才能を開花させています。

King Gnu(キングヌー)のボーカル・井口理さんも、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
お兄さんは声楽家の井口達さんと、井口さんも音楽一家で育っています。

そんな実力派のKing Gnu(キングヌー)。
これからのKing Gnu(キングヌー)が、どんな楽曲をつくっていくのか、今後、最も楽しみなアーティストです。

King Gnu(キングヌー)関連記事




Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです