先日、狩野英孝さんとモデルの加藤紗里さん、そしてシンガーの川本真琴さんの三角関係が報じられました。
川本真琴さんといえば、20代後半以降の人で知らない人はいないというほど一斉を風靡したシンガーです。

アニメ版「るろうに剣心」の主題歌となった川本真琴さんの「1/2」は80万を超えるヒット曲となりました。

ad by google

加藤紗里とは、いったい何者なのか?

加藤紗里 過去

出典:01familia

狩野英孝さんの話題で一躍、名前を世間に知らしめた加藤紗里(かとう さり)さん。
彼女は広島県出身・1990年6月19日生まれの25歳のモデルです。

彼女が所属するモデル事務所はサロンモデル・ヘアメイクモデルをメインとする株式会社01familia
過去には、レースクイーンとして活躍していました。

また週刊文春によると、加藤紗里さんは、過去、六本木のキャバ嬢として働き「エリカ」という源氏名を使っていたといいます。
紗里沙里さんの元同僚は「束縛が激しく独占欲の強い子で、他の子のお客さんを取っては揉めていました。狙った客にストーカーまがいのことをしたこともある。」と語っています。

ただ、加藤さん自身は「キャバクラで働いたこともないです。」と否定しています。
(引用元:週刊文春Web

川本真琴さんの妹・姉の狩野英孝へのストーカー疑惑否定

同じく週刊文春では川本真琴さんの関係者および、妹さんにインタビューを行っています。
川本真琴さんの関係者によると、川本さんは、狩野さんに「女性シンガーの中で一番尊敬している。大好き」と言われたそうです。
当時、彼氏がいなかった川本さんは狩野さんと付き合うことに。

年末に、女性関係が発覚し、川本さんが狩野さんを問い詰めると「自分が本当に好きなのも、彼女も君だ」と言ったそうです。
そして今年に入って川本さんが、彼氏がいるってツイートしていいか聞くと、狩野さんは「いいよ。」と答えたとのこと。
(引用元:週刊文春Web

 

また、妹さんは

「当初、姉は狩野さんがどんな芸人かも知らなかったようです。魅力的な人だとは聞いていました。スポーツ紙の交際報道の後には、『こんなことになってごめんなさい』と謝罪の電話が来たそうです。と答えています。
また、「狩野さんのうそによって姉が世間に誤解されてしまっているように思います。これは名誉毀損ではないでしょうか」
と語っています。
(引用元:週刊文春Web

 

まとめ

もし、週刊文春の話が真実であれば、狩野英孝さんは、「その場しのぎ」で嘘をついているように思えてなりません。
ロンハーなどのバラエティの狩野さんのキャラから言うと、嘘をついてもおかしくないなぁと個人的には思います。

しかし、そんな嘘が、許されてしまうのが狩野さんの天然・愛されキャラなのでしょう。
今回の一件も、狩野さんにとっては「ネタ」としていじられれ、正直「おいしい」のかもしれません。

しかし、川本さんにしてみれば、狩野さんの被害者です。
真相はどうであれ、1度付き合った女性の好感度を下げてしまうのは1人の男性として、どうなんだろうかと考えてしまう一件でした。

関連記事▼
川本真琴、現在は初音ミクの結婚の作曲や神聖かまってちゃんボーカルにも


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです