遺産約4200万円を着服したとして、川窪仁帥 (かわくぼ じんすい)弁護士が逮捕されました。
今回は、川窪仁帥さんについて詳しく調べてみました。




概要

依頼人が受け取るはずの遺産約4200万円を着服したとして、大阪府警は30日、業務上横領の疑いで大阪弁護士会所属の弁護士川窪仁師容疑者(74)=兵庫県西宮市=を逮捕した。

 逮捕容疑は、2017年4月に大阪市の80代女性から死亡した夫の遺産相続に関する依頼を受け、遺産の分割調停成立後の18年6月、夫の銀行口座から女性が受け取るはずの相続金約4200万円を自身の銀行口座に振り込み、着服した疑い。
Yahoo)

川窪仁師弁護士の顔画像・経歴は?

川窪仁師弁護士の顔画像を検索してみましたが、川窪仁師弁護士の顔画像が掲載されたサイトなどは存在していません。

しかし、過去に川窪仁師弁護士は「業務停止3カ月」を2回受けたことがわかっています。

ここからは、川窪仁師弁護士の事務所や過去の業務停止詳細についてご紹介します。

川窪仁師弁護士の事務所とは?

川窪総合法律事務所を検索してみたところ、大阪市北区西天満4-10-5 H.C.S.西天満ビル301に事務所を構えているようです。

 

川窪仁師弁護士、過去に弁護士を業務停止3カ月

2010年に、川窪仁帥弁護士は、業務停止3カ月の懲戒処分を受けています。

当時、知人の消費者金融業者が03年以降、債務整理の依頼者に対し、着手金を貸し付ける行為を黙認したまま紹介を受けていたとのことです。

なお、2009年にも業務停止3カ月の懲戒処分を受けています。

処分の理由としては、以下のように記されています。

被懲戒者は拘留中の被疑者Aの依頼を受け2005年7月28日以降Aと多数回に渡り接見した、
被懲戒者は、遅くとも同年9月中旬以降Aの伝言が何らかの犯罪行為のもみ消し又は証拠隠滅の…
弁護士自治を考える会

なお、この時の事務所名は「春木・川窪法律事務所」となっています。


春木・川窪法律事務所
で働いており、川窪総合法律事務所を設立したのでしょうか。

どちらの弁護士事務所も登録番号「14130」ですので、恐らく同一人物で間違い無いかと思います。

世間の声

他に余罪がある可能性も?

過去に2度もを業務停止3カ月の処分を受けています。
恐らく、同じような余罪が他にもあるのでは無いでしょうか。

以前は、処分で済んだものの今回は逮捕という形になりました。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです