木村哲也調教師の経歴やご家族について調べてみました。
なお、木村哲也さんの厩舎に所属する騎手は大塚海渡さんですが、大塚海渡さんは2020年1月に落馬して昨年一杯は、休養にあてていました。大塚海渡さんの近況についても調査しています。




【顔画像】木村哲也調教師の経歴

木村哲也(きむら てつや)
生年月日:1972年11月16日
出身地:神奈川県
学歴:神奈川大学工学部建築学科

木村哲也さんの父親はサラリーマンで、競馬の世界にも無縁だったようです。
しかし、急に馬と関わる仕事がしたくなり2000年の4月に競馬学校の厩務員課程に入ります。北海道の牧場で働き、アイルランドに行って馬のことを学んだ経験もあるそうです。

厩務員からスタートし、その後、調教助手を経て調教師となります。
2011年に厩舎を開業し、2015年3月には「アルビアーノでフラワーカップ」を制し重賞初制覇を達成。
2018年、ステルヴィオでマイルチャンピオンシップを優勝。中央G!初制覇を飾ります。

参考:中山馬主協会horseman-s.jp

2015年3月にアルビアーノでフラワーカップを制し重賞初制覇。2018年ステルヴィオでマイルチャンピオンシップを優勝し中央G1初制覇。

ad by google

木村哲也の家族(嫁・子供)について

木村さんは既にご結婚されており、奥さんとお子さんがいらっしゃるようです。
奥さんとは成田のパーティーで出会ったそうで、お子さんは息子さんがいらっしゃるようです。

息子さんは大塚さんの3歳年下で「美浦の乗馬苑のスポーツ少年団」で一緒に乗馬をしていたのだとか。
そのため息子さんは17歳くらいだと思われます。

参考文献:oichan.hatenadiary.com/weekly.netkeiba.com

木村哲也の厩舎に所属する騎手

大塚 海渡

大塚海渡(おおつか かいと)
生年月日:2000年10月25日
出身地:茨城県

大塚海渡騎手、落馬で脳挫傷

2020年1月5日の「中山7R」で落馬し、頭部外傷および脳挫傷の疑いで病院に搬送されました。
10日には精密検査を受け、両親と会話できるまでに回復しました。

その後の近況ですが、2020年6月ころから乗馬を再開。
ただし、右頭部の慢性硬膜下血腫が悪化したため、2020年いっぱいを休養にあてていたようです。

その後、年明けから本格的に乗馬や筋トレなど復帰に向けた訓練を再開されています。

木村哲也調教師への世間の評価

大塚海渡騎手は今後どうなるのか?

大塚海渡騎手と木村哲也調教師のトラブルが報じられました。
しかし、大塚騎手は今年から本格的に復帰に向けた訓練をスタートさせています。

今後、大塚騎手がどうなるのか、復帰できるタイミングがいつなのかが気になるところです。

関連記事

【顔画像】木村哲也調教師の経歴(大学)や家族には嫁と子供(息子)が!


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです