あなたは、素敵な30代、40代独身男性を見て、
「あんなに素敵なのに、まだ結婚してないの?」
「イイ男に見えるけど、30代で結婚してない。問題があるのかな?」

などと疑問に思ったことはありませんか?
外見も良いし、性格も良い。さらに稼ぎもそこそこあるのに
一向に、結婚しない男性を見ると、不思議に思いますよね。
そこで、30代、40代の独身男性が、
結婚しない5つの本音をここでご紹介します。

ad by google

1.自由優先主義

外見も良く、お金もそこそこ持っている。
さらに自分の趣味をこよなく愛している男性に多いタイプです。
彼らは、趣味にお金を費やすことができます。
また、休みの日は、存分に自分の趣味に費やしてきた男性です。
彼らは、お金や休みの日を、自分の自由にしたいと思っています。
しかし、結婚するとなると、全て自分の自由にすることは不可能です。
そのため、自由優先主義の男性は、
「結婚して束縛されるくらいなら、1人で自由に生きたい」
というのが本音なのでしょう。

2.経済的な不安がある

最近では、女性が社会で働くのは当たり前の時代になってきました。
しかし、今でも、男性が女性を養うものという風潮が強いものです。
年収が高い男性であれば、経済的な不安はないかもしれません。
しかし、この不景気の中、
「経済的に十分余裕がある。」
という男性は、いったい何人いるのでしょうか?
実際は、自分1人が生活するのでいっぱい。
もしくは、自分が生活して、
趣味にお金を費やして終わりという男性がほとんどです。
そんな中、もし仮に女性が働く意思があったとしても、
いざ、子供ができるとなると、男性は一気に不安になります。
一時的には、自分だけが、稼がなければならない。
という経済的な不安が、先に来るのです。
彼らも、いつかは結婚したいと思っている男性も少なくありません。
しかし、自分の経済的な状況に不安があり、
自信が持てない。というのが結婚に踏み切れない本音でしょう。

3.お金は自分のために使いたい

30代 独身 男性
女性も男性も、結婚して自由になるお金がなくなるのは不安です。
特に、1のように趣味のある男性であれば、その思いは顕著です。
どんなに、男性の稼ぎが良くても、
世間一般では、「家計の財布は女性が握る」という風潮が強いものです。
実際に、結婚して、少ないお小遣いの中で、
自分の趣味や飲み会のやりくりをしている。
などと周りから聞いていると、男性はビビってしまいます。
お金は自分の自由に使いたいという気持ちが強い男性は、
結婚して、金銭面で束縛されることを恐れています。
そのため、なかなか結婚に踏み切れないタイプが多いのでしょう。
彼らは、
「結婚して使えるお金が減る位なら、1人で自由にお金を使いたい。」
というのが本音なのでしょう。

まとめ

30代、40代になっても結婚しない男性の場合、

1.自由優先主義
2.経済的な不安がある
3.お金は自分のために使いたい

これら3つのタイプが多いものです。
特に、独身期間が長ければ、長いほど、自由を楽しんできています。
その自由や、身軽さから卒業するのが怖いというのが男性の本音でしょう。
こういった男性とお付き合いしている場合、
「お前になら縛られてもいい」というような魅力的な女になる。
もしくは、結婚に対するメリットを、彼らに気付かせること。
そして、彼らの不安を軽減させてあげることが重要です。
そのためには、あなたがまず、
結婚のメリットとデメリットをよく把握しておくことが大切です。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです