職場の既婚者の男性にデートに誘われると、「一体、どういうつもりで誘ってるの?」と疑問に思うものです。
また、相手の男性が気になるなら、「行ってもいいかな。でも、奥さんがいるし」と迷う女性も少なくありません。

そこで今回は、既婚者なのにデートに誘ってくる男性心理8つをご紹介していきます。

スポンサーリンク

職場の既婚者男性にデートに誘われた!誘う8つの男性心理

恋愛
職場の既婚者男性にデートに誘われたとなれば、驚くことが多いでしょう。
家庭があるのですから、デートに誘うというイメージが無くて当然です。
なぜ家庭があるのにデートに誘うのでしょうか?
ここでは、男性心理から見る8つの要素についてご紹介します。

1.若い女の子と食事したい

もし、職場の既婚者男性がかなり年上だという場合、こうした心理が働くこともあります。
たまには若い女の子と美味しいものでも食べて楽しみたいという気持ちです。
食事ができれば、心理的に満たされるので、それ以上を求めることはまずありません。

結婚をし、家庭を持つと配偶者以外の異性とのコミュニケーションは圧倒的に少なくなります。
長年にわたり、そのような生活を送っていれば「違う異性と話をしたい」という気持ちになるのです。
違う異性と考えた時、世代が違うほうが刺激を受けやすいという気持ちが芽生え、食事に誘うのです。

2.不倫するつもりはないが、恋愛のときめきを感じたい

余程の理由や、自身を理性でコントロールできない性質を持っていない限り、既婚者男性は家庭を壊すようなことはしません。
男性にとって結婚は安定した環境ととらえる傾向にあります。
しかし、安定は時として男性性を自覚できない原因にもつながります。
「刺激が欲しい」「恋愛をしていた時代のようなドキドキやワクワクが欲しい」そう感じた時、職場の女の子をデートに誘うということもあるのです。
一緒に時間を過ごすことにときめきを感じ満足するので、身体的な関係やいわゆる不倫関係を結びたいと望んでいることが少ない心理行動です。

3.ただの女友達or飲み友

趣味や好みが合うから。
話をしていて純粋に面白いから。
などという、同性の友人関係と変わらない感情でデートに誘うという心理行動です。
受けた側からすると、異性からの誘いなので「デート」という印象を抱いてしまうかもしれません。
しかし、既婚者男性側からするとデートという認識すらもっていません。
性差を超えたフラットな思考を持っている人だと捉えることもできるでしょう。

4.自分がモテるか確かめたい

恋愛

既婚者男性は恋愛をすることはなくなります。
告白をしたり・されたりという事は無いというわけです。
このような環境下で、ふと気になるのが「自分がモテるのか」という事です。

結婚をしても男性として需要があるかが気になる。それが、一般的な男性心理です。
思いを形にした結果、デートに誘うという事につながってきます。
もし、デートの誘いを受けてくれたら、少なからず相手は自分に嫌悪していないと判断することができますので、心が満たされることが多いのです。

スポンサーリンク

5.エッチしたい…下心

女性側からすると最も身構える理由が「エッチをしたい」という下心でしょう。
職場という環境であっても、異性としてタイプだ・好きだという感情は芽生えてしまうものです。
それが真剣な思いというよりも、性的な視線焼きもちを抱いていることもあるでしょう。

デートに誘いきっかけをつくる。
その後、うまく誘導してエッチができたらという下心からくる心理行動といえます。
職場の人に対して下心を見せるのはリスクが高すぎるのでは?という声もあるでしょう。
しかし、エッチをしたいという欲求が高まっていると、リスクを考慮する余裕がなくなるのです。

以下の記事も参考になります。

男性の下心と好意の3つの違いとは?本気と遊びの見極める!

6.奥さんと別れるつもりはないけど不倫したい

妻・母としては感謝もしているし、今の生活に不満はない。
しかし、女性としてみることはできないから不倫という形で異性とのやり取りを楽しみたいという心理です。
「都合の良い考え」「身勝手」だと感じてしまう心理ですが、これもまた多くあるケースなのです。

共に生活をすると、異性よりパートナーとしての感覚が強くなってしまいます。
だからこそ、不倫という形で異性同士の関わり合いを求めたくなるのです。

8.本気で恋をしてしまった

職場の既婚者男性が生真面目だという場合、この心理が働いている可能性があります。
女性として見ているだけではなく、特別な感情を抱いてしまったというケースです。

真剣だからこそデートに誘い、真剣なお付き合いをしたいと希望しています。
配偶者と別れることになっても、デートに誘った女性との新たな関係を築きたいと願っているのです。
下心ではない、真っすぐな思いが行動とした形になったと考えられます。

以下の記事も役に立ちます。

「おじさんだから」 と言う年上男性の恋愛心理5つと返し方【おじさんアピール】

スポンサーリンク

職場の既婚者男性とデートする4つのリスク

恋愛

悪い印象は特にないから、職場の既婚者男性のデートの誘いに乗っても良いかなと思うかもしれません。
しかし、デートには4つのリスクがあります。
安直に行動に移す前に、このリスクを認識しておくことが大切です。
具体的な4つのリスクを以下、ご紹介します。

1.何もなくても「不倫」を疑われる

仕事の話をしていただけ。
共通の趣味の話をしていただけ。
それが仮に真実だったとしても、職場にいる周りの人たちはどう思うでしょうか。

仕事をする場所にいる2人が個人的な時間を過ごしたともなれば、男女の関係ではないかと疑われてしまいます。
不倫関係を1度でも疑われてしまうと、その印象をなかなか消すことはできません。
最悪の状況ともなると、何もしていないのに仕事がしにくくなって離職のきっかけになってしまう。ということも考えられるのです。

2.既婚男性を好きになる可能性がある

デートに誘った既婚者男性は、軽い気持ちで誘ったのかもしれません。
また、同性と変わらない感覚で誘った可能性もあります。

何度か続いたり、もしくは1回デートをしただけでも既婚者男性に対して恋愛感情を抱く可能性もあるでしょう。
誘いが嬉しいと感じれば、その可能性はさらに高くなります。

未婚男性であれば、恋愛のきっかけともなるのですが、既婚者男性であれば先々、あらゆるトラブルや困難が待ち構えているかもしれません。
また相手に気持ちがないと分かれば、さらに苦しい気持ちを味わうことにもなってしまうのです。

3.都合の良い女になる可能性

既婚者男性が会いたいタイミングに合わせて食事やデートをする。
さらには身体的な関係を持つ。
そのようなリスクが考えられます。
簡単に言えば「都合の良い女」になるリスクです。

自分は決してそうはならないと思ってしまうかもしれません。
しかし、気が付けば自分の意志など反映されない相手完全主導の関係が続いていたということもあります。
一度、都合の良いに女になってしまうと、状況把握もしにくくなり、仮に気が付いたとしても見切りをつけることが非常に困難になってしまうのです。

4.関係が進めば泥沼不倫・裁判沙汰になることも

割り切った不倫関係であったとしても、本気の恋愛だと主張をしても、男性は既婚者です。
配偶者ばかりではなく、子供が要る可能性もあるのです。

万が一、知られるところとなれば慰謝料を請求されたり、裁判沙汰になることもあります。
泥沼に発展すれば、社会的な地位やこれまでの生活すべてを失うかもしれないのです。
もちろん、人間関係にも影響してしまいますし、自分の家族との関係さえ悪くなるかもしれません。

スポンサーリンク

職場の既婚者男性とデートする際の5つの注意点

恋愛

職場の既婚者男性とデートをする運びとなった。
そのような場合、注意点がいくつかあります。
注意を払って時間を過ごすことが、自分自身のためにも大切なことです。
以下、注意点をご紹介します。

1.デートだと思わない

「デート」という意識を持ってしまう事は、異性としての意識を持ってしまうことになります。
この心理が先々、良くない展開を招く可能性があるのです。

デートだと思わずに、一緒に食事をした・お酒を飲んだと思うよう心がけてください。
「職場の男性で、既婚者だ」という事を忘れないようにしましょう。

2.キスや手繋ぎなどはしない

キスや手を繋ぐなどは絶対にしないてください。
少しくらい・1回くらいと思わないようにしましょう。

その1回が男女関係の第一歩にもなりかねません。
特に、既婚者男性が下心があれば、泥沼に陥ってしまう可能性もあるのです。

理性を保つためにも、お酒を飲むようであれば、飲み過ぎにはご注意ください。

3.体の関係を結ばない

「事故みたいなもの」などと表現することもあるようですが、体の関係は結ばないようにしましょう。

ずるずるとエッチだけの関係が続いてしまったり、一方のみが本気になってしまいトラブルに進展してしまうこともあります。
少しでも、この可能性が不安であれば、デートの誘いには乗らない方が賢明です。

スポンサーリンク

4.相手を「その気」にさせない

無意識で「その気」にさせてしまうこともあるかもしれません。
その無意識を意識するくらいの気持ちが大切です。

・露出過剰な服を着ない
・ボディータッチをしない
・甘えたような声や目線を送らない
など注意をしてください。
これはいずれも、男性の本能的な部分に呼び掛けてしまう可能性があります。
そして、男性心理を刺激し「もしかしたら男女関係になれるのでは」と思わせてしまうのです。

5.嫌なら断る勇気も必要

既婚者男性と同じプロジェクトチームだったり、上司だったり。
社会的な立場の問題で、断りにくいということもあるかもしれません。

しかし、嫌なら断ることも時として必要です。
2人きりであるということに抵抗感があれば「ほかの人も誘いましょう」「みんなで行きましょう」などを提案してみると良いでしょう。
角も立ちにくく、ナチュラルに断りやすくなります。

既婚者男性の本音を今すぐ知る方法とは?

恋愛 既婚者男性が、どんな気持ちで誘ってくるのか彼の本音が知りたいなら、電話占いヴェルニを利用するのも1つの方法です。

わたしは、好きな人の気持ちを占ってもらったのですが、彼の性格をズバリ言い当てられ、さらにたった3分で鑑定してもらえました。

初回の鑑定には、最大2500円の無料通話特典があるので、実質、無料で占ってもらえかなりスッキリしましたよ。

とはいえ、電話占いは怖いというイメージしかなかったので、あなたも「怖い」と感じているなら、是非、以下の記事もご覧になってみてください。

【当たらない口コミあり】ヴェルニは詐欺か徹底検証【後悔しない電話占い】

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです